MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
MEO対策で口コミを増やして店舗集客力アップ!悪い口コミへの対応方法も解説!

MEO対策が成功すれば、地図上で自店舗が表示されやすくなり集客効果も期待できます。
しかし「MEO対策では口コミが重要だと聞いたけど、具体的に何をしたらわからない」と考える店舗経営者や店舗オーナーは多いのではないでしょうか?

「Googleで口コミを増やす方法がわからない」
「不本意な口コミをなんとかしたい」

このように頭を悩ませる店舗経営者・店舗オーナーのために、この記事ではMEO対策における口コミの集め方や悪い口コミへの対応方法を紹介します。

Googleからの評価をあげるMEO対策として効果の高い口コミを増やし、店舗の集客力をアップさせましょう。

  • MEO対策で口コミはどんなメリットがあるのかわからない方
  • MEO対策で口コミはどうやって集めるのかわからない方
  • Googleの口コミで困ってる店舗事業者の方
【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説 【2024年最新】MEO対策とは?店舗集客の方法から始め方まで初心者にわかりやすく解説

MEO対策において口コミが重要な理由

MEO対策において口コミが重要な理由

MEO対策において口コミが重要な理由は以下の3つです。

  • 知名度の評価につながる
  • 店舗集客の導線になる
  • 店舗のファンが増える

順に見ていきましょう。

知名度の評価につながる

Googleによれば、マップで上位に表示されるには以下の3つの要素が大切です。

  • 関連性
  • 距離
  • 視認性の高さ

この中で、口コミは視認性の高さ、つまり知名度の評価につながります。

SEO対策やMEO対策の会社として世界的にも有名な米国のMOZ社が2020年に発表した「SEOのローカル調査レポート」では、Googleの口コミや評価は2番目に上位表示される要素であるとされています。

SEOのローカル調査レポート
引用:The State of Local SEO Industry Report 2020 | MOZ

MEO対策における3大要素の一つである視認性の高さを上げるために、良い口コミを増やすことは重要なポイントです。

店舗集客の導線になる

良い口コミは店舗への集客の導線確保にも効果的です。Googleのユーザーの多くがお店を検索するときに、口コミを参考にして店舗を決定しています。消費者庁「平成29年版消費者白書」の調査によれば、20代で約7割、50代で半数が商品やサービスを検討するときに口コミを参考にしているとありました。

店舗集客の導線になる
引用:口コミサイト・インフルエンサーマーケティングの動向整理 | 三菱UFJリサーチ&コンサルティング

口コミは消費者の意思決定に大きな影響を与えるため、店舗集客を促進するためにも良い口コミを多く集めることが大切です。

店舗のファンが増える

MEO対策として口コミを活用すれば、店舗のファンも増えやすい傾向にあります。口コミは消費者に書いてもらうだけでなく店舗からも返信もできるため、双方のコミュニケーションが発生します。店舗からこまめに返信することで消費者満足につながり、店舗のファンが増えていくでしょう。

店舗のファンになってくれれば、家族や知人への紹介も期待できるため、雪だるま式に顧客が増えていく可能性があります。コミュニケーションツールとしてGoogleの口コミを利用し、ファンを増やしていきましょう。

MEO対策で重要な口コミの要素

SEO対策やMEO業界で知られる米国のMOZ社によれば、MEO対策で重要な口コミの要素は以下の5つだとされています。

鮮度 口コミが最新であるか
頻度 口コミされる頻度は高いか
多様性 同じ人からの口コミではないか
権威性 口コミをした人は専門家であるか
形式 評価(星)だけでなくテキストがあるか

Googleマップで上位に表示されるためには、さまざまなユーザーから頻繁にテキストベースで口コミを書いてもらうことが重要なポイントとなります。また、商品に対して権威ある専門家によって書かれた口コミであれば、さらに評価が高まるようです。

Googleで口コミを増やす方法6選

Googleで口コミを増やす方法6選

Googleで口コミを増やす方法を6つ紹介します。

  • 直接声をかける
  • QRコードを活用する
  • メールやSNSで依頼する
  • 公式サイトに口コミ投稿URLを設置する
  • 口コミに返信する
  • 独自サービスをする

直接声をかける

口コミを書いてほしい、と顧客に直接声をかけると口コミを書いてくれることがあります。何も言わなくても自然に口コミを書いてくれることはほぼありません。

具体的にはレジ前に口コミを書く方法を掲示しておき、会計時に顧客に直接声をかけたり、サービスの途中で口コミを集めていることを伝えたりすれば、書いてもらえる確率は高まります。

声かけ例
口コミを励みに頑張っています。よろしければぜひ口コミを書いてください。サービス向上のために参考にさせていただきたいので、ぜひご意見をお願いします。

QRコードを活用する

お客様に口コミをお願いするときは、QRコードを活用すると便利です。販促物やレシートに口コミ募集の文字と共にQRコードを載せておけば、口コミを集めていることがお客様に伝わります。記載する販促物は以下のものがおすすめです。

  • 店内ポスター
  • レシートや領収書
  • ポイントカード
  • アンケート

QRコードは誰でも無料で作成できます。インターネットで「QRコード」と検索すればサービスが見つかるため、使いやすいもので作成しましょう。口コミ投稿用のリンクは以下の手順で取得できます。

  • 1.Google検索で「レビューを依頼」を選択
  • 2.Googleマップで「顧客」>「クチコミ」>「クチコミを増やす」を選ぶ
  • 3.リンクをコピーして共有する

QRコードを活用することでワンアクションで投稿ページに飛べるため、口コミが集まりやすくなります。

メールやSNSで依頼する

顧客の連絡先がわかる場合は、メールやSNSで感謝を伝えつつ、同時に口コミを依頼する方法もあります。メールやSNSで口コミを依頼する際には、以下のような質問項目を記載しておきましょう。

  • 価格は妥当か
  • 店員の態度はどうか
  • 商品に満足したか

質問項目があれば何を書くべきか具体的にイメージしやすいため、口コミを投稿するハードルが低くなります。

メールへの記載例
当店ではお客様からの口コミを募集しております。ご利用に際し良かった点や悪かった点をご投稿いただけると幸いです。今後のサービス向上のためにぜひご協力お願いいたします。

公式サイトに口コミ投稿URLを設置する

公式サイトに口コミ投稿URLを設置しておけば、サイトを訪れた人が口コミを書いてくれることがあります。メニューを見たりクーポンを探したりするために、中には来店中に公式サイトをみる人もいるでしょう。その際、口コミへのURLが目に留まれば、口コミを書いてくれるかもしれません。

わざわざ公式サイトを見ている人は、自店舗に好意的な気持ちであることが多いと考えられるため、良い口コミを書いてくれる可能性は高いといえます。公式サイトから口コミ投稿URLへの導線を作っておきましょう。

公式サイトへの記載例
こちらで口コミを投稿できます。良いと思った点や気になった点をお知らせください。より良いサービスを提供させていただくためにぜひご協力お願いします。

口コミに返信する

一つひとつの口コミに丁寧に返信しておくことで、他の利用者も安心して口コミしやすい環境になります。また、返信があることで顧客の満足度が高まり、同じ人がリピートして書いてくれる可能性も高まります。Googleでは口コミに返信している店舗への信頼度は 76 %、そうでない店舗へは 46%とし、1.7 倍の差があると明記されていました。

また、Googleは口コミへの返信を推奨しており、表示ランキングを改善する要素の一つとしています。口コミへの返信でGoogleの評価を高めるには、以下のポイントが重要です。

  • なるべく早く返信する
  • 狙っているキーワードを含める

良い口コミへの返信例
この度は〇〇に数あるホテルから「〇〇ホテル」にご宿泊いただきありがとうございました!ご滞在のご感想をお寄せくださり厚くお礼申し上げます。当ホテル自慢の大浴場をお楽しみいただけたようで、スタッフ一同大変うれしく思っております。冬には季節限定でゆず風呂を提供しておりますので、日々の疲れの癒しにぜひご利用ください。またのご来館をお待ちしております。

なお、口コミに返信するにはオーナー確認が必要です。登録していない場合は、Googleビジネスプロフィールヘルプの「クチコミを管理」からビジネスプロフィールを作成しておきましょう。

独自サービスをする

他店にはない独自サービスがあれば、口コミが集まりやすい傾向があります。インスタ映えする視覚的なサービスや、思わず口コミを書きたくなるようなサプライズサービスがあれば、感動をシェアしたいと考えてくれるかもしれません。

また、おすすめしたいサービスをフレーズ化すれば、そのフレーズに関する賛否を口コミされることがあります。吉野家の「早い、うまい、安い」やRIZAP(ライザップ)の「結果にコミットする」などが有名です。このように顧客の記憶に残りやすい独自サービスを提供できれば、自然に口コミは集まってくるでしょう。

口コミをお願いするタイミング

口コミを増やすには、口コミをお願いするタイミングも重要ポイントです。

2023年8月のローカルSEOの情報によると、レビュー依頼をしない場合は、1日の投稿率は12%、5日後は6%、9日後は2%、14日後は1%。レビュー依頼した場合は、1日後6%、5日〜9日後3%、14日後は2%という結果となっています。

店舗集客の導線になる
引用:ローカルSEO(MEO)トレンドレポート公開のお知らせ【2023年8月度】 | PR TIMES

口コミを急かすとユーザーはわずらわしく感じ、むしろ口コミを書かなくなる傾向があるようです。一方、5〜9日後に口コミを依頼した場合は好意的に感じ、口コミを書いてくれる可能性が高まります。

来店当日はしつこく口コミを依頼せず、5〜9日後に自然にお願いするのが良いタイミングといえるでしょう。

MEO対策における口コミ施策の注意点

MEO対策における口コミ施策には以下の注意点があります。

  • ステマをしない
  • 特典はつけない

これらはGoogleで禁止されており、ペナルティの対象となります。サイトが上位表示されなくなったり削除されたりするため、口コミ対策をする場合には注意が必要です。詳しく見ていきましょう。

ステマをしない

ステマはペナルティの対象です。実体験に基づいていない虚偽の口コミはステマとみなされ削除されます。

口コミにおけるステマとは
自分で偽の口コミを書いたり、第三者にサクラとして口コミを書かせたりすること

「食べログ」の事例では、管理者のカカクコムが訴訟を検討するような事件に発展しています。

レストランの口コミサイト大手「食べログ」の事件は、口コミ代行業者が店舗から の依頼を受けて店舗の評価を上げる書きこみを行っていたというものであり、「 食べログ」の管理者であるカカクコムは、有料で口コミ代行を行う業者を特定し、これらに対して訴訟を検討していると報道された。
引用 口コミサイトに関する課題 | 英知法律事務所 弁護士 森 亮二

口コミを書くには、Googleメールアドレスが必要です。そのためIPアドレスやアカウント情報から調べられれば自作自演はバレます。

口コミが集まらないとステマをしたくなりますが、非常にリスクのある行為なので絶対やめましょう。

特典はつけない

特典をつけて良い口コミの投稿や悪い口コミの修正や削除をお願いする行為は、虚偽のコンテンツ、偽装行為としてGoogleで禁止されています。

サービスの割引や無償提供などの特典は、Google以外のサービスでは頻繁におこなわれている集客施策の一つです。しかし、MEO対策としては悪手となるため注意しましょう。

悪い口コミ対策5選

悪い口コミ対策5選

こだわりと自信を持ってサービスしていても悪い口コミを書かれてしまうことはあります。また、残念ながら同業者から嫌がらせとして悪い口コミを書かれるケースもあるようです。このような悪い口コミへの対策を5つ紹介します。

  • Googleに口コミの削除申請をする
  • サービスの質を向上させる
  • 丁寧に返信する
  • 高評価を増やす
  • 弁護士に相談する

Googleに口コミの削除申請をする

悪い口コミを書かれても店舗側では勝手に非表示にはできません。しかし、Googleに申請すれば、削除してもらえるケースがあります。削除対象となる主なコンテンツは以下のとおりです。

  • 虚偽の情報
  • 誤った情報
  • 第三者のなりすまし
  • 誤解をまねく情報
  • 悪意あるコンテンツ(コンピューターウイルスやフィッシングなど)
  • 不適切なコンテンツ(個人情報、アダルト、暴力的など)

詳しくはこちらをご覧ください。

ただし、これらの事実を客観的に証明できなければ、口コミを削除することは難しいといわれています。口コミの削除を申請する場合は確実な証拠を集めて臨みましょう。口コミの削除はGoogleビジネスプロフィールヘルプの「クチコミの削除をリクエストする」から申請できます。

サービスの質を向上させる

悪い口コミを書かれないための根本的な施策は、サービスの質を向上させることです。顧客は不快な思いを吐き出したいときに悪い口コミを書きます。

そのため、顧客満足度を向上させることが、悪い口コミを減らし良い口コミを増やすことにつながります。長期的な信頼を獲得するためにサービスの質を向上させることを忘れないようにしましょう。

丁寧に返信する

悪い口コミには素早く丁寧に返信することが大切です。口コミを投稿した本人であれば、口コミは修正できます。そのため、こちらの気持ちが伝われば、顧客は口コミの内容を変更してくれる可能性があります。謝罪文に必要な内容は以下の4つです。

  • 誠実な謝罪
  • 苦情に対する共感
  • ミスの原因
  • 今後の解決策

定型文のような表面的なものではなく、顧客の気持ちに寄り添い具体的で簡潔な内容にするとよいでしょう。

口コミへの返信例
この度は、当店スタッフの対応により不快な思いをさせてしまい心よりお詫び申し上げます。ご指摘いただいたご意見を踏まえ、担当スタッフには厳重に注意いたしました。今後このようなことが二度と起こらないよう、スタッフ一同細心の注意を払う所存でございます。何卒ご容赦のほどお願い申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。

良い口コミを増やす

MEO対策として意識して良い口コミを集めることが大切です。しかし、顧客はサービスに満足していても、よほどの感動がない限り口コミを投稿してくれません。

一方、悪い口コミは感情的に投稿されやすい上、同調効果により悪い口コミが悪い口コミを呼ぶ傾向にあります。そのような悪循環を避けるためにも、顧客の良い口コミを意識的に増やす対策が必要です。また、良い口コミが多ければ多いほど悪い口コミは書きづらくなるため、結果的に悪い口コミの減少につながります。

弁護士に相談する

悪意ある虚偽の口コミが書かれてしまった場合は、弁護士に相談してみるのも一案です。調査して虚偽である証拠が見つかればGoogleで削除してもらえる可能性があります。口コミ削除の弁護士への依頼費用の相場は以下のとおりです。

着手金 5〜20万円
口コミ削除成功報酬 15〜20万円

状況によってはかかった費用を相手先に請求できることもあります。まずは弁護士に相談して見積もりを取り、費用対効果を考慮して検討しましょう。

MEO対策業者を選ぶ3つの基準

MEO対策は自分でもできますが、社内にGoogleマップの口コミを管理する担当者がいない場合は業者に依頼しましょう。ここでは、MEO対策業者を選ぶ基準を3つ紹介します。

  • 対面で相談できる
  • SEO対策やSNSなどトータルで提案してもらえる
  • 契約期間の縛りがない

SEOやSNSなどトータルで提案してもらえる

MEO対策だけでなく、SEO対策やSNSなどトータルで最適なものを提案してもらえる業者がおすすめです。口コミ対策だけでなく包括的にMEO対策が可能であれば、集客をさらに促進できます。インターネット集客に関わる施策には以下のようなものがあります。

  • SEO対策
  • SNS運用
  • LINE公式アカウント
  • ホームページ制作

これらを掛け算していくことで、店舗の集客力は上がっていきます。業者に相談するなら、どんな施策に対応できるか合わせて確認しましょう。

対面で相談できる

対面で相談できる業者であれば、実際に来店し目の前でサービス内容を見てこちらの事情を深く理解してもらえます。

また、顔を合わせて会話することで細かい認識も擦り合わせやすいといったメリットもあります。このような業者であれば、同じ方向を向く戦略パートナーとして効果的に施策を進めていけるでしょう。

契約期間の縛りがない

はじめてMEO対策を依頼するときには、契約期間の縛りがない業者が安心です。契約したものの、思ったほどの効果がなかったり担当者に不満があったりといったこともあるでしょう。

しかし、一括契約の場合や月額契約でも最低契約期間が決まっている場合は、解約できず一定のコストがかかり続けてしまいます。その点、いつでも解約可能な業者であれば、まとまった予算も必要なく、その都度気軽に相談できます。

MEO対策や口コミに関するよくある質問

MEO対策や口コミに関するよくある以下の質問にお答えします。

  • MEO対策とSEO対策の違いはなんですか?
  • Googleの口コミは誰が書いたかわかりますか?
  • 口コミを増やす以外のMEO対策はありますか?

MEO対策とSEO対策の違いはなんですか?

MEO対策とSEO対策は、対策対象が異なります。

MEO対策 Googleビジネスプロフィール
SEO対策 自社サイト

GoogleビジネスプロフィールとはGoogleが提供する情報管理ツールのことで、店舗があれば誰でも無料で登録できます。MEO対策ではGoogleマップの検索上位を目指し、SEO対策では自社サイトを作成しGoogle検索で上位を目指します。MEO対策とSEO対策の違いについては以下のページで詳しく紹介していますので、ぜひご覧ください。

MEO対策とSEO対策はどう違う?店舗経営者はどちらに力を入れるべきかを徹底解説!

Googleの口コミは誰が書いたかわかりますか?

Googleの口コミは、以下の方法で誰が書いたか特定できます。

  • Googleやプロバイダに開示請求をする
  • 裁判所で開示請求をする

しかし、開示請求をしても正当な理由がなければ認められないことがあります。開示できない場合でも、口コミの内容やタイミングから投稿者を特定できるケースもあります。

口コミを増やす以外のMEO対策はありますか?

口コミを増やす以外のMEO対策は、主に以下のとおりです。

  • プロフィールを充実させる
  • 正確な情報を提供する
  • 写真を追加する
  • 店舗の商品を追加する

MEO対策についてはGoogleのローカル検索結果のランキングを改善する方法として明確に定義されています。詳しくはGoogleビジネスプロフィールヘルプをご覧ください。

まとめ:MEO対策で口コミをもらって集客につなげよう

この記事では、MEO対策への効果が高い口コミを増やし、Googleからの集客力をアップする方法を紹介しました。MEO対策では以下の点が重要なポイントです。

  • MOZ社の調査によると、MEO対策で口コミの評価はGoogleで2番目に大切な要素
  • 口コミを増やすには顧客への声かけや販促物への記載が有効な方法
  • 虚偽の口コミはGoogleからのペナルティの対象
  • 悪い口コミには素早く丁寧に対応
  • 専門の担当者がいない場合は業者への依頼が便利

口コミの募集はMEO対策において大きな効果が期待できます。集客に困っている店舗経営者や店舗オーナーは、ぜひ積極的に口コミを集めてみましょう。とくに、店舗を新規開店したり移転したりした場合は大きくスタートダッシュできる可能性が高まるため、早めのMEO対策がおすすめです。