MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
MEO対策は自分でできる?初心者でもわかりやすく、無料で店舗集客につなげるポイントを紹介!

「集客力を上げるために、MEO対策に自分で無料で挑戦したい」とお考えでも、なかなか行動できずにいる店舗経営者・店舗オーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか。

「何をすれば良いのかMEO対策の手順が分からない」
「なるべく時間と費用がかからずに集客効果を高くする方法はある?」

このような疑問をお持ちの店舗経営者・店舗オーナー様のために、この記事では初心者にも分かりやすくMEO対策の手順や上位表示を獲得するためのポイントを紹介します。

集客力を上げるためのMEO対策でやるべきことが分かる内容になっているので、対策を始める際の参考にしてください。

  • MEO対策ってなにをするかわからない人
  • MEO対策って自分でできるのか、どのぐらいの時間や知識がいるのかわからない人
【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説 【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説

この記事の目次

MEO対策とは

MEO対策とは

初めにMEO対策がどのようなものか、以下3つの項目に分けて簡単に説明します。

  • MEO対策のおさらい
  • SEO対策との違い
  • MEO対策は自分でも無料で始められる

順にみていきましょう。

MEO対策のおさらい

Map Engine Optimization(地図エンジン最適化)のイニシャルに省略されて名づけられた「MEO対策」は、地名を含めた検索での上位表示を目指す施策です。
スマートフォンの普及が進み、インターネットを閲覧する端末の約7割に使用されています。ユーザーは気になる店舗や、付近にあるお店をスマートフォンで気軽に検索できるようになりました。
このことから、クリニックや飲食店などの店舗を構えて行う事業で、来店を促進する施策にMEO対策が利用されています。

SEO対策との違い

地図エンジンの検索結果で上位を獲得するためのMEO対策のほか、検索エンジンで店舗ホームページの上位表示を獲得するためのSEO対策もあります。SEO対策とは、Search Engine Optimizationの頭文字を取った略称です。

MEO対策とSEO対策では、以下に挙げる5点が異なります。

  • 対策する対象
  • 対策方法
  • 難易度
  • 結果がすぐに出るかどうか
  • ランニングコスト

それぞれの項目がどのように違うのかは、MEO対策とSEO対策はどう違う?店舗経営者はどちらに力を入れるべきかを徹底解説!で詳しく解説しています。

MEO対策とSEO対策はどう違う?店舗経営者はどちらに力を入れるべきかを徹底解説!

MEO対策は自分でも無料で始められる

SEO対策で店舗ホームページの上位表示を獲得するためには専門知識が必要ですが、MEO対策は自分で無料で対策しても効果を得やすい施策になります。コストをかけずに店舗の集客や売上アップに取り組みたい場合は、MEO対策を店舗経営者・店舗オーナー様自身で始めるのがおすすめです。

次の項目では、店舗経営者・店舗オーナー様自身でもMEO対策できる理由を紹介します。

MEO対策が自分でもできる3つの理由

個人でもMEO対策を実施できると言われている理由をまとめました。

どのような理由が考えられるのか、順に説明します。

対策で必要なことが分かりやすい

初心者でも分かりやすく、必要な手順を順番に行っていくと店舗の集客や売上アップにつながりやすいのがMEO対策の特徴です。

一番初めにGoogleビジネスプロフィールを登録するときも、画面に従って必要事項を入力していくのみのため複雑な手順や作業がありません。お店を探しているユーザーが、どの単語の組み合わせで検索したら自店舗を検索結果に表示させたいかのキーワードを決めた上で、店舗情報を登録すれば完了です。

競合する相手が少ない

競合となる同業者が少ない点が、店舗経営者様・店舗オーナー様自身でMEO対策できる理由として挙げられます。

自店舗と同じ地域でまったく同じ業種の事業を展開している相手が、競合する店舗です。検索結果を比較した画像から分かるように「タイ料理 心斎橋」と「タイ料理 八尾」で検索した場合、地図で印が付く店舗の数が異なります。

競合する相手が少ない

これからタイ料理のお店を始めると仮定して、心斎橋に出店するとライバルが10店舗近くいますが、八尾では3店舗です。タイ料理に限定して考えると、八尾にあるお店のほうが競合は少ないと言えます。

さらに「うどん 心斎橋」と検索すると、20店舗近く地図に印が付くため、同じ心斎橋でもタイ料理のほうがライバルは少ないです。激戦区と呼ばれる地域ではライバルが多くなりますが、競合店舗が少ない地域のほうが圧倒的に多いため、検索結果で上位を獲得しやすいでしょう。

SEOよりも上位表示しやすい

SEO対策と比べて上位を獲得しやすい点が、店舗経営者・店舗オーナー様も自分でMEO対策できる理由です。3位までがSEO対策の上位に該当しますが、MEO対策においての上位店舗は10位までとみなされています。

同業種の店舗が近いエリアに10店舗もひしめき合っている地域の事例は多くないため、店舗経営者・店舗オーナー様独自のMEO対策でも結果に繋げやすいでしょう。

MEO対策が集客に有効な理由

売上や集客力を高めるための有効な施策としてMEO対策が挙げられる理由には、「来店の意思があるユーザーへの訴求」と「最新情報の表示」の2つが考えられます。

なぜそれぞれがMEO対策に有効なのか、具体的にみていきましょう。

来店の意思があるユーザーに訴求できる

地図エンジンでお店を調べるユーザーは、以下3つのシチュエーションで店舗を利用する意思があって検索するケースが多いです。

  • 現在地付近で、これから訪れる店舗を探している
  • 店舗がある地域への外出予定があって検索している
  • テレビやSNSなどほかの媒体で店舗を知って検索している

どこで何をしたいかがはっきりしているため、自店舗が上位表示されてユーザーの目に留まれば、店舗の詳細を確認したり、予約したりなど次の行動に繋がりやすくなります。
このように見込み客に直接店舗を訴求できるMEO対策は、集客力を上げるための施策として有効と言えます。

常に正確かつ最新な店舗情報を表示させられる

最新情報を表示しやすいのも、ユーザーへの来店促進にMEO対策が有効な理由です。

ビジネスとして店舗運営で利益をあげていくために、以下のようなことが発生することもあります。

  • 提供サービスやメニュー変更
  • 営業時間の変更
  • 臨時休業

廃止されたサービスやメニューを目当てに来店したユーザーをがっかりさせてしまいかねません。営業時間内だと思ったのに時間外だったり、不定休や臨時休業で営業していなかったりしても同じです。このようなユーザーがリピーターになる可能性が低いため、最新情報へのこまめなアップデートを心がけていれば、不満を持たれることなく再来店を促進できます。

次の項目では、MEO対策を進める実際の手順をステップに分けて紹介します。

自分でMEO対策を無料でする方法|初級編5ステップ

自分で無料でMEO対策する方法|初級編5ステップ

最初に初級編である5ステップのMEO対策から始めてみましょう。

以下では5つの方法を紹介します。

Googleビジネスプロフィールに登録

最初に「Googleビジネスプロフィール」に店舗情報を登録しましょう。

Googleビジネスプロフィールに登録すれば、特定のキーワードでお店を調べているユーザーに自店舗を訴求できるようになります。

手順としては画面に表示される項目を入力していくだけで、登録完了です。

登録方法の詳細は、Googleでビジネスプロフィールを登録するから確認できます。

オーナー確認

次に行うのは「オーナー確認」です。オーナー確認は、以下6つの中から利用しやすい方法を選択できます。

  • 電話
  • テキストメッセージ
  • メール
  • 録画
  • ライブビデオチャット
  • ハガキ

ほかのアカウントで情報編集できないようにするため、オーナー確認は必ず行いましょう。

手順はビジネスのオーナー確認で、詳しく説明されています。

MEO対策するキーワード選定

検索結果で上位を獲得したいMEO対策用のキーワードを選びましょう。

適切な対策キーワードを選定できないと、狙ったユーザーに店舗のアピールができなくなるため、集客や売上アップの施策として、とても重要な工程になります。

ここでは、競合が多くないキーワードを見つけるのがポイントです。例えば「梅田 カフェ」が対策キーワードの場合、競合店が多いため上位を獲得しにくくなります。これが「梅田 チーズケーキ」なら検索結果に表示される店舗が減って、上位を獲得しやすいでしょう。

店舗の詳細情報を登録

1つ前の手順で決めた対策キーワードでの上位表示を獲得するために、Googleビジネスプロフィールに設定されている全ての項目が埋まるように詳細情報を入力しましょう。店舗の基本情報のほかに、多くの入力項目があります。

  • 属性(店舗の事業内容)
  • カテゴリ(テラス席やWi-Fiの有無など店舗の特徴)
  • 提供するサービスやメニュー
  • サービスオプション(テイクアウトの可否や宅配サービスの有無など)
  • お店の紹介文

具体的に項目を埋めてユーザーに有益な情報を提示しているとGoogleに判断してもらえれば、上位を獲得できるでしょう。

こまめに更新して最新の情報を表示させる

表示しているGoogleビジネスプロフィールの情報が古く、営業時間や定休日が現状と違っていると、集客アップどころか来店数を減らす可能性があります。事前に検索エンジンで情報を調べてから店舗まで来たのに、営業時間が変更になっていたとなるとリピートの来店に繋がらず、ネガティブな口コミを投稿されかねません。

来店数を増やすためには、こまめな更新と正しい情報の表示がポイントです。

自分でMEO対策を無料でする方法|中級編4ステップ

初級編5ステップのMEO対策ができたら、中級編にも挑戦してみましょう。

以下では4つの方法を紹介します。

良い内容の口コミが集まるようにする

実際に来店したユーザーから投稿される口コミや付けられる評価は、重視するべき点です。

星の数で決まる点数や口コミ数も、評価対象としてGoogleがチェックしています。割引などの特典を付与して口コミ投稿を促進するのは違反ですので、軽くお願いする程度にとどめましょう。

投稿された口コミに返信する

定期的に口コミをチェックし、できる限り早めに返信しましょう。漏れなく口コミに返信していれば、検索結果で上位になりやすいです。

店舗にとって良くない内容のレビューがあっても、丁寧な返信を心がければ店舗のイメージダウンを防止できます。

自社サイトを進化させる

独自に運営している店舗のホームページがある場合は、こちらのSEO対策も強化が必要です。Googleビジネスプロフィールからのリンク先となるホームページが、Googleにどのように評価されているかもMEO対策の結果に繋がります。

店舗のホームページには、Googleビジネスプロフィールには載せきれない情報を盛り込み、ユーザーが知りたいことを漏れなく伝えられるようにしましょう。

SNSアカウントと連携させる

SNSアカウントをGoogleビジネスプロフィールと連携させるのも、MEO対策として有効です。

  • X(旧Twitter)
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok
  • Facebook
  • LinkedIn
  • Pinterest

対策キーワードで検索されるのを待っているだけでは、一部のユーザーにしか店舗情報を訴求できません。GoogleビジネスプロフィールとSNSアカウントを紐づければ、店舗情報を検索していないユーザーの目にもとまることになり、来店を促す対象を増やせるでしょう。

MEO対策を自分でする場合のメリット3選

代行業者に依頼せずに、自分でMEO対策を実施する際の主なメリットは、以下の3つです。

  • コストがかからない
  • MEO対策の知識やノウハウを蓄積できる
  • 店舗の最新情報を即座に反映できる

順にみていきましょう。

コストがかからない

費用が発生しない点(無料でできる点)が、自分でMEO対策するメリットです。厳密にはパソコンやスマートフォン、インターネットにコストがかかっていますが、店舗運営でこれらが用意されていないケースはほぼないでしょう。

少ない初期投資で集客力と売上を向上させたい場合は、MEO対策を自分で実施してみるのがおすすめです。

MEO対策の知識やノウハウを蓄積できる

自分でMEO対策に挑戦してみることで、どうすれば上位表示できるかを考えて試行錯誤するため必要な知識やノウハウをストックできます。事業が大きくなって2店舗目以降を出店する際、ノウハウがあるので集客には困らないでしょう。

MEO対策を自分で進めるメリットは、一度習得した知識やノウハウを店舗の集客に活かし続けられることです。

店舗の最新情報を即座に反映できる

新しい情報をすぐにGoogleビジネスプロフィールに反映できれば、MEO対策としても有効です。

代行業者に依頼している場合でも、速やかに情報更新をしてもらえますが、直接登録しない分タイムラグが発生するでしょう。営業時間や臨時休業などの情報を即座に更新できるのは、自社対応のメリットになります。

MEO対策を自分でする場合のデメリット2選

代行業者にMEO対策を依頼せず自分で実施するときのデメリットは、以下の2つです。

  • 時間と手間がかかる
  • 検索順位が下がった場合の対策に悩む可能性がある

順にみていきましょう。

時間と手間がかかる

定期的な口コミのチェックと返信、タイムリーな情報更新や店舗情報の発信など、MEO対策で集客力や売上を高めるためには時間も手間もかかります。

忙しい中で店舗運営とMEO対策をマルチタスクで同時進行していくと、店舗オーナー様への負担が大きい状況が続きかねません。無理なく運営していけるように、MEO対策の代行を請け負っている業者に依頼する選択肢も検討しましょう。

検索順位が下がった場合の対策に悩む可能性がある

Googleによるサイト評価の基準は定期的にアップデートされます。この基準が変わると、急に店舗の表示順位が下がりかねません。

基準変更後すぐは情報が少なく、対策方法が全く分からずに順位が低いままとなる可能性もあります。MEO対策に詳しい専門業者なら、Googleから公表される情報やライバルの分析などを行って自分で対策するよりも早く解決できるでしょう。

どのような対策が必要なのか悩む場合は、MEO対策代行業者への相談が解決への近道と言えます。

自分でMEO対策するときに意識したい7つのポイント

自分でMEO対策するときに意識したい7つのポイント

MEO対策の際に意識すると、上位表示を狙いやすくなるポイントを7つ紹介します。

どのようなことがMEO対策として有効なのか、1つ1つ見ていきましょう。

正確な店舗の情報を載せる

間違いがない店舗情報をGoogleビジネスプロフィールに掲載するのは、MEO対策として必須です。掲載している情報と実際に来店したときに相違があると、リピートされなかったり低い評価の口コミの原因になったりします。

営業時間や住所の建物名、料金など正しい内容になっているか、念入りに確認しましょう。

店舗情報が常に最新になるようにする

MEO対策の効果を高めるためには、最新の情報がGoogleビジネスプロフィールに表示されるよう定期的な更新が必要です。

更新しない期間が長いと、古い情報を掲載しているとGoogleに誤解されて順位が下がる可能性があります。適度な情報更新を継続できれば、MEO対策で上位を狙えるでしょう。

画像や動画を掲載する

提供中のサービスやメニュー、コンセプトなどの説明のほか、MEO対策では画像や動画の掲載も必要です。

画像があると「お店に行けばこんなサービスが受けられる」と想像できて、店舗への問い合わせや予約、実際の訪問に誘導できます。美容サロンなら施術スペースやメイクルーム、飲食店なら料理やドリンクなどのほか店内の雰囲気が分かる画像があるとMEO対策に有利です。

NAP情報を統一させる

GoogleビジネスプロフィールとリンクしているSNSやサイトは、NAP情報が全て一致するようにしましょう。
NAP情報は、以下3つの単語の頭文字を取っています。

Name店名
Address所在地
Phone電話番号

この3つの表記を、関連する全てのサイトで揃えていないと、Googleに違う店舗と認識されて表示順位が下がる可能性があります。

次に挙げる点に注意して、NAP情報が一致していない場合は情報を更新すると良いでしょう。

  • 文字が全角か半角で統一されているか
  • 住所の番地が同じ表記になっているか
  • 建物名が一致しているか
  • 電話番号のハイフン有無が統一されているか

Googleのガイドラインを守る

MEO対策する中で、Googleビジネスプロフィールのオーナーが守るべきガイドラインが定められています。

このガイドラインへの違反があるとGoogleにみなされると、最悪の場合アカウントが削除される懸念があります。Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドラインに詳細が掲載されていますので、しっかり内容を把握してMEO対策を行うようにしましょう。

対策キーワードを分析する

キーワードの分析は、MEO対策で成果を出すために欠かせない作業です。競合店が対策しているキーワードや検索数が多く需要がある単語の組み合わせを参考にしながら、自店舗が上位を狙えるキーワードを見つける必要があります。

キーワードの分析方法が分からない、あまり時間が取れないといった場合は、代行業者に相談するのもおすすめです。

どうしてもMEO対策の結果が出ないときは業者に依頼する

情報更新や口コミ管理と返信など、MEO対策で結果を出すためにあらゆる対応をしても、なかなか順位が上がらないケースもあります。そうなった場合に集客向上を諦めるのではなく、MEO対策の効果が得られるよう代行業者を利用するのもポイントの1つです。

次の項目では、MEO対策に代行業者を利用する場合にどのようなメリットがあるか紹介します。

MEO対策を業者に依頼するメリット

代行業者を利用してMEO対策する場合のメリットは「負担が減る」と「最短で上位表示できる」の2つです。

これらがなぜメリットと言えるのか、それぞれ見ていきましょう。

負担が減る

対策内容が明確で挑戦しやすいためMEO対策を自分でするケースもありますが、上位に入るためには日々時間と工数を費やす必要があります。

売上を上げるために集客は重要ですが、MEO対策に時間を取られて店舗運営がおろそかになってしまうと、せっかく来店してくれたユーザーの満足度を下げることになりかねません。

代行業者にMEO対策を依頼すれば、集客改善と店舗運営を無理なく同時進行できる点がメリットです。

最短で上位表示できる

対策を始めたからといって、すぐに自店舗が検索の上位に表示されるわけではありません。成果がでなくても地道に対策を継続する必要があります。

自分でMEO対策するよりも短期間での結果を求める店舗オーナー様には、代行業者の利用で得られるメリットが大きいでしょう。

MEO対策を業者に依頼するデメリット

業者へのMEO対策の依頼には、デメリットも存在します。

どのようなことがデメリットになるか、詳しく見ていきましょう。

コストがかかる

費用をかけずに集客や売上を改善できる点がMEO対策の魅力ですが、業者に依頼する場合はコストが発生します。ですがかかった費用よりもプラスになった売上のほうが大きければ、損失にはなりません。

月額数千円程度で依頼できる業者もあるため、希望に合った料金設定やサービスを提供している業者を見つけられれば、コスト面でのデメリットを少なくできるでしょう。

最新情報がすぐに反映されない可能性がある

最新情報への更新がMEO対策で結果を出すためのポイントの1つです。

業者に情報更新の代行も依頼する場合、担当者不在や休業日の兼ね合いで即日の更新が難しい可能性があります。

突発で臨時休業する場合を除いて、変更が必要な情報は事前に分かっているはずです。時間に余裕を持って業者に対応を依頼しておけば、常時正しい情報が表示されている状態にできるでしょう。

まとめ:MEO対策は自分で無料でもできる!コストをかけない方法で集客してみよう

この記事では、MEO対策を自分で無料で行う方法について解説しました。最後に初級編と中級編の手順を、おさらいします。

  • Googleビジネスプロフィールに登録
  • オーナー確認
  • MEO対策するキーワード選定
  • 店舗の詳細情報登録
  • こまめに更新して最新の情報を表示させる
  • 良い内容の口コミが集まるようにする
  • 投稿された口コミに返信する
  • 自社サイトを進化させる
  • SNSアカウントと連携させる

MEO対策は自分でも無料でできる、集客数を向上させるための施策です。来店数を増やして店舗の売上を上げたいとお悩みの店舗経営者様・店舗オーナー様は、本記事を参考にMEO対策を自分で始められてみてはいかがでしょうか。