MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
【図解】Googleビジネスプロフィールの編集方法と手順・ポイントを解説!

Googleビジネスプロフィールは、Googleが提供している無料のビジネスリスティングサービスです。Google検索やGoogleマップで検索した際に表示され、店舗集客には欠かせないビジネスツールといえます。

掲載情報は、オーナー自身で管理できます。情報を最適化していけば、検索上位に表示されたり、Googleマップ経由で集客したりと、売上アップに欠かせません。

この記事では、Googleビジネスプロフィールの編集方法と手順を解説します。画像付きで紹介するので、アカウントの編集方法を知りたい方は参考にしてください。

この記事の目次

Googleビジネスプロフィールを編集する前準備

Googleビジネスプロフィールを編集するためには、前準備が必要です。そのための手順を紹介します。

  • オーナー確認する
  • 管理者を招待する
  • スマホでGoogleマップアプリをダウンロードする

それぞれ順に見ていきましょう。

オーナー確認する

オーナー確認する

最初にGoogleマップからオーナー確認をしましょう。手順は以下のとおりです。

  • Google検索またはGoogleマップで自分のビジネス名と都市名を検索する
  • 対象の店舗パネルをタップする
  • 「ビジネスオーナーですか?」をタップする
  • 「管理を開始する」をタップする
  • 確認方法を選ぶ

確認の申請方法としては、以下があります。

・電話
・テキストメッセージ
・メール
・はがき
・動画
・ライブ動画

それぞれの方法で確認コードを受け取ったのち、「オーナー確認」をクリックし、手順に沿って確認コードを入力しましょう。ハガキの場合は、申請から郵送で確認コードが届くまで2~3週間かかります。

もともとGoogle Search Consoleを使用している場合は、一致するウェブサイトを確認することによってオーナー確認が即座に行える場合があります。

管理者を招待する

Googleビジネスプロフィールは、管理者を招待することで、複数人で編集できます。従業員や外部スタッフにプロフィールの編集を任せたい場合は、管理者として招待しましょう。

手順は下記のとおりです。

  • メニューから[ビジネスプロフィールの設定]>[ユーザーとアクセス権]をクリックする
  • 左上の追加アイコン(+)をクリックする
  • 招待したいユーザーの名前またはメールアドレスを入力する
  • [アクセス]で[オーナー]または[管理者]を選択する
  • [招待]をクリックする

招待されたユーザーが招待を承認したら、すぐに管理者として編集に携われます。

スマホでGoogleマップアプリをダウンロードする

Googleビジネスプロフィールは、スマホのGoogleマップアプリからでも編集できます。アプリをダウンロードして、Googleビジネスプロフィールと同じアカウントでログインすると、メニューの右端にGoogleビジネスプロフィールのアイコンが表示されます。パソコンを立ち上げなくても、スマホで撮影し、スマホでアップロードできるので便利です。

Googleビジネスプロフィールをパソコンで編集する方法

Googleビジネスプロフィールをパソコンで編集する方法

Googleビジネスプロフィールをパソコンで編集する方法を紹介します。

  • Googleマップから編集する
  • Googleビジネスプロフィールから編集する
  • Googleビジネスプロフィールをスマホで編集する方法

加えてスマホで編集する方法も紹介するので参考にしてください。

Googleマップから編集する

Googleマップから編集する

Googleマップから編集する方法は以下のとおりです。

  • Googleマップを開く
  • 画面右上のプロフィール画像を選択する
  • 「自分のビジネスプロフィール」を選択する
  • 編集したいビジネスプロフィールを選択する
  • 「プロフィール編集」から「ビジネス情報を選択する
  • 編集を開始する

スマホのGoogleマップアプリからの編集も可能です。

Googleビジネスプロフィールから編集する

Googleビジネスプロフィールから編集する

Googleビジネスプロフィールから編集する方法は、以下のとおりです。

  • ChromeでGoogleにログインする
  • 右上のGoogleアプリからGoogleビジネスプロフィールをクリックする
  • [プロフィールを編集]>[ビジネス情報]を選択する
  • 変更ごとに[保存]を選択する

Googleアプリから編集するには、Googleビジネスプロフィールで設定したアカウントでログインする必要があります。

ほかにも以下の方法でもGoogleビジネスプロフィールの編集画面にアクセスできます。

  • ビジネスプロフィールマネージャーにアクセスする
  • 対象のアカウントの「プロフィールを表示」を選択する

Googleビジネスプロフィールをスマホで編集する方法

Googleビジネスプロフィールをスマホで編集する方法

Googleビジネスプロフィールをスマホで編集するためには、Googleマップのアプリが必要です。アプリにログインしたアカウントとGoogleビジネスプロフィールで設定したアカウントが同じであれば、メニュー欄右端の「ビジネス」から編集可能です。

  • 複数Googleビジネスプロフィールのアカウントがある場合、[あなたのビジネス]の中から対象のプロフィールをタップする
  • 編集したい項目を選び編集する

Googleビジネスプロフィールで編集できる基礎項目

Googleビジネスプロフィールで編集できる基本項目について解説します。

  • ビジネスの概要
  • 所在地とエリア
  • 営業時間
  • その他

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビジネスの概要

ビジネスの概要

Googleビジネスプロフィールへログインしたら、ビジネスの概要を入力していきましょう。ビジネスの概要では以下について編集します。

項目 詳細
ビジネス名 正式な登録名
ビジネスカテゴリ サービスの内容ではなく事業内容を選択
〇宅配ビザ ×テイクアウト
〇モーテル ×ホテル
〇キャッシングサービス ×銀行、金融
説明 ビジネスの概要を詳しく記述
開業日 西暦で記入
電話番号 店舗やビジネス用の番号を記入
ウェブサイト ホープページがある場合は記入
ソーシャルプロフィール SNSアカウントを登録

ビジネスカテゴリの選択は「事業に何が含まれるか」ではなく「事業がなんであるか」という観点で選択しましょう。事業内容に該当する具体的なカテゴリが見つからない場合は、一般的なカテゴリの中から選びます。

同じビジネス拠点で併設事業がある場合は、プロフィールを2つに分け、2つ目の事業には別の名称を使用しましょう。

所在地とエリア

所在地には、正確な住所を記入します。記入のポイントは以下のとおりです。

・正式な住所だけではビジネスの所在地を特定できない場合のみ、近隣のランドマークや交差点名を入力できる
・バーチャルオフィスの場合はビジネスプロフィールを利用できない
・コワーキングスペースの場合、常駐スタッフが対応できなければ利用できない
・URLやキーワードは記入しない
・番地を含まない住所の場合は地図上でピンを使用して直接指定してもよい

無店舗の場合は、住所項目は空欄にします。ビジネス拠点とサービス提供地域が違う場合は、サービス提供地域のみを指定します。

また、確認用はがきをリクエストしたあとに住所変更した場合は、ビジネスのオーナー確認を再度しましょう。

営業時間

営業時間

営業時間の設定には、通常の営業時間と特別営業時間があります。

  • [プロフィールを編集]を選択する
  • [営業時間]を選択する
  • 編集アイコン[決まった営業時間で営業している]を選択する
  • それぞれの営業日の横にあるチェックボックスをオンにして営業日を選択する
  • 営業時間を設定する
  • 保存を選択する

決まった営業時間がない場合は「営業時間不定で営業している」>保存を選択しましょう。

[ほかの営業時間を追加]では、オンラインサービスでの提供時間や宅配・テイクアウト・注文可能時間など、特別な営業時間をプラスできます。

その他

その他で編集できる内容は以下です。

ビジネス所有者提供情報 オーナーが女性かどうか
サービスオプション ・オンライン予約の有無
・実店舗の営業の有無
・言語サポートの種類
・野外でのサービス提供の有無
バリアフリー ・車いす対応のトイレの有無
・車いす対応の座席の有無
プラン 予約の有無
客層 ・LGBTQフレンドリー
・トランスジェンダー
決済方法 使用可能なクレジットの種類
ウェブサイト設備 男女共用トイレあり

ビジネスのオーナーが女性の場合は、ビジネス所有者提供情報で[オーナーが女性と確認されたビジネス]>[はい」>保存を選択しましょう。

Googleビジネスプロフィールで編集できる他の項目

Googleビジネスプロフィールで編集できるほかの項目について解説します。

  • 口コミを読む・返信する
  • メッセージのやり取りをする
  • 写真を投稿する
  • 商品を編集する
  • サービスを編集する
  • 予約システムを設定する
  • Q&Aに答える
  • 最新情報を追加する
  • レビューを依頼する
  • 広告掲載する
  • パフォーマンスの見方

それぞれ詳しく見ていきましょう。

口コミを読む・返信する

[口コミを読む]から、投稿された口コミを読めます。投稿された口コミに対して返信もできます。口コミが投稿されたら、すぐに「いいね」や返信などでユーザーと交流しましょう。

メッセージのやり取りをする

Googleビジネスプロフィールにはチャット機能があります。ユーザーは、オーナーに直接質問ができ、オーナーはユーザーの疑問にすぐに答えられ、直接的な交流が可能です。ただしメッセージ機能を利用するためには[この機能を使用する]のボタンを押し、機能を開放しましょう。

チャット機能をオンにすると、ビジネスプロフィールに[チャット]ボタンが表示されます。ユーザーからメッセージが送信されると、オーナーのビジネスプロフィールに受信メッセージの通知が届きます。

チャットではユーザーと写真も共有可能です。管理者が複数いる場合、各自が返信できます。返信されたチャット名は、オーナーが返信しても管理者が返信しても、お店やサービス名が表示されます。

写真を投稿する

写真を投稿する

[写真]から、サービス内容の写真や動画が投稿できます。以下のような写真を投稿すると効果的です。

  • カバー写真
  • ロゴ写真
  • 商品
  • スタッフ
  • サービス提供の様子がわかる写真や動画
  • 店舗までの道順を示した動画

写真や動画を定期的に投稿すると、Googleに評価されやすくなります。週に1~2回投稿すると効果的ともいわれていますが、同じ画像を何度も投稿するのはかえってマイナス評価になる場合も。また、一度に何十枚もアップするのではなく、適切な枚数を継続的に投稿する方が効果的でしょう。

商品を編集する

[商品を編集]で商品の画像や動画を投稿しておけば、Googleマップから商品情報を閲覧してもらえます。ホームページを経由しなくても、自社の商品を紹介でき、ユーザーの手間を省けます。ユーザーは、Googleマップで検索したついでに、商品内容や価格もチェックできるため、納得したうえで来店してもらえるでしょう。

サービスを編集

提供するサービスの内容、説明、価格を投稿できます。Google検索された際に、そのサービスがハイライト表示される場合もあるので、内容を充実させておきましょう。レストランなど飲食店の場合は、[サービス]ではなく[メニュー]の編集機能がプラスされます。

おもに次の項目を入力できます。

  • セクション名(メニューにおけるタブ)
  • アイテム名(商品名・サービス名・料理名)
  • アイテムの価格(書かなくても登録可)
  • アイテムの説明(書かなくても登録可)

セクション名やアイテム名は最大140字、アイテム説明は最大300字まで登録できます。

サービス一覧の事業内容が複数のカテゴリにわたる場合は、[別の業種を追加]ボタンから適切なカテゴリを追加しましょう。

予約システムを設定する

Googleビジネスプロフィールとサードパーティを連携させれば、Googleビジネスプロフィールから直接予約が可能です。空き状況の確認も可能なため、ユーザーが店に問い合わせする手間が省けます。

提携業者は、「Googleで予約」のパートナーページで確認できます。提携するプロバイダに登録したのち[予約]からリンクを埋め込みましょう。

Q&Aに答える

顧客と交流するためにユーザーからの質問に積極的に回答しましょう。ビジネスオーナーは、質問に直接回答できます。

Google検索の場合

  • 検索で表示された情報カードの[質問と回答]をタップ
  • [質問を表示]をタップ
  • 質問の下にある[回答]をタップ

Googleマップの場合

  • アプリを開く
  • 検索し場所の名前をタップ
  • [質問と回答]の下の[質問を表示]をタップ
  • 質問の横にある[答える]をタップ

質問に回答すると、質問をしたユーザーに通知が届きます。

最新情報を追加する

最新情報を追加する

[最新情報を追加]から投稿できる内容は以下のとおりです。

  • 最新情報
  • 特典
  • イベント

プレスリリース的に利用でき、リンクボタンも設置できます。ボタンの種類は以下から選べます。

  • なし
  • 予約
  • オンライン注文
  • 購入
  • 詳細
  • 登録

写真や動画とともに1,500字分の説明も投稿できます。

レビューを依頼する

レビューを依頼する

総務省の調査によれば、ユーザーの6割以上がネットの口コミを参考にサービスを選択しています。民間調査でも、7割がGoogleの口コミを参考にしている結果となっています。

口コミを強要したり、金銭と引き換えに依頼したりといった行為は禁止されていますが、口コミを促す行為はGoogleのポリシー違反ではありません。

口コミ投稿を促すために、Googleビジネスプロフィールの[レビューを依頼する]から、口コミ投稿ページへのリンクを発行しましょう。QRコードを作成して、店内やレジ横にポスターを貼ったり、公式LINEやメルマガにリンク掲載したりできます。

広告掲載する

[広告掲載する]からGoogle広告が利用できます。利用すれば、Googleビジネスプロフィールに登録している住所から一定距離にいるユーザーの検索結果に表示させられます。

利用するためには、Google広告へのログインが必要です。Google広告へログイン後、管理画面から[広告と広告表示オプション]から、[同期しているビジネス情報]で対象のGoogleビジネスプロフィールのアカウントを選択しましょう。

パフォーマンスの見方

パフォーマンスの見方

パフォーマンスでは以下のデータを確認できます。

  • 検索デバイスの種類
  • 検索キーワード
  • 通話数
  • メッセージ数
  • 予約数
  • ルート検索数
  • ウェブサイトのクリック数

スマホから閲覧している人が多ければ、スマホで見やすい投稿を増やすなど、投稿の参考にしましょう。

業種によって編集できる項目

業種によって編集できる項目

上記で解説した、商品・サービス・予約以外に業種によって編集できる項目が追加されます。それが以下のとおりです。

  • メニュー
  • 料理の注文
  • 順番待ちリスト

それぞれ詳しく見ていきましょう。

メニュー

[サービスの編集]で、カフェやレストランなど飲食店を選択すると[メニューの編集]ができるようになります。

  • セクション
  • アイテム名
  • 価格
  • 説明
  • 写真

[セクション]には、「前菜」「ドリンク」「デザート」などカテゴリを入力し、アイテム名に個別のメニューを入力していきましょう。任意で「ベジタリアン」「ビーガン」への対応可能かを選べます。

料理の注文

[オンライン注文]の機能を使えば、サードパーティ経由でオンライン注文が可能です。[デリバリー&テイクアウト]を選択し、オプションの一覧からプロバイダまたはリンクを選択しましょう。[優先に設定]を選択すれば、注文オプションを「店舗受取り」または「宅配」をメインにできます。

順番待ちリスト

[順番待ちリスト]の機能は、レストランビジネスのみで利用できます。機能利用のためには[Googleで予約]のサードパーティに登録しましょう。

Googleビジネスプロフィールを編集する時のポイント

Googleビジネスプロフィールを編集するときのポイントを以下の3つにまとめました。

  • 必要事項をすべて入力する
  • 顧客のニーズに合わせた情報を掲載する
  • 写真や動画を多めに掲載する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

必要事項をすべて入力する

必要事項をすべて入力する

Googleビジネスプロフィールを表示すると「プロフィールの強度」が確認できます。パーセンテージで表示されており、100%にちかづくための対策方法も提示されています。

具体的な例は、以下のような提案です。

・掲載情報を増やそう
・広告を利用しよう
・ほかのGoogleサービスと連携しよう

対応可能な項目があれば、100%に近くなるよう入力していきましょう。

顧客のニーズに合わせた情報を掲載する

ダッシュボードの[パフォーマンスを見る]から、ユーザーの属性や検索キーワードなどが確認できます。そのデータをもとに、ユーザーに合う内容を掲載していきましょう。さらに、来店した顧客からアンケートを取り、その内容を反映した投稿もおすすめです。

写真や動画を多めに掲載する

写真や動画は、多めに投稿することをおすすめします。その理由は、ユーザーが検索した際に表示される写真や動画は、Googleのアルゴリズムによって自動選別されるためです。

店舗側で表示させたい写真や動画を選別できないため、すべての顧客にとって魅力あるものを用意しておく必要があります。カバー写真を登録できますが、毎回かならず表示されるわけではないことも知っておきましょう。

Googleビジネスプロフィールの編集に関するよくある質問

Googleビジネスプロフィールの編集に関するよくある質問を集めました。

  • ビジネス名を編集・変更できますか?
  • Googleビジネスプロフィールの編集はいつ反映される?
  • Googleビジネスプロフィールの編集ができない場合はどうすればいい?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビジネス名を編集・変更できますか?

Googleビジネスプロフィールのビジネス名は、[プロフィールを編集]から変更可能です。

  • Googleビジネスプロフィールマネージャーにログインする
  • 検索結果画面の「プロフィールを編集」を選択する
  • 「ビジネス名」セクションをクリックし、新しいビジネス名を入力する
  • 「適用」または「変更を保存」をクリックする

注意点としては、ビジネス名は正式な名称としましょう。地域名やキーワードを入れるのはガイドライン違反となります。

Googleビジネスプロフィールの編集はいつ反映される?

変更を保存後、Googleのローカルガイドラインに沿っているかどうかを審査します。その結果「承認済」「審査待ち」「不承認」のいずれかに該当されます。反映までの時間は、決まっておらず、場合によっては時間がかかることもあります。

Googleビジネスプロフィールの編集ができない場合はどうすればいい?

Googleビジネスプロフィールの編集ができない場合は、以下のケースが考えられます。

・ネット回線の不具合
・規制による一時的な制限
・ガイドライン違反

ネットによる回線不具合の場合は、回線の復旧を待って再度トライしてみましょう。スマホのGoogleマップアプリでも編集ができるため、ネット環境の良い場所に移動し、スマホで編集も可能です。

投稿内容がガイドライン違反だった場合は、コンテンツの表示やプロフィールへのアクセスが制限されることもあります。最悪の場合は、アカウント停止となるケースも。

停止された場合「Googleビジネスプロフィールでのローカルビジネスの回復リクエスト」より回復のリクエストを送信します。リクエストの際には、ビジネス名や住所が記載された営業許可所や公共料金の請求書などのアップロードが必要です。

まとめ|Googleビジネスプロフィールを編集して効果的に集客しよう

Google検索やGoogleマップからの集客には、Googleビジネスプロフィールへの魅力的な投稿が重要です。この記事を参考に、Googleビジネスプロフィールを編集して、集客へ役立ててください。