MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
MEO対策のアルゴリズムを解説!表示順位を上げるための12個の具体的なやり方も紹介

スマートフォンの普及に伴い、現在地付近のお店を探す人が増えています。Googleマップでの上位表示が集客に直結するため、MEO対策が重要視されています。MEO対策のアルゴリズムについて詳しく知りたい方や、具体的な対策方法を探している方も多いでしょう。

この記事では、MEO対策におけるアルゴリズムの役割と、上位表示を目指すためのポイントを解説します。MEO対策のアルゴリズムを理解し、具体的な対策を講じたい方は、参考にしてください。

  • MEO対策の上位表示のアルゴリズムを知りたい人
  • MEO対策のアルゴリズムを知って、具体的に何をすれば良いか知りたい人

この記事の目次

MEO対策のアルゴリズムとは表示順位が決まる仕組み

アルゴリズムという言葉は、答えが決まっている計算問題の解答を導く手順を指します。MEO対策のアルゴリズムとは、Googleマップ上での表示順位を決める基準です。
以下ではアルゴリズムが重要な理由やSEO対策との違いなど、MEO対策とアルゴリズムの基本事項を説明します。

アルゴリズムを理解する重要性

Googleマップでどのようにしてお店が上位に表示されるのか、その決定方法を知らなければ、MEO対策を効果的に行うことはできません。手当たり次第に対策を施してもお客様の増加が見込めず、ただ疲れるだけです。しかし、アルゴリズムを把握し重要なポイントをおさえて取り組むことで、成果が得やすくなります。集客を効率的に向上させるためには、MEO対策におけるアルゴリズムの理解が不可欠です。

SEO対策とMEO対策でのアルゴリズムの違い

Google検索の上位表示を目指すことは、MEO対策とSEO対策で共通しています。しかし、それぞれのアプローチは異なります。MEO対策では、Googleビジネスプロフィールの情報充実やユーザーからの評価が重要です。一方で、SEO対策は自社サイトがユーザーの求める情報を提供しているかどうかがポイントです。このように評価基準が異なるため、MEO対策とSEO対策ではそれぞれ異なる戦略が必要となります。

実店舗の集客でMEO対策が重要な理由

店舗の集客を高めるために、MEO対策を重視すべき理由は2点あります。

  • スマートフォンを使って近くの店を探す人が増えている
  • Googleマップの情報が最初に現れる

「今すぐに」訪れたいお店を探しているお客様に対して、上位表示できているお店は直接的なアピールが可能になります。MEO対策を強化することで、より多くのお客様を店舗に呼び込めるようになるでしょう。

MEO対策のアルゴリズムにおいて表示順位が決まる3つの要素

全てのユーザーに公平な検索結果を表示させるため、MEO対策におけるアルゴリズムの詳細は公表されていません。しかし、重視しているポイントをGoogleが公開しています。以下では、Googleが公表している上位表示の要素を3つ紹介します。

検索されるキーワードとの関連

検索ボックスに入力される言葉とMEO対策のキーワードが関連しているかどうかは、検索結果の上位表示に影響を与える重要な要素です。入力すると、梅田周辺の中華料理店が検索結果に出てくるようになっています。よく検索されるキーワードを見極め、それらをGoogleビジネスプロフィールに適切に取り入れることが大切です。

検索地点から実店舗までの距離

お客様が店舗のどれくらい近くにいるかも、検索結果に影響する要因の1つです。地名を指定せずにGoogleで検索する際、近くの店舗が優先的にリストアップされるようになっています。お客様の現在地はGPSで測定しているため、これを使って検索結果での上位表示を操作することはできません。店舗側で行える対策は、Googleビジネスプロフィールに適切な住所情報を入力することだけです。

実店舗の知名度とWeb上の情報

実店舗の人気とオンラインでの話題性の両面が、ローカル検索の表示順位を決めるポイントです。Googleでは知名度の高さを「視認性」と表現しています。店舗がどれだけ検索されているか、ほかのサイトに取り上げられているかが、視認性を判断する基準です。

さらに、以下の2点もローカル検索の順位にかかわる要素となります。

  • 各媒体で口コミと良い評価を得ているか
  • 自社サイトの検索順位

ローカル検索で上位に位置するためには、多くの良い口コミを集めることに加えて、自社サイトを強化するためのSEO対策も欠かせません。

Googleが公表している以外の上位表示を狙うポイント

Googleが公表している以外の上位表示を狙うポイント

ローカル検索の表示順位を決める要素をGoogleは3つ挙げていますが、ほかに2つの事項も関連しているのではないかと言われています。以下では、MEO対策で順位を上げるポイントと言われている2つの事項を紹介します。

ユーザーからのアクション数

Googleマップを利用した後、どの程度問い合わせや来店に結びついているかという反応の割合も、MEO対策で評価される指標です。具体的には、以下の行動を指します。

  • Googleマップから店舗に電話
  • GoogleマップでWeb予約
  • 店舗までの経路検索
  • リンク先のWebサイトに遷移

ユーザーが店舗に興味を持って次の行動をおこしているかも、検索順位に影響していると考えられます。

登録情報がこまめに更新されているか

情報を定期的に更新することは、検索結果の順位を決定する上で重要視されている要素です。Googleビジネスプロフィールのヘルプ内でも、情報を最新の状態に保つよう推奨されています。Googleは登録情報が最新か否かチェックした上で、順位を決めていると考えられます。このため、ローカル検索で上位に表示されるためには、情報をこまめにアップデートすることが不可欠です。

Googleのアルゴリズムは定期的にアップデートされる

Googleが提供する検索サービスの質を高める目的で、アルゴリズムは定期的に改良されています。これらの大規模な改良が施される際には、検索結果の順位にも顕著な変動が生じかねません。

MEO対策を進める中でGoogleによるアルゴリズムの更新が実施された場合、その変更内容を正確に把握し、迅速かつ柔軟な対応が求められます。Googleはアップデートの詳細を公開しているため、常に最新情報をチェックすることが、検索結果の順位を維持する上で大切です。

アルゴリズムをベースにした12個の具体的なMEO対策のやり方

Googleマップの表示順位が決まる仕組みを基にしたMEO対策は、12個あります。以下ではアルゴリズムをベースにした、具体的なMEO対策の方法を紹介します。

変化するアルゴリズムの最新情報を常に対策に取り入れる

Googleではアルゴリズムを定期的に改良しており、その都度、検索順位が上下します。このため、常に店舗を上位表示させ続けるためには、最新のアルゴリズムに適応した対策が必要不可欠です。
アルゴリズムが更新されると、昨日まで効果があったMEO対策が今日は意味がないといったケースもあるため、最新のアルゴリズムに即した対策を実施することが重要です。

Googleビジネスプロフィールの項目を全て埋める

Googleマップでお店を検索した際に、店舗の詳細情報がきちんと提供されていることは大切です。詳しい店舗の情報と店内の雰囲気をイメージしやすい画像が掲載されていれば、お客様に良い印象を与えられます。
検索の時点でGoogleビジネスプロフィールに良い印象を持ってもらえると、来店に直結しやすくなります。このため、Googleビジネスプロフィールの項目を確実に埋めることは、重要なポイントと言えるでしょう。

MEO対策で登録する情報に検索キーワードを盛り込む

お客様が検索しそうなキーワードを、Googleビジネスプロフィールの説明文やサービス内容に含めましょう。Googleのアルゴリズムでは店舗のビジネスとキーワードの関連性が重視されているため、適切な言葉を選ぶことで上位表示の可能性が高まります。
適切なキーワードを取り込めていると、ターゲットとなるユーザーに対して店舗の露出が増えて集客数を向上できるでしょう。

古い情報を掲載したままにしない

常に最新の店舗情報がGoogleマップに掲載されているように保つことも、MEO対策で上位表示を狙う上での必須事項です。営業時間や提供メニュー・サービスなど情報が古くなっていると、Googleマップ経由で来店するお客様からの信頼を損なう可能性があります。
表示順位を決めるGoogleのアルゴリズムでは、店舗情報の更新頻度も考慮されているため、いつも情報を最新にしておくことが大切です。

店舗の情報を発信する

お客様がお店を利用したいと思わせるような魅力的な情報を、投稿機能を利用してお知らせするのも集客に効果的です。投稿機能を活用した店舗情報の具体的な発信例は、以下のとおりです。

  • 期間限定メニュー・サービスの開始
  • 人気商品の再入荷
  • キャンペーンやイベント

こうした情報を上手く発信することでお店を探しているお客様の興味を引ければ、店舗に足を運んでもらうきっかけになります。

口コミが集まるようにする

店舗のMEO対策において、実際に店舗を利用したお客様からの好意的な口コミを増やすことはとても重要です。これらの口コミは検索結果に表示されるため、ほかのお客様が実際に来店するかどうかに大きく影響します。顧客満足度が高いサービスの提供が大前提ですが、さらに口コミを書いてもらうための積極的な働きかけも、来客数を増やすためには欠かせません。

口コミを確認して返信する

口コミが寄せられたら内容をしっかり確認し、適切に返信するのもMEO対策では重要な事項の1つです。来店や口コミ投稿への感謝の気持ちを表すなど、ユーザーに返信する際は丁寧な対応が求められます。
批判的な内容の口コミに対しても返信を避けず、そのフィードバックをサービスの改善に活かすよう努めましょう。このように口コミを適切に扱うことで顧客の満足度を高め、結果としてより多くのお客様の来店が見込めます。

Googleマップと自社サイトを紐づける

運営している自社サイトがある場合、Googleマップとの連携は必須です。Googleマップと自社サイトに相互リンクを設置することで、ユーザーは両方をストレスなく行き来できます。さらに、Googleマップと自社サイトを紐づけることでサイトの信頼度が向上し、検索結果での上位表示が見込めるようになるでしょう。

NAP情報の表記を揃える

自社サイトやSNS、Googleビジネスプロフィールで、店の名前、住所、電話番号の表記を一致させて掲載することも重要です。特にカタカナや英数字が半角と全角、大文字と小文字でずれている場合、別のビジネスとみなされて検索結果における評価が低下する可能性があります。
反対にNAP情報の表記をきちんと揃えることで信頼度が向上し、MEO対策の効果が期待できると言えます。

自社サイトのSEO対策を強化する

SEO対策を実施して自社サイトをGoogle検索で上位表示できれば、Web上でのお店の視認性を高くできます。Googleマップの表示順位に影響を与える要素の中で、お店の知名度をはかる視認性が重視されています。
視認性を上げてGoogleマップで上位表示を目指すためには、自社サイトのSEO対策強化が欠かせません。MEO対策とSEO対策を同時に進めることにより、検索結果全体での上位表示が期待できるでしょう。

SNSや他サイトからのサイテーションを集める

店舗に関するサイテーションを集めることも、MEO対策で結果を得るためには重要です。SNSや他のサイトによるサービスへの言及をサイテーションと言い、これを集められればWeb上での評価が高まります。
テキストでの言及が特に重視されるため、SNSを活用してお客様からのコメントやシェアを促すことで、より多くのサイテーションを集められるでしょう。

MEO対策のツールを導入する

MEO対策をスムーズに進めるためには、専門ツールを活用した口コミの管理や投稿内容の分析が効果的です。Googleビジネスプロフィールの運用を助けるツールを導入すれば、時間と工数を節約しつつ効果が高いMEO対策が可能になります。
ツールによっては、AIが自動でMEO対策のアドバイスをしてくれることもあります。上手くツールを活用することで、少ないリソースでも効果が高いMEO対策を実施できるでしょう。

実店舗の集客でMEO対策を実施する5つのメリット

実店舗の集客でMEO対策を実施する5つのメリット

実店舗を持つビジネスの集客施策としてMEO対策に取り組む主なメリットは、5つあります。以下ではどのようなことがMEO対策に取り組む利点なのか、説明します。

検索結果がユーザーの視界に入りやすい

Googleでお店を検索する際、最初に目に入るのはGoogleマップの情報です。このため、MEO対策で上位を取れていればお客様に対する店舗の露出が増えます。上位に表示されると、Googleビジネスプロフィールがより閲覧されやすくなり、結果として店舗への来客数の増加が期待できます。ユーザーの注意を引いて集客数を向上させるためには、MEO対策の取り組みが欠かせません。

来店の意思があるユーザーに訴求できる

利用する店舗を探すという目的が明確なユーザーに効果的にアプローチできる点が、実店舗の集客施策としてMEO対策に取り組むメリットです。GPSで測定したユーザーの現在地に近い店舗が、Googleマップでは上位表示されます。
このため「今すぐに利用したい」店舗を探しているユーザーに対し、自店への来店を促進できます。目的が明確なユーザーに直接アプローチできて、来店につながりやすいのがMEO対策の特徴です。

口コミや評価で店舗の信頼性が高まる

商品の購入や店舗の選定において、ユーザーは口コミや評価を重視する傾向があります。このためGoogleマップで良い評価の口コミを集めている店舗は、ユーザーからの信頼を得やすく集客に有利です。
実際に利用したユーザーの声は「自分も同じ体験ができるだろう」と想像しやすく、来店の意思決定に大きく影響します。Googleマップの口コミを上手く活用して店舗の信頼性を高め、来店促進できる点がMEO対策に取り組むメリットです。

SEO対策と比較すると競合店舗が少ない

自店舗と同じエリアにある他店が対象になるため、SEO対策に比べてライバルが少なく競争率が低い点がMEO対策のメリットです。限られた店舗との競争になるので、上位表示を狙いやすい傾向があります。このため、アルゴリズムの仕組みを理解して適切に対策すれば、少ないリソースでも効率的に上位表示が狙えます。

自分で対策できるため支出が少ない

やるべきことが決まっているMEO対策は専門知識を必要とする部分が少なく、自分で対策すればコストがほぼ発生しません。一方でSEO対策は専門知識がなければ上位表示の実現が難しく、業者に依頼すると月間で10〜50万円の費用が発生します。
口コミの管理やこまめな情報発信などリソースをさかなければ上位表示が難しい部分もありますが、支出を抑えながら集客改善できるのがMEO対策のメリットです。

MEO対策に取り組むデメリット3選

実店舗の集客改善に効果があるMEO対策ですが、取り組む中でデメリットとなる部分もあります。以下では、MEO対策におけるデメリットを3つ、紹介します。

口コミを管理しないと逆効果の可能性がある

ユーザーが店舗での体験に不満を持った場合、印象の悪い口コミが投稿されることもあります。ネガティブな口コミをそのままにしておくと、ほかのユーザーからの信頼度が下がり集客数が減少しかねません。問題点を指摘されている口コミこそ迅速・丁寧に返信し、改善に取り組むことが重要です。批判的な声が上がったとしても、適切に口コミを管理していれば来店者数の減少を最小限に抑えられます。

無店舗型のビジネスでは効果が得られない

実際の店舗を構えるビジネスでは、MEO対策することで集客数の向上が見込めます。しかし、オンラインショップのような実店舗を持たないビジネスモデルには、MEO対策による集客は向いていません。店舗を持たないビジネスでの集客においては、ほかのマーケティング戦略を検討する必要があります。

対策に即効性がない

MEO対策を実施してからGoogleマップで上位表示されるまで、少なくとも1〜3ヶ月かかります。結果が出るまでに短くても4ヶ月、長いと1年かかるケースがあるSEO対策と比べると、MEO対策は短い期間で上位表示を狙えます。今日MEO対策したからといって、来週には来店数が増えるわけではありません。効果に即効性はないため、MEO対策には中長期的な視点での取り組みが求められます。

MEO対策4つの注意点

MEO対策4つの注意点

店舗の信頼度低下やガイドライン違反とならないよう、MEO対策において注意するべき事項が4つあります。以下では、どのような点に注意しながらMEO対策に取り組む必要があるか説明します。

対価を払って口コミを集める行為は違反になる

口コミが重視されるMEO対策ですが、ユーザーによる自発的なものではなく金銭の支払いや商品の供によって収集する行為は違反です。報酬を受け取って書かれた口コミは、店舗を利用していない人物が入力する可能性もあり、事実と異なる情報になりかねません。
このような口コミを参考にして来店したユーザーが違和感を覚えると、店舗の信頼を損なって集客数を減少させる原因になるため、違反行為をしないのが賢明です。

不自然にキーワードを入れ込まない

自店舗の検索順位を上げるためには、選んだキーワードを自然な形でGoogleビジネスプロフィールにちりばめましょう。過剰にキーワードを入れ込もうとすると、文章が不自然になる恐れがあるので注意が必要です。対策するキーワードを4〜6個に絞り、店舗の魅力がユーザーに伝わるような説明文に仕上げられれば、検索結果の上位に表示されやすくなります。

ガイドライン違反になるコンテンツを掲載しない

Googleビジネスプロフィールに載せる情報には、ガイドラインで禁止事項が定められています。個人を特定できる情報や嘘の情報のほか、犯罪を助長するようなものやヘイトスピーチなどが掲載を禁止されています。ルール違反を避けるためにも、禁止および制限されているコンテンツをよく確認した上でMEO対策を進めていくことが大切です。

オーナー確認していないと間違った情報を投稿される可能性がある

オーナーとしてGoogleビジネスプロフィールを作成していなくても、お店がGoogleマップに自動的に登録されるケースがあります。オーナー確認していないと店舗情報を第三者に書き換えられるリスクがあり、誤った情報がGoogleマップに掲載されかねません。
正しい情報の掲載がMEO対策では重要なため、オーナー確認して情報が書き換えられないように対策しましょう。

MEO対策のアルゴリズムに詳しい代行業者の利用もおすすめ

アルゴリズムを理解して1つ1つ丁寧に対策すれば、自分で実施するMEO対策でも集客改善できます。しかし、最新情報への更新や定期的な発信、口コミ対応など、成果を得るには時間とリソースが必要です。

複数の実店舗を経営しているオーナー様など、全ての店舗でMEO対策に力を入れる場合、時間が足りずほかの業務に影響が出かねません。経営に集中したいオーナー様は、MEO対策代行業者を利用して時間を節約しながら集客改善するのがおすすめです。

まとめ|MEO対策のアルゴリズムを理解すれば上位表示を狙いやすい

Googleマップの検索結果でどの店舗が上位に表示されるかは、Googleが定めたアルゴリズムに従って決まります。このためMEO対策を実施するときは、アルゴリズムを知った上で具体的な対策をとれば上位表示を狙いやすくなります。

Googleが店舗の表示順位を決める過程で重視するポイントは、以下の3つです。

  • 検索されるキーワードとの関連
  • 検索地点から実店舗までの距離
  • 実店舗の知名度とWeb上の情報

これら以外にも最新情報への更新頻度や、Googleビジネスプロフィール閲覧後にユーザーがアクションをとる割合も順位に影響します。実店舗への集客改善にMEO対策は有効な施策ですが、成果を出すために時間と工数をかける必要があります。

店舗の運営と集客改善の両方に注力したいとお悩みの経営者様は、MEO対策代行業者の利用を検討されてみてはいかがでしょうか。