MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
MEO対策の費用相場は?料金・価格を決める要素、月額固定or成果報酬について解説

店舗の認知度や顧客数アップに効果的なMEO対策。「気になっているけれど費用がわからない」または「どのように価格が決まるの?」という疑問があり、一歩踏み出すのを迷っている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、MEO対策の費用相場や価格を決める要素、料金形態について解説します。MEO対策を外注化するメリット・デメリットや、優良なMEO対策企業の見分け方までご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

  • MEO対策のキーワードって何?
  • MEO対策のキーワードの決め方、選び方を知りたい人
【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説 【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説

MEO対策とは?わかりやすく解説

MEO対策とは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称です。Googleマップなどの地図検索において、店舗情報を上位表示させることで露出数を増やし、顧客の獲得を目指す施策を指します。

日本国内では「MEO」という呼び方が一般的ですが、海外では「ローカルSEO」とも呼ばれることも。両者はほとんど同じ意味ですが、MEO対策は「地図検索に特化した施策全般」、ローカルSEOは「地域を重視したSEO対策」という意味合いで使用される傾向にあります。

MEO対策 ローカルSEO
地図検索に特化した施策全般 地域を重視したSEO対策

「そもそもSEO対策とは?」と疑問に感じている方に向けて、次の章ではSEO対策について解説します。

MEO対策とSEO対策の違い

SEO対策とは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、Googleなどの検索エンジンにおいて、Webページを上位に表示させるための施策全般のこと

「自店舗の情報を上位に表示させて集客数アップを目指す」という点では、MEO対策とSEO対策は共通しています。ただし、MEO対策は地図検索における上位表示を、SEO対策は検索エンジンにおける上位表示を目標としています

MEO対策 ローカルSEO
地図検索における上位表示が目標 検索エンジンにおける上位表示が目標

簡単にまとめると「どの分野で上位表示を目指すのか」という点が両者の違いといえるでしょう。

MEO対策の目的

MEO対策の目的は、主に5つあります。

  • 店舗の認知度が向上する
  • 集客率アップが見込める
  • 網羅的で正確な情報を提供できる
  • 商圏内の検索ユーザーにアピールできる
  • SEO対策よりも競合が少なく短期間で効果を得やすい

MEO対策を行うと店舗情報が検索ユーザーの目に触れやすくなり、認知度・集客率のアップが期待できるでしょう。住所や電話番号、写真などの情報提示や、口コミ管理もMEO対策に含まれます。このような「見込み客が知りたがっている情報」を充実させることで、来店意欲を向上させる効果を得られるのです。

SEO対策の知名度は高く、結果を出すには数多くの大手企業・有名店がライバルになります。一方、MEO対策の知名度はまだ低く、競合が少ない状態です。つまり、SEO対策よりもMEO対策のほうが、低コストかつ短期間で効果が出ます。費用に関しては「MEO対策とSEO対策の費用相場を比較」で解説するので、チェックしてみてください。

MEO対策の料金形態

MEO対策の料金形態

MEO対策の料金形態は「月額固定型」と「成果報酬型」の2種類です。MEO対策にかかる費用を把握するために、それぞれの料金形態について理解しましょう。

それでは、料金形態ごとに特徴やメリット、デメリットを見ていきます。

成果報酬型

MEO対策企業と事業者で取り決めた条件を満たした場合のみ、支払いが発生する料金体系を「成果報酬型」といいます。「特定のキーワードで検索〇位以内に表示されたら課金する」という形が一般的です。「上位化した日数×成果報酬費用」によって、毎月の料金が決まります。

成果が出なかった場合にはコストがかからないため、リスクを抑えやすい点が特徴です。ただし、検索順位はさまざまな外的要因によって左右される不明確なもの。店舗利用者を増やすには、検索順位アップ以外にも口コミの管理や店舗情報の発信など、幅広い対策が必要です。

月額固定型

「月額固定型」とは、月当たりに支払う金額が一定に定まっている料金体系で「固定報酬型」とも呼ばれます。発生するコストが明確なため、資金計画を立てやすい点がメリットです

成果が得られない場合でもコストがかかる点が、月額固定型のデメリットといえます。しかし、そもそもMEO対策は効果測定が難しく「上位表示」という概念は非常に曖昧なものです。

たとえば、以下の場合で考えてみましょう。

  • 大阪市にラーメン店を構えている
  • 成果報酬型でMEO対策を依頼する
  • 成果報酬が発生する条件:「大阪市 家系ラーメン」で検索したときに3位以内に表示される

「上位3位に表示されるまで料金が発生しないなら無駄なコストがかからないのでは?」と感じる方は多いかもしれません。けれども、対象店舗の前で検索したり、周囲にラーメン店が少なかったりすると簡単に成果報酬の条件を満たせます。検索地点から店舗への距離によって、地図検索の順位は変動するからです。

検索順位は自店舗のMEO対策だけでなく、検索する場所や競合数の多さなど……周囲の状況によって大きく左右されます。そのため「上位表示されるまで費用が発生しない=お得」というわけではありません

MEO対策の費用相場

料金形態ごとにMEO対策の費用相場をまとめました。

月額固定型 成果報酬型
約3~8万円 約1,000~2,000円(1日当たり)
→月額換算……約3~6万円

これらの維持費用とは別に、初期費用として約3〜5万円かかるケースが多いです。なお、依頼するMEO対策企業や対策キーワード数などによって料金は異なるので、上記の費用はあくまで参考程度にしてください。

MEO対策を依頼する際は、必ず事前に費用を確認しておきましょう。

MEO対策の費用を決める要素

MEO対策の費用を決める要素を6つご紹介します。

  • 初期費用
  • 対策キーワード
  • 成果報酬または契約期間
  • 順位計測システム
  • サービス内容
  • 追加料金

ひとつずつ見ていきましょう。

初期費用

MEO対策には、基本的に約3〜5万円の初期費用がかかります。なお、初期費用を設定していない業者や、定期的に初期費用無料キャンペーンを実施している業者も。

「ビジネスを始めたばかりで、まとまった金額を用意できない」という方は、初期費用がかからないプランがおすすめです。

対策キーワード

対策キーワードが多いほど上位表示されやすく、その分だけ費用が高くなる傾向にあります。対策するキーワード数は、6〜10個が平均的です。

たくさんのキーワードを設定したからといって、顧客獲得につながるわけではありません。検索者のニーズや店舗の特徴を踏まえたキーワードを選ぶことが重要なので、数よりも質にこだわってください

「30~50代の方をターゲットとした落ち着いた雰囲気のレストラン」を例として考えてみましょう。「女子会 レストラン」「インスタ映え レストラン」よりも「隠れ家 レストラン」「ゆっくり レストラン」のほうが、店舗の魅力と検索ユーザーのニーズがマッチします。また、特定のキーワードで上位表示されても、キーワード自体の検索数が少なければ顧客数の向上は難しいです。

成果報酬または契約期間

MEO対策では継続的な施策が求められるため、契約期間を6ヶ月〜1年程度に設定するケースが多いです。基本的には、契約期間が長くなったとしても料金割引はありません。

最低料金と最大料金を明確にした上で、契約を検討してみてください。
料金の計算例は、以下の通りです。

  • 【月額固定型の場合】
    初期費用(無料)+月額料金(3万円)×契約期間(1年)
    =36万円
  • 【成果報酬型の場合】
    初期費用(無料)+1日当たりの成果報酬(1,500円)×契約期間(1年)
    =0~54万円
    ※1月を30日とした場合

「いきなり長期の契約期間を設けるのは、リスクが高いので避けたい……」という方は、最低契約期間を設定していない業者に依頼してみましょう

順位計測システム

順位計測システムとは、Googleマップでの検索順位を調査するためのツールです。MEO対策は「順位計測→分析→施策の改善→順位計測……」を繰り返しながら上位表示を目指します。そのため、順位計測システムの利用は欠かせません

業者を選定する際は、自社製のシステム・他社製のシステムのどちらを利用しているかを確認しましょう。他社製のシステムを利用している場合、取得可能データ数や利用料金は基本的に一定です。

自社製の場合は、定期的なアップデートが期待できます。しかし、新しいシステムの利用による追加費用が発生する可能性もあります。

サービス内容

MEO対策企業によって対応業務の範囲が異なるので、事前に「どこまでが基本的なサービス内容で、どこから追加料金が発生するのか」を確認してください

基本料金で口コミ返信を代行してくれる業者もあれば、口コミ返信に追加費用がかかる業者も。「月〇回以上の店舗情報の発信を希望するならオプション料金がかかる」というケースもあります。

MEO対策企業に依頼できるサービス内容は「MEO対策会社に依頼できる業務内容」にて解説します。

追加料金

追加料金がかかる代行業務の例を、いくつかピックアップしました。

  • LINE公式アカウントの運用
  • SNSアカウントの運用
  • ホームページの新規製作
  • ホームページの更新
  • ストリートビューの撮影
  • 写真や動画の撮影

「Webに関する知識がない」または「本業に専念するためにMEO対策をできるだけ外注化したい」と考えているならば、幅広いオプションプランを設けている業者が向いています

MEO対策を自分で行うことは可能?

業者に代行を依頼しなくても、MEO対策を自分で行うことは可能です。基本的なMEO対策は、以下の手順で行えます。

  • Googleビジネスプロフィールに登録する
  • オーナー確認を行う
  • キーワードを選定する
  • 店舗の情報を登録する
  • 店舗の情報を定期的に更新する

Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供している無料の情報管理サービスのこと。GBPと略されることもあり、登録すればGoogleマップなどの検索エンジンにお店の情報が表示されます。

上記の手順は、あくまで最低限のMEO対策を施す場合です。より高い効果を得るには、口コミ管理や競合他社の分析、SNSアカウントとの連携などに取り組む必要があります。

店舗の特徴を理解している事業者がMEO対策に取り組むことで、魅力を活かした施策を実施できます。Googleビジネスプロフィールは無料で利用できるため、自分でMEO対策を行えば費用は発生しません

ただし、自分でMEO対策を行うには時間と手間がかかります。店舗情報が古いままだと、お客さまから「いいかげんなお店」と判断されるリスクも……。中途半端なMEO対策は逆効果になる恐れを理解して、自分で行うか外注化するかを検討しましょう。

MEO対策会社に依頼できる業務内容

MEO対策会社に依頼できる業務内容

MEO対策会社に依頼できる主な業務内容をご紹介します。

  • Googleビジネスプロフィールの登録・更新
  • MEO対策の効果測定
  • Googleマップのエリア調査
  • 競合他社の調査
  • 対策キーワードの選定
  • 商品やサービス写真(動画)の投稿代行
  • 店舗情報の発信
  • 店舗情報の編集・更新
  • 口コミの返信
  • 口コミの促進
  • 各種設定作業

業者によって対応できる業務は異なるので、代行を依頼する前には業務範囲の確認が必要です。

MEO対策を外注化するメリット

MEO対策を外注化するメリットは、主に3つあります。

  • 他のWebマーケティングよりも導入コストが低い
  • 本来の業務に専念できる
  • 自分で対応するよりも短期間で成果が出やすい

MEO対策はまだ競合が少ない状態のため、他のWebマーケティングよりも導入コストが安価な傾向にあります。具体的な費用の比較は「MEO対策とSEO対策の費用相場を比較」を参考にしてみてください。

先ほどご紹介した「MEO対策会社に依頼できる業務内容」を見て「自分で対応するのは難しい……」と感じた方は多いのではないでしょうか。本格的にMEO対策を進めるには、実際に業務を行う時間に加えて、Webの知識を学ぶ時間も必要です。MEO対策に追われて本業がおろそかになり、お店の評価が下がる……といった事例は少なくありません。

加えて、実績豊富なMEO対策企業は専門的な知識とノウハウを有しています。自力で対策するよりも効率的に施策を進めてもらえるので、短期間で結果が出やすいです。

MEO対策を外注化するデメリット

MEO対策を外注化するデメリットは、以下の通りです。

  • 費用が発生する
  • 事業者と外注先との間で認識のズレが生じる可能性がある
  • 悪徳なMEO対策会社に依頼すると成果を得られない

他のWebマーケティングよりも安価といっても、毎月費用が発生する点は理解しておきましょう。MEO対策は長期的に取り組む必要があるので、継続的に依頼できる業者を予算に応じて選ぶことがポイントです。

業者にMEO対策を丸投げした場合、認識のズレが生じるケースがあります。店舗の方向性や魅力を外注先が把握していないと、時間とコストが無駄になるので気を付けましょう。

他にも「悪徳なMEO対策会社に依頼してしまい、時間をかけたのに効果が得られなかった」という事例もあります。次の章からは、悪徳なMEO対策会社に騙されないためのコツをご紹介します。

優良なMEO対策企業を見分ける方法

優良なMEO対策企業を見分ける方法

優良なMEO対策企業を見分ける方法を4つピックアップしました。

  • 対策方法や契約内容が明確になっている
  • MEO対策の実績が豊富にある
  • MEOに関して専門知識がある
  • 契約期間が適切に設定されている

以下で詳しく解説します。

対策方法や契約内容が明確になっている

MEO対策企業に業務を依頼する際は、対策方法や契約内容が明確になっているかをチェックしましょう

悪徳業者には、次のような特徴があります。

  • Webに関する知識・経験が不足している
  • 順位計測が明確でない
  • MEO対策をほとんど行わずに費用を請求する

これらの不都合を隠すために、対策方法・契約内容を明確に説明できない悪徳業者は多いです。具体的な施策内容を提示したり、Webの基礎知識を説明したりできる業者は、信頼できる可能性が高いです。

MEO対策の実績が豊富にある

MEO対策の実績も、業者選びの際に注目したいポイントのひとつ。実績豊富なMEO対策企業ならば、効率的な施策の実施が期待できます。ほとんどの業者はホームページにて、これまでの実績を掲載しているので参考にするとよいでしょう。

実績を参考にするときに、確認したい点をいくつかピックアップしました。

  • 店舗と似た業界の実績があるか
  • 店舗と似た規模の店舗を担当しているか
  • これまでの取引件数
  • 具体的なMEO対策の事例(検索数・クリック数〇%アップなど)

旅行事業やサロン、飲食店など……、業界や規模によって対策キーワードは異なります。自分の店舗と似た業界・規模に関するMEO対策の経験があれば、実際に効果があった施策を実践してもらえるでしょう。

MEOに関して専門知識がある

有効なMEO対策を行うには、Webマーケティングに関する専門知識が求められます。業者の知識が不足していると、意図せずにGoogleの規約違反を起こす危険性も。Googleの規約に違反した場合、自分のお店のアカウントが停止・削除されることがあります

Googleのポリシーや利用規約に違反していることが確認された場合、アカウントは強制停止されることがあります。悪質な違反が認められた場合は、事前の予告なく直ちにアカウントが強制停止されます。

引用: ポリシーに違反した場合 | Google広告ポリシー ヘルプ

例として、Googleの規約違反となる行為を4つご紹介します。

  • ユーザーを装って口コミや評価を投稿する
  • 否定的な口コミを禁止する
  • クーポンなどの特典で口コミを促す
  • 店名に不要な情報を含める

規約に違反しないためには、Googleのポリシーを理解している業者を選ぶことが大切です。MEO対策の情報を発信している業者なら、Webにまつわる専門知識を有している可能性が高く、安心して代行業務を任せられます

契約期間が適切に設定されている

悪質なMEO対策業者と契約し、以下のようなトラブルに発展したケースは珍しくありません。

【トラブルの例】

  • 有効なMEO対策を行ってもらえないので解約したいけれど、設定した契約期間が満了していないので料金を支払わないといけない……。
  • 平均よりも長期の契約期間を提示され、途中で辞めようとしたら高額な解約金を請求された。

契約期間は約6ヶ月〜1年が一般的です。解約金の有無と期間の長さを確認してから、契約を締結しましょう

MEO対策とSEO対策の費用相場を比較

MEO対策とSEO対策の費用相場を比較しました。

SEO対策(固定報酬型の場合) MEO対策(固定報酬型の場合)
初期費用 約5~20万円 約3~5万円
月額費用 月額固定型……約20~40万円(月当たり)
成果報酬型……約1~40万円(月当たり)
月額固定型……約3~8万円(月当たり)
成果報酬型……約3~6万円(月当たり)

サービス内容や業者によって費用は異なりますが、MEO対策のほうが低コストで実施できることがわかります。「集客数アップのためにWebマーケティングに取り組みたいけれど、できるだけ費用を抑えたい」という方には、MEO対策がおすすめです。

MEO対策の費用対効果が高い理由

費用対効果とは、かかったコストに対して、どれほどの効果が得られたかを示す指標です。MEO対策は費用対効果が高いといわれていますが、その理由は主に4つあります。

  • 低コストで成果を得られる
  • 短期間で効果を得やすい
  • SEO対策よりもクリックされる確率が高い
  • Googleマップを利用するユーザーが増えている

MEO対策に興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

低コストで成果を得られる

MEO対策は、SEO対策やWeb広告などのWebマーケティングよりも費用がかかりません。初期費用・維持費用どちらも抑えられるので、初めてWeb集客に挑戦する方に向いています。

SEO対策は広範囲の方に対してアプローチしますが、MEO対策は来店意欲の高いお客さまをターゲットにしています。たとえば「神戸 サロン」で検索する場合、検索者は「今まさに神戸でサロンを探している状態」と推測できますよね。ターゲットを絞って効率よく施策を展開するため、MEO対策は費用対効果が高いといえます。

短期間で効果を得やすい

なかなか成果が見込めなければ、MEO対策にかかる費用が経営を困窮させる原因になってしまいます。そのため、効果が得られるまでの時間も大切なポイントです。

なお、SEO対策で成果を出すには、半年〜1年ほどかかるケースが一般的。一方、MEO対策は継続的に取り組むほど高い成果を得られますが、早ければ数ヶ月〜半年で効果を実感できます

SEO対策よりもクリックされる確率が高い

MEO対策は、SEO対策よりもクリックされる確率が高いです。なぜなら、Googleマップで検索順位が上位になると、SEO対策よりも上部に店舗情報が表示されるからです(参考画像1)。

Googleで口コミが反映されない9つの理由
参考画像1
クリック率が高くなるほど、店舗のページにアクセスするユーザーが増えます。必然的に、来客数の向上も見込めるでしょう。

Googleマップを利用するユーザーが増えている

スマホを使って「いつでも・どこでも」店舗を検索できるようになった現代では、Googleマップを利用してお店を探す方が増えています。

Googleの調査では、次のようなデータが報告されました。

  • 店舗検索の際に44%の方がGoogleマップを利用している
  • Googleマップで訪問先を調べた41%の方が検索後24時間以内に店舗訪問している

地図検索を活用しているのは飲食店や病院、サロンだけではありません。保育園や塾、ジムなど幅広い業種において、Googleマップから流入する利用者が増加しています

まとめ:MEO対策の費用相場を知った上で外注化を検討しよう

MEO対策の料金形態は、月額固定型と成果報酬型の2種類です。料金形態やサービス内容、初期費用の有無などでMEO対策にかかる費用が決定します。自分でMEO対策を行うことも可能ですが、時間と手間がかかる点がデメリットです。

「確実に成果を出したい」「本業に専念したいので対策は任せたい」といった場合には、外注化がおすすめ。Googleビジネスプロフィールの登録・更新から競合他社の調査、対策キーワードの選定まで依頼可能です。なお、業者によって業務範囲は異なるので、どこまで代行できるのかを確認しておきましょう。

MEO対策にかかる費用を理解した上で、外注化を検討してみてください!