MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説

MEO対策とは、地図検索で店舗情報の検索順位を上げるための施策です。しかし「MEO対策の重要性がわからない」や「具体的に何をすべきなのだろう」と困っている方も多いでしょう。

この記事ではMEO対策の概要やメリット・デメリット、費用まで徹底的に解説します。店舗集客の方法から始め方、上位表示させるやり方、優良なMEO対策業者の見分け方もご紹介するので、店舗集客を検討している方はぜひご覧ください。

  • MEO対策って何かわからず、MEOについて知りたい人
  • MEO対策を始めたいけど、やり方がわからない人
  • MEO対策についてもっと理解を深めたい人

この記事の目次

MEO対策とは?

MEO対策とは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略で、Googleマップなどの地図検索で店舗の情報を上位に表示させるための施策のこと。地図アプリ上で検索順位がアップすると、店舗の認知度が向上して来店につながる訴求ができます。

日本国内では「MEO」という呼び方が定着している一方で、海外では「ローカルSEO」とも呼ばれることも多いです。両者の意味合いはほとんど同じですが、MEOは地図検索の最適化に特化した施策全般、ローカルSEOは地域にフォーカスしたSEO対策といった意味合いが強いです

MEO ローカルSEO
地図検索の最適化に特化した施策全般 地域に特化したSEO対策

それでは、ローカルSEOと関連して「SEO対策」についても見ていきましょう。

MEO対策とSEO対策の違い

SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称で、Googleなどの検索エンジンでWebサイトの上位表示をねらう施策を指します

MEO SEO
地図検索で上位表示させる施策 検索エンジンで上位表示させる施策

どちらも集客数アップや認知度の向上を、最終的な目標としている点では共通していますが、達成するための手段が異なります。簡単にまとめると、MEO対策は地図検索での上位表示を、SEO対策は検索エンジンでの上位表示を目指しているのです

MEO対策の重要性

MEO対策の重要性

MEO対策によって地図アプリで上位表示されることは、顧客の来店に大きな影響を与えます。Googleは「店舗検索の際に44%の方がGoogleマップを利用している」という調査結果を報告しています。加えて「Googleマップで訪問先を調べた41%の方が検索後24時間以内に店舗訪問している」とのデータも発表されました。

少し前までは「食べログ」や「ぐるなび」といったグルメサイトを活用した飲食店探しが主流でしたが、近年ではGoogleマップで飲食店を検索する方が増えています

MEO対策のメリット

MEO対策のメリットは、主に5つあります。

  • 店舗の認知度がアップする
  • 集客率が向上する
  • 網羅的な情報を提供できる
  • SEO対策よりも競合が少ない
  • 商圏内の検索ユーザーにのみ表示される

以下で詳しく見ていきましょう。

店舗の認知度がアップする

MEO対策を進めると店舗の情報がユーザーの目に止まりやすくなり、店舗の認知度アップが見込めます

MEO対策では「Googleビジネスプロフィール」に店舗情報を登録し、ビジネスにまつわる情報を発信します。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供している無料の店舗情報管理サービスです。登録することで、Google検索やGoogleマップ検索の結果に表示される店舗情報を管理できます。

つまり、Googleビジネスプロフィールに登録された情報は、Googleマップとマップ以外のGoogle検索の両方で公開されるのです。

集客率が向上する

集客率が向上する点が、MEO対策のメリットのひとつ。地図検索の画面には、利用者からの口コミ投稿・レビューが表示されます。まだ店舗を利用したことがない見込み客にとって、実際にサービスを利用した方の意見は貴重な情報です。

店舗の位置や商品の写真をもとに、以下の3店舗が利用候補として挙がった場合で考えてみましょう。

  • A店……口コミ数:5件、レビュー評価:星4.0
  • B店……口コミ数:100件、レビュー評価:星2.0
  • C店……口コミ数:100件、レビュー評価:星4.0

どの店舗を利用するか迷った際、ほとんどの方は口コミ数が多くレビューが高い店舗を選ぶはず。上記のケースでは「C店」が選ばれる確率が高いです。

網羅的な情報を提供できる

お客さまが来店する際には、正式名称や住所、電話番号だけでなく写真・動画も必要

なぜなら、お客さまが来店する際には、以下のような疑問・不安を抱えているからです。

  • 正式名称や住所は?
  • 電話番号は?
  • 予約は可能か
  • 店舗の雰囲気はよいか
  • 清潔感があるか
  • どのようなサービスを提供しているのか
  • サービスを受けた方は満足しているのか

Googleビジネスプロフィールを充実させると、見込み客が抱えている疑問や不安を解消できます。住所や電話番号といった基本情報はもちろん、写真や動画などを掲載することもポイントです。

SEO対策よりも競合が少ない

SEO対策とメリットを比較して、SEO対策・MEO対策どちらの対応を進めるか迷っている方にアピールする。

数多くの大手企業がSEO対策に取り組んでいる現状において、SEOの分野で結果を出すには時間とコストがかかってしまいます。SEO対策と比較して、MEO対策の知名度はあまり高くありません。MEO対策はSEO対策よりも競合が少ないため、コストを抑えながらも高い効果が期待できます

委託を依頼する業者によって異なりますが、参考としてSEO対策とMEO対策の外注化費用の目安を表にまとめました。

SEO対策(固定報酬型の場合) MEO対策(固定報酬型の場合)
初期費用 約5~20万円 約3~5万円
月額費用 約20~40万円 約3~8万円

さらに、地図アプリで上位表示された場合、SEOの検索結果よりも上の位置に情報が表示されます(参考画像1)。

SEOの検索結果よりも上の位置に情報が表示
参考画像1

商圏内の検索ユーザーにのみ表示される

MEO対策を行うと「地域名+〇〇(サービス・業種)」で検索した際に上位表示されやすいです。ユーザーが検索した商圏内の店舗のみ表示されるため、ライバルの数が絞られます

地域を限定して検索しているユーザーは「今まさにサービスを必要としている」状態であり、来店確率が高いです。来客見込みの高いユーザーにアピールできれば、効率的に集客力を向上させられるでしょう

MEO対策のデメリット

MEO対策のデメリットは、以下の通りです。

  • 実店舗を持たないビジネスは効果を得にくい
  • 批判的な口コミが投稿される可能性がある

メリットに加えてデメリットも理解した上で、取り組むかを検討してみてください。

実店舗を持たないビジネスは効果を得にくい

MEO対策は、特定地域の利用者にサービスをアピールするための施策です。そのため、ネットショップのみでビジネスを行っているような、実店舗を持たない場合は効果を得にくい面があります

非店舗型のビジネスでも、Googleビジネスプロフィールに登録できます。住所をGoogleビジネスプロフィールに登録しない場合、マップ上に位置を示すピンは表示されません。ただし、店舗名称や電話番号、口コミ評価といった基本情報は表示されます。

実店舗を持つビジネスよりも検索順位は下がる傾向にありますが、情報発信していないビジネスと比較して、ユーザーにアピールできる機会は増えます

批判的な口コミが投稿される可能性がある

Googleビジネスプロフィールは、誰でも自由に口コミを投稿できる点が特徴です。ポジティブな内容だけでなく、批判的な口コミが投稿される可能性もあります

ただし、低評価にも真摯に対応すれば「利用者の意見を素直に受け止める誠実なお店」としてポジティブな印象を与えられるでしょう。また、明らかに悪意のある批判的な口コミ・規約違反は、Googleに削除を依頼可能です。

以下のようなコンテンツは、Googleの規約違反となります。

  • なりすまし
  • 誤った情報
  • ハラスメント
  • ヘイトスピーチ
  • 不適切なコンテンツ
  • 個人情報
  • 暴力的または残虐なコンテンツ

規約違反は削除可能ですが、「レビュー内容が否定的だから」という理由では削除を申請できないので注意してください。

MEO対策の仕組み|3つの評価ポイント

MEO対策の仕組み|3つの評価ポイント

MEO対策の仕組みに関して、3つの評価ポイントをご紹介します。

  • キーワードとの関連性
  • 店舗への距離
  • 店舗の知名度・視認性の高さ

ポイントをひとつずつ解説していきましょう。

キーワードとの関連性

検索キーワードとお店の関連性が高いほど、地図上で上位表示されやすいです。「居酒屋」と検索しているのに、カフェやクリニックが表示されたら「求める情報と違う……」と困ってしまいますよね。

「歯医者」と検索した際に、検索した周辺地域の歯医者が表示されるのは、Googleがキーワードとの関連性を評価しているから。店舗の特徴からどのような場合に検索されるかを予測し、適切なキーワードを設定することが重要です。

店舗への距離

検索者の現在位置とお店の距離を評価する項目です。ユーザーの位置にもとづいて、より近い店舗が優先的に表示される仕組みになっています。

検索者と店舗の距離はコントロールできないため、特に対策は必要ありません。

店舗の知名度・視認性の高さ

視認性の高さとは、ビジネスの知名度のことです。具体的には、以下のような情報が知名度に関係します。

  • 店舗が検索された数
  • ブログなどのWebサイトで店舗が取り上げられた数
  • Googleでの口コミ数・評価の高さ
  • 予約サイトの口コミ数・評価の高さ
  • SNSの口コミ数・評価の高さ
  • Web検索での掲載順位

店舗情報を発信して口コミを集めることが、知名度の向上につながります。より上位表示を狙うならば、知名度を高めるためのWebマーケティングの知識が欠かせません。

MEO対策が向いている業種

MEO対策が向いている業種を、以下にまとめました。

  • 飲食店
  • 美容院・サロン
  • 病院・クリニック
  • 学習塾・予備校・習い事教室
  • 小売店
  • 不動産
  • 宿泊・レジャー施設
  • 士業関連
  • フィットネスクラブ

上記の業種がMEOと相性がよい理由を、詳しく解説しましょう。

地域に密着したビジネスである

MEO対策は検索者と店舗の距離に応じて順位を変動させる仕組みをとっています。つまり、ターゲットエリアが絞られている業種ほど、MEO対策で高い効果が期待できます

たとえば、美容院ならば「全国の方に足を運んでもらいたい」と考えているケースは稀でしょう。ほとんどの場合「〇〇地域で美容院を探している方にお店を知ってもらう」ことを目標として掲げていますよね。このように、遠方のお客さまよりも地元の方に店舗をアピールしたい場合に、MEO対策は向いています。

「業種+エリア」で検索される

「学習塾 東京」や「ランチ 大阪」のようにサービス内容が特化しており、「業種+エリア」で検索されるビジネスはMEO対策との相性がよいです。今まさにサービスを必要としている見込み客に店舗情報を届けられるので、効率的に集客力を向上させられます。

Googleマップは翻訳機能が充実しているため、外国人観光客にも店舗をアピールできるでしょう。

見込み客のスマホ使用率が高い

MEO対策の重要性が高まっている要因として、幅広い世代におけるスマホ普及率の増加が挙げられます。

スマホが普及するまでは、お店を調べる方法は「友人に尋ねる」または「自宅のパソコンを使って予約サイト・ブログを確認する」の主に2種類でした。しかし、スマホを持ち歩くようになると、その場で店舗を検索して出向く形が一般的となったのです。地図検索での上位表示を目指すMEO対策は、スマホからの集客に強い手法といえます。

総務省の調査によると、令和2年度における13〜59歳のスマホ保有率は80%を超えています。これらの年代をターゲットとしているビジネスでは、MEO対策の効果を得やすいでしょう。

MEO対策の第一歩!Googleビジネスプロフィールの作り方

MEO対策の第一歩!Googleビジネスプロフィールの作り方

MEO対策に取り組むには、まずGoogleビジネスプロフィールに登録しなければいけません。Googleビジネスプロフィールに登録すると、Googleマップなどの検索エンジンに店舗情報が表示されるようになります。Googleが無料で提供しているサービスなので、費用がかからない点が特徴です。

ここからは「Googleビジネスプロフィールの作り方がわからない」という方に向けて、登録手順をまとめました。

  • Googleビジネスプロフィールにアクセスする
  • ビジネス名を入力する
  • ビジネスカテゴリを選択する
  • 店舗住所を入力する
  • 電話番号とウェブサイトURLを入力する
  • 「オーナー確認」を済ませる

デジタルツールに苦手意識がある方でも対応できるように、わかりやすく具体的に解説します。 

Googleビジネスプロフィールにアクセスする

まずは、Googleビジネスプロフィールにアクセスします。ページが表示されたら「今すぐ開始」ボタンをクリックしましょう。

ビジネス名を入力する

次の画面で、店舗の名称またはサービスの名称を入力します。正式名称を入力するように注意してください。確認画面で、ビジネス名が正しいことをチェックしたら「次へ」をクリックします。

すでにGoogleビジネスプロフィールが登録されていた場合は「MEO対策で上位表示させるやり方」を参考にして、店舗情報を充実させましょう。

ビジネスカテゴリを選択する

提供するサービス内容にもとづいて、適切なビジネスカテゴリを選択してください。カテゴリを入力するとプルダウンが表示されるので、店舗に合ったカテゴリを選びます。たとえば「飲食店・レストラン」の中でも「うどん店・カレー店・ケーキ屋・パン屋・ラーメン屋……」など、カテゴリの種類は多岐にわたります。

なお、独自カテゴリの作成はできません。希望のカテゴリが存在しないときは、より近いカテゴリを指定する必要があります。

正しいカテゴリ・間違ったカテゴリについて、Googleが例として提示している例をご紹介しましょう。

シナリオ 正しいカテゴリ 間違ったカテゴリ
宅配と持ち帰り用のピザを提供している。店内での飲食はできない。 ・宅配ピザ
・持ち帰り用ピザ
・宅配/出前
・テイクアウト
プール付きのモーテル ・モーテル ・ホテル
・水泳プール
ファーストフードのハンバーガー店。デザートメニューも提供している。 ・ファーストフード店
・ハンバーガー店
・デザート専門店

Googleはビジネスカテゴリを参考にして、ユーザーに情報を提供します。選択したビジネスカテゴリによって検索順位は大きく変動するため、MEO対策として非常に重要な項目です。

店舗住所を入力する

実店舗がある場合は「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」の質問に対して「はい」を選びます。選択後に画面が遷移したら、店舗の住所を入力しましょう。

すでに同一住所でGoogleビジネスプロフィールが作られている場合、アラート画面が表示されます。自分の店舗情報でなければ「これは私のビジネスではありません」を選びます。

住所の入力が完了したら、次はマーカーの配置です。マップを見て適宜拡大しながら、店舗所在地に赤いピンを合わせます。誤った住所を設定すると、ターゲット地域のユーザーに店舗情報が表示されない可能性があるので注意してください。

電話番号とウェブサイトURLを入力する

Googleで検索された際に表示される店舗情報を入力します。電話番号やWebサイトのURLを設定しましょう。

「オーナー確認」を済ませる

Googleビジネスプロフィールでは、第三者が店舗情報を追加・編集してトラブルにならないように「オーナー確認」作業が設けられています。オーナー確認を済まさなければ、口コミ返信や投稿機能を利用できません

オーナー確認の手順は、以下の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールにログイン
  • 「オーナー確認を行う」または「今すぐオーナー確認」をクリック
  • 手順に沿って確認コードを入力

オーナー確認方法は電話またはテキストメッセージ、メールアドレス、録画、ライブビデオ通話、ハガキがあります。
ビジネスオーナーの確認方法は、今後も変更される可能性があります

MEO対策で上位表示させるやり方

MEO対策で上位表示させるやり方を9つピックアップしました。

  • Googleビジネスプロフィールに登録する
  • NAP情報を統一する
  • 店舗情報を充実させる
  • 写真や動画を積極的に投稿する
  • 口コミを集める
  • 口コミに返信してお客さまとコミュニケーションを取る
  • 最新情報を発信する
  • WebサイトのSEO対策も重要
  • 適切なキーワードを設定する

それぞれ詳しく見ていきます。

Googleビジネスプロフィールに登録する

Googleビジネスプロフィールに登録していなければ、店舗情報を追加できません。先ほどご紹介した「MEO対策の第一歩!Googleビジネスプロフィールの作り方」の手順に沿って、登録を完了させましょう。

NAP情報を統一する

NAP情報とは、以下の頭文字で「ビジネス名・住所・電話番号」のこと

  • Name……ビジネス名や店舗名
  • Address……住所
  • Phone……電話番号

上記の情報が統一されていないと、Googleに同一店舗と判断してもらえません。公式サイトはもちろん、グルメサイトやSNSでの表記も統一できているかを確認してください。

特に間違いが多いポイントを6つピックアップしました。

  • 店名が略称になっている
  • カタカナ・ひらがな・漢字・ローマ字の表記揺れがある
  • 番地情報や階数の表記揺れがある
  • ハイフンの有無が異なる
  • 数字の半角・全角が異なる
  • 英文字の大文字と小文字が異なる

具体的に、NAP情報が統一されていない例をご紹介します。

【ホームページの記載】
ビジネス名:株式会社サンプル
住所:東京都〇〇区✕✕1丁目-11-1

【Googleマップの記載】
ビジネス名:(株)SAMPLE
住所:東京都〇〇区✕✕1丁目11番地1

【SNSの記載】
ビジネス名:株式会社Sample(サンプル)
住所:東京都〇〇区✕✕1-11-1

上記3店舗は、Googleに異なるお店と認識されるケースがあります。せっかく口コミが集まっても、知名度が上がらず上位表示されない恐れがあるのです。

店舗情報を充実させる

店舗情報を充実させると、地図検索で上位表示されやすいです。Googleビジネスプロフィールに登録しておきたい基本情報をご紹介します。

  • ビジネスカテゴリ
  • 住所・マップピンの設定
  • 営業時間
  • 電話番号
  • ウェブサイトURL
  • メニュー・サービス・商品(業界によります)
  • 写真・動画

見込み客は来店する前に「お店はキレイかな」や「メニューは豊富かな」など、たくさんの疑問を抱いています。「営業時間が記載されていないから電話で確認しよう」という方は少ないです。ほとんどの場合は「営業時間がわからないから他のお店を選ぼう」と考えます。

つまり、店舗情報が多いほうが見込み客に安心を与えられ、利用者数の向上につながるでしょう。

写真や動画を積極的に投稿する

写真や動画を投稿して、視覚的に利用者にアピールするのも方法のひとつです。特に「外観・内装・メニュー・商品」の写真は利用者の関心度が高いので、積極的に提供しましょう。

飲食店の場合、料理の写真を見て「美味しそう」と思ったユーザーが、実際に店舗へ足を運んでくれる可能性があります。外観の写真があると、お店を探しやすくなって親切です。大切なのは、利用者の目線に立って「自分ならどんな写真・動画を見たいだろう」と考えること

素敵な写真をアップしようとするあまり、本来の商品とかけ離れた写真にならないように注意が必要です。投稿写真と実際のサービスにギャップがあると、ネガティブなイメージを与える危険性があります。

口コミを集める

口コミを集めるとGoogleに人気のサービスとして認識され、検索順位の向上が見込めます。さらに、口コミは見込み客が情報収集する際に役立つので、来店意欲を促す対策としても有効です

「なかなか口コミが集まらない……」とお悩みの店舗事業者の方に向けて、口コミ収集のアイデアを4つご紹介します。

  • 会計時に直接依頼する
  • QRコードを活用する
  • メールやSMSで依頼する
  • 店舗にチラシやPOPを掲示する

サービス利用後に、わざわざ口コミ画面を探して投稿する方は少数派です。目につきやすい場所にPOPを貼るなど、利用者がスムーズに口コミ投稿できるような導線作りがポイントです。

ただし、クーポンなどの特典で口コミを促すとGoogleポリシー違反となります。

【クチコミに投稿するよう顧客を促す】
簡単にクチコミを投稿できることをお客様に伝えます。ただし、ビジネスオーナーはクチコミの見返りに特典を提供するなどの行為をしてはいけません。

引用: Google ユーザーにクチコミを投稿してもらう | Googleビジネスプロフィール ヘルプ

店舗側が利用者を装って自作自演で口コミを投稿する行為も、Googleポリシーにおいて禁止されています。Google規約に違反すると、アカウントが強制的に停止させられることも。意図せずにGoogleポリシー違反をしたとしても、ペナルティを受ける場合があるので注意してください。

口コミに返信してお客さまとコミュニケーションを取る

口コミ返信は、お客さまとの重要なコミュニケーション手段です。肯定的な口コミはもちろんですが、否定的な口コミに対しても丁寧な返信を心がけましょう。

口コミに返信する際は、以下の5つのポイントを意識するとよいですね。

  • できるだけ早めに返信する
  • 定型文を避ける
  • 礼儀正しい言葉遣いを心がける
  • 相手が読みやすいように文面をシンプルにまとめる
  • 高評価・低評価どちらにも返信する

店舗に対する利用者目線の意見は、サービスの強みや改善点を知る上で役立ちます

最新情報を発信する

店舗情報は、常に最新の状態を保ちましょう。営業時間が変わったのにGoogleビジネスプロフィールの情報が変更されていない場合、さまざまな不都合が発生して店舗への信用が失われます。

たとえば、営業中にも関わらず「営業時間外」と表示されて、来店機会を逃す可能性も。営業中と思って足を運んだけれどお店が開いていない……なんて事態も起こります。店舗情報が長い間更新されていないと、お客さまに「いいかげんなお店なのかな」という印象を与えてしまうでしょう。

WebサイトのSEO対策も重要

WebサイトのSEO対策は、MEO対策にも影響を与えます。Whitesparkが調査した「2023年度のローカルパック/ファインダーのランキング要素」を、一部抜粋しました。

  • 11位……Keywords in GBP Landing Page Title
  • 15位……Keywords in GBP Landing Page Headings(H1, H2, etc)
  • 18位……Internal Linking Across Entire Website

GBPとは、Googleビジネスプロフィールの略称です。簡単にまとめると、「Googleビジネスプロフィールのキーワード」や「関連付けられたWebサイトのSEO評価」は、MEO対策におけるランキングを決める要因のひとつと推測されています

適切なキーワードを設定する

「学習塾 小学生」なのか「学習塾 高校生」なのか、検索するキーワードによって表示結果は異なります。利用見込みの高い方にアピールするには、適切なキーワード設定が重要です。

店舗の特徴と利用者のニーズ、周辺地域の競合他社の状況を分析して「自店舗を検索する際にはどのようなワードを入力するのか」を考えましょう。

MEO対策の注意点

MEO対策の注意点

MEO対策の注意点を4つご紹介します。

  • Googleのガイドラインを遵守する
  • 自社と競合他社を分析する
  • 不自然にキーワードを盛り込まない
  • 悪質なMEO対策業者に業務を依頼しない

Webマーケティングに興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

Googleのガイドラインを遵守する

MEO対策を実施する際は、Googleのガイドラインを遵守しましょう。たとえば、口コミに関して以下の行為は規約に違反する「偽装行為」とみなされます。

  • 特典と引き換えに口コミを促す
  • 否定的な口コミを禁止する
  • 自作自演の口コミを投稿する
  • 競合他社の評判を下げるために故意に批判的な口コミを投稿する

規約に違反した場合、対象となるコンテンツが削除されるだけでなく、店舗のアカウントが強制的に停止させられるリスクも

【クチコミに投稿するよう顧客を促す】
Googleのポリシーや利用規約に違反していることが確認された場合、アカウントは強制停止されることがあります。悪質な違反が認められた場合は、事前の予告なく直ちにアカウントが強制停止されます。
引用: ポリシーに違反した場合 | Google広告ポリシー ヘルプ

意図せずガイドライン違反を起こさないように、注意が必要です。

自社と競合他社を分析する

有名なラーメン店がひしめくエリアで、キーワードを「ラーメン」に設定しても、有名店より上位表示を目指すのはハードルが高いですよね。自社と競合他社を分析しなければ、MEO対策を施しても思うように検索順位が向上しない可能性があります

キーワードを選ぶときは「店舗が所在するエリア+サービスの種類」で検索してみてください。同じエリア内のライバル店や、競合他社が取り組んでいるMEO対策を調査できます。

例として、横浜で医療脱毛専門店を営んでいると仮定して考えてみましょう。「横浜 医療脱毛」と検索して、大手クリニックが上位を占めているならば、MEO対策の効果を得にくいです。その場合は「横浜 医療脱毛 vio」や「横浜 医療脱毛 安い」など、複数のキーワードで検索して競合性の低い分野を探します。

競合が少なく、多くの方の検索が予想されるキーワードを選ぶことが大切です。

不自然にキーワードを盛り込まない

同一キーワードを不自然に盛り込みすぎると、Googleに「キーワードの乱用」とみなされ、ペナルティ対象となる恐れがあります。Googleが挙げている、キーワードの乱用の例を見てみましょう。

【キーワードの乱用となる文章の例】
無制限のアプリストアクレジット。アプリストアクレジットを無償で提供すると主張するサイトは数多く存在しますが、すべて偽物であり、無制限のアプリストアクレジットを探しているユーザーをいつも混乱させています。このWebサイトでは、無制限のアプリストアクレジットを取得できます。アプリストアクレジットが無制限の当社のページに今すぐアクセスし、クレジットを入手しましょう。

引用: Googleウェブ検索のスパムに関するポリシー | Google検索セントラル

キーワードを重視することは大切ですが、不自然に入れ込むと読みにくい文章に。何を伝えたいのかわからない文章は、利用者の満足度を下げてしまいます。

悪質なMEO対策業者に業務を依頼しない

「自分でMEO対策を行う余裕がない」や「Webマーケティングの知識がある専門家に業務を任せたい」という場合は、MEO対策業者に外注化するのがオススメです。ただし、悪質なMEO対策業者も存在するので見極めには注意が必要

十分な調査をせずに中途半端なMEO対策を施し、高額な委託料を請求する……というケースもあります。また、悪質なMEO対策業者がガイドライン違反を起こして、自店舗のアカウントが停止させられる、といったトラブルも発生しています。

MEO対策業者の見極めに関しては「MEO対策の優良企業を見分けるポイント」にて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

自分でMEO対策するメリット・デメリット

自分でMEO対策をするメリット・デメリットを表にまとめました。

メリット デメリット
・コストがかからない
・自分の考えを正確に反映できる
・時間と手間がかかる
・Webマーケティングの知識・経験がないと難しい

Googleビジネスプロフィールの登録は無料なので、自分で対策を行えば費用はかかりません。店舗事業主が自らMEO対策に取り組めば、店舗の特徴・強み・今後の方向性に関して、外注先と認識のズレが生じる心配がない点がメリットです。

一方で、店舗情報の作成や更新には手間と時間がかかります。口コミに返信したり競合他社の状況を分析したり、MEO対策は継続的に実施する必要があります。また、Webマーケティングに精通していなければ、その都度対処法を調べて試行錯誤することに……。

「本業以外の業務に毎日時間をかけられない」という方には、自力でのMEO対策は難しいといえるでしょう。

業者にMEO対策を依頼するメリット・デメリット

外注化を迷っている方に向けて、業者にMEO対策をするメリット・デメリットを表にまとめました。

メリット デメリット
・本来の業務に集中できる
・短期間で成果が出やすい
・他のWeb集客よりも導入コストが安い
・コストがかかる
・依頼する会社によっては成果を得られない

MEO対策業務を外注化することで、本来の業務に集中できる点がメリットです。そのため「効果的なMEO対策で自店舗の強み・弱みを把握する→サービス改善に専念する→よい口コミが集まりやすい」という好循環になりやすいです。

MEO対策業者は専門的なスキルと経験を持っているので、短期間での成果が見込めます。委託先によって異なりますが、一般的にMEO対策は他のWeb集客よりも導入コストが安いです。

注意点としては、悪質なMEO対策業者に依頼すると、コストをかけても成果が得られない恐れがあります。外注化を検討しているならば、業者選定は重要なポイントです。

MEO対策にかかる費用の目安

MEO対策にかかる費用の目安は、以下の通りです。

自分で対応した場合 MEO対策業者に依頼した場合
(固定報酬型の場合)
無料 ・初期費用……約3~5万円
・月額費用……約3~8万円

MEO対策業者の費用形態は「成果報酬型」と「固定報酬型」の主に2種類です。成果報酬型は成果に応じて費用が発生し、固定報酬型は月額料金が一定に定まっています。なお、委託範囲によって費用は異なるので、あくまで参考程度にしてください。

労力をかけてでもコストを削減したい方には、自分で対応する方法が向いています。効果的なMEO対策を実施して、さらにサービスや生産性の向上をはかりたい方には外注化がおすすめです。

MEO対策の優良企業を見分けるポイント

MEO対策の優良企業を見分けるポイントは、主に4つあります。

  • 対策方法・契約内容を明確に提示してくれる
  • MEO対策の実績が豊富にある
  • MEOに関する知識がある
  • 適切な契約期間を設定している

上記ポイントに着目すべき理由を、ひとつずつ見ていきましょう。

対策方法・契約内容を明確に提示してくれる

対策方法・契約内容を明確に提示してくれる業者は、信頼できる可能性が高いです。なぜなら、悪徳なMEO対策業者は不都合な情報を隠す傾向があるからです。

依頼先を決める前に、基本的な契約内容や追加依頼できる業務範囲を確認しておきましょう。具体的に、どのような形で効果を測定するのかまで説明してくれる業者ならば、安心して業務を任せられます。

MEO対策の実績が豊富にある

優良企業を見分ける際は、これまでの実績に注目しましょう。知識・経験にもとづいた有効な施策を講じてもらえるので、短時間で結果に結びつきやすいです。

実績をチェックするときは、MEO対策業者のホームページが参考になります。掲載されている実績にて「同じ業界の実績があるか」や「似た規模の店舗を担当した経験があるか」をチェックしてみてください。

飲食店やサロン、クリニック……、それぞれ設定するキーワードが異なります。自店舗と似た業界・規模を担当した業者ならば、スムーズかつ効果的に対策を進めてくれるでしょう。

MEOに関する知識がある

外注先にMEOに関する知識がなければ、有効な施策が望めません。思うように効果が得られない上に、Googleの規約違反を起こすリスクもあります。

しかし、企業がMEO対策について詳しいのかは判断が難しいでしょう。そんな場合は、業者が「MEO対策にまつわる情報を発信しているか」がひとつの目安となります。WebマーケティングやMEO対策、SEO対策など、有益な情報を提供している企業は信頼できる可能性が高いです。

適切な契約期間を設定している

契約期間を長く設定し、途中で辞める際に高額な解約金を請求する悪質なMEO対策業者がいます。そのため、契約を結ぶ前に解約金の有無や期間の長さを確認する必要があります。なお、一般的な契約期間は6ヶ月〜1年程度。

できるだけリスクを避けたい場合、最低契約期間を設定していない業者を選ぶのがおすすめです。

Googleビジネスプロフィールの主要機能

Googleビジネスプロフィールの主要機能

Googleビジネスプロフィールの主要機能を6つご紹介します。

  • 店舗の情報提供と更新
  • 写真や動画の投稿
  • メニューやサービスの登録
  • 口コミ管理・返信
  • パフォーマンスの分析
  • 予約や注文の管理

Googleビジネスプロフィールに登録したら、これらの機能を活用していきましょう。

店舗の情報提供と更新

Googleビジネスプロフィールには店舗の名称や電話番号、住所、営業時間などの基本情報を掲載できます。正しい情報を入力することで、営業中・営業時間外などのリアルタイムな営業状況を提供可能です。

利用者は店舗情報をもとに来店するので、変更があった場合はすみやかに更新しましょう。

写真や動画の投稿

Googleビジネスプロフィールで、写真や動画を追加する手順をまとめました。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「写真」をクリック
  • 登録する写真に該当するカテゴリーを選ぶ
  • 「+」ボタンをクリックして写真をアップロードする

写真機能には、以下の10項目のカテゴリーが設けられています。

カテゴリー 表示される内容
概要 各カテゴリーの写真一覧
オーナー提供 オーナーが追加した写真
ユーザー提供 ユーザーが追加した写真
360 360度カメラで撮影した写真
動画 アップロードされた動画
店内 店内写真
外観 店舗の外観写真
職場 職場やオフィスの写真
チーム 店舗に勤務するスタッフの写真
ID情報 カバー写真とロゴ写真

店舗の雰囲気はテキストよりも写真・動画のほうが伝わるので、積極的に投稿するのがおすすめです。

メニューやサービスの登録

メニューやサービスを登録しておくと、ユーザーはホームページを見なくても店舗の情報を把握できます。Googleビジネスプロフィールにて、メニュー・サービスを追加する手順をご紹介しましょう。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 飲食店は「メニュー」、クリニックなどの業種は「サービス」をクリック
  • メニューやサービスの情報を入力する

価格改定などの変更が生じた場合、登録したメニュー内容も編集することを忘れないでください。

口コミ管理・返信

口コミに返信することで、利用者とコミュニケーションが取れます。口コミ管理・返信の手順は、以下の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「クチコミ」をクリック
  • 返信したい口コミを選んで「返信」をクリック
  • 返信内容を記入して「返信を投稿」をクリック

返信が完了したら、返信内容が投稿されているかを見ておきましょう。定型文で返していると冷たい印象を与える可能性があるので、口コミの内容を踏まえたメッセージを送るのが理想的です。

パフォーマンスの分析

パフォーマンスの分析は、店舗の認知度や集客力を把握するために欠かせない項目です。メニュー画面の「パフォーマンス」をクリックすると、以下のようなデータを確認できます。

  • ビジネスプロフィールを閲覧したユーザー数
  • ビジネスプロフィールの表示につながった検索
  • メニューのコンテンツを閲覧したユーザーの数
  • ビジネスプロフィールからの通話
  • ビジネスプロフィールから送信されたメッセージ
  • ビジネスプロフィールからの予約
  • ビジネスプロフィールからのルート検索数
  • ビジネスプロフィールからのウェブサイトへのクリック数
  • 商品を閲覧したユーザー数

上記データを活用し、MEO対策の改善をはかりましょう。

予約や注文の管理

Googleマップから予約できるように導線を作っておけば、利用者の手間が減って離脱を防止できます。なお、予約や注文の管理ができる業種は限定されています。

Googleマップで予約ボタンを作成する方法を、以下にまとめました。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「予約」をクリック
  • 「プロバイダを追加」をクリック
  • 連携する予約システムを選択する

予約ボタンが設置されるには、約1週間かかります。予約システムは「一休.com」や「EPARK」など、さまざまなプロバイダを選択可能です。

まとめ:MEO対策とはGoogleマップで上位表示させるための施策

MEO対策に取り組むと、店舗の集客力・認知度アップが期待できます。SEO対策よりも競合が少なく、低コストで成果を得やすい点が特徴です。

Googleマップで上位表示を目指すには、提供している店舗情報を充実させましょう。写真や動画を投稿したり、口コミに返信したりする日々の対策も重要です。

「毎日MEO対策に取り組む時間がない……」という場合は、MEO対策業者に業務を委託してみては。専門的なスキルと豊富な実績があるので、短時間で効果が出る可能性が高いです。

店舗情報を上位表示させて利用者を増やすために、MEO対策を実施しましょう!