MEO対策代行・Googleマップでの集客サービス

MEO対策・店舗集客
Googleビジネスプロフィールマネージャーとは?10店舗以上の管理に便利!

Googleビジネスプロフィール マネージャーとは、複数のGoogleビジネスプロフィール(GBP)をまとめて管理できるツールです。パソコンとスマホどちらからでも無料で利用できます。

この記事では、Googleビジネスプロフィールマネージャーについて詳しく解説します。複数ビジネスを展開しているオーナー様は、ぜひ参考にしてください。

Googleビジネスプロフィールマネージャーへのログイン方法

Googleビジネスプロフィールマネージャーへのログイン方法について、パソコンからとスマホからの2パターンを紹介します。

パソコンからログインする

パソコンからGoogleビジネスプロフィールマネージャーへログインする手順は以下です。

パソコンからログインする
パソコンからログインする2
  • Chromeにログインする
  • アイコン横のメニューをクリックする
  • アプリの中からビジネスプロフィールマネージャーをクリックする
  • 管理したいアカウントを選ぶ

Googleビジネスプロフィールマネージャーでは、登録した店舗がリストで並んでいます。その中から編集したい店舗アカウントを選びましょう。リストをクリックすると個別のGoogleビジネスプロフィールの編集画面が表示されます。

スマートフォンからログインする

スマートフォンからGoogleビジネスプロフィールマネージャーへログインするには、Googleマップアプリを使用します。

スマートフォンからログインする
  • Googleマップのアプリを開き、メニュー右のGoogleビジネスプロフィールマネージャーをタップする
  • 別マーク下の「▼」をタップする
  • 「ビジネス情報」から編集したいビジネスをタップする

スマートフォンからでも編集できるので、スマートフォンで撮影した写真や動画をそのままアップできます。

Googleビジネスプロフィールマネージャーのメリット

Googleビジネスプロフィールマネージャーのメリットは、以下のとおりです。

  • 複数のビジネスプロフィールを一括登録・管理
  • 作業効率の向上

それぞれ詳しく見ていきましょう。

複数のビジネスプロフィールを一括登録・管理

ひとつのビジネスプロフィールマネージャー上で、複数のビジネスプロフィールを一括で登録および管理できます。注意点としては、ログインするGoogleアカウントを統一することです。同じアカウントで登録していない場合は、その都度、ログアウト・ログインが必要となります。また10店舗以上ある場合は、ファイルをアップロードすることで一括登録とオーナー確認が可能です。

作業効率の向上

Googleビジネスプロフィールマネージャーでは、複数のビジネスプロフィールがリストでまとめられています。ビジネスプロフィールの編集をする場合でも、毎回ログイン・ログアウトをすることなく、ひとつのGoogleビジネスプロフィールマネージャーのなかで編集が可能です。スプレッドシートを利用して一括登録もできます。

Googleビジネスプロフィールを一括管理する条件

Googleビジネスプロフィールを一括管理する条件

複数店舗を一括管理する際には、一定の条件があります。それが下記のとおりです。

  • ビジネスと同じドメインのメールアドレスである
  • 10以上の店舗数がある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

ビジネスと同じドメインのメールアドレスである

Googleビジネスプロフィールに登録するメールアドレスは、ドメインと同じアドレスにしましょう。例えば、ビジネスのサイトがwww.example.com の場合、同じドメインのメールアドレスは you@example.com のようになります。メールアドレスがビジネスのドメインと異なる場合は、オーナー確認に時間がかかり、公開手続きが遅れる可能性もあるので注意が必要です。

10以上の店舗数がある

ビジネス拠点が10以上ある場合は、一括で追加・オーナー確認・管理が可能です。もし10以下であれば、ひとつひとつオーナー確認をしましょう。Googleビジネスプロフィールマネージャーで一括管理が便利なのは、以下のようなケースです。

  • フランチャイズチェーン
  • 複数店舗を持つオーナー
  • 複数ブランドを持つ企業

テンプレートを利用すれば、ビジネス情報を一括で登録できます。

ビジネス情報を一括でアップロードする方法

ビジネス情報を一括でアップロードするには、一括アップロード用のスプレッドシートを作成するのがおすすめです。

その手順は以下のとおりです。

  • Googleビジネスプロフィールマネージャーにログインする
  • 右上の [ビジネス情報を追加] をクリックする
  • プルダウンメニューで [プロフィールをインポート] をクリックする
  • スプレッドシートに各項目を入力する
  • ビジネス情報をアップロードする

それぞれ順に見ていきましょう。

テンプレートをダウンロードする

テンプレートをダウンロードする

Googleビジネスプロフィールマネージャーの右上「ビジネス情報を追加」をクリックし「ビジネス情報をインポートする」をクリックします。

テンプレートをダウンロードする2

次にテンプレートをダウンロードします。テンプレートは、ExcelファイルとCSVファイルから選べます。選べるファイルは3種類あるため、以下の中から選びましょう。

・テンプレート
・サンプルスプレッドシート
・属性に関する資料を含むスプレッドシート

テンプレートをダウンロードしたあとは、項目に沿って入力していきます。インポートファイルの作成方法の説明も参考にするとよいでしょう。

ファイルをアップロードする

ファイルをアップロードする

テンプレートに入力したら「ファイルを選択」からアップロードしましょう。

オーナー確認をする

ビジネス情報をアップロードしただけでは、情報は公開されません。表示されるためには、オーナー確認が必要です。一括登録したあとは、オーナー確認をしましょう。

オーナーの一括登録は、Googleビジネスプロフィールの左メニューから「許認可」を選択肢「チェーン」をクリックします。さらに表示される項目を入力後に「確認をリクエスト」を押しましょう。オーナー確認には1~2週間程度かかることがあります。

Googleビジネスプロフィールマネージャーで一括アップロードできる項目

Googleビジネスプロフィールマネージャーから、一括アップロードできる項目は以下です。

  • ビジネス名
  • 緯度・経度
  • 国または地域
  • 住所
  • 郵便番号
  • 地域区分
  • 行政区分
  • 電話番号
  • ウェブサイト
  • メインカテゴリ
  • 追加カテゴリ
  • 曜日別営業時間
  • ビジネス情報
  • 開業日
  • ロゴ写真
  • カバー写真
  • その他の写真
  • ラベル
  • AdWords

以上の項目を一括アップロードできるので、10店舗以上を展開する方にとって、かなり作業時間を節約できます。

一括管理にはAPIを利用する方法もある

Googleビジネスプロフィールマネージャーを利用して一括登録は可能ですが、一括管理はできません。一括管理するには、GoogleビジネスプロフィールAPIを利用する方法もあります。APIを利用すれば、Googleビジネスプロフィールの管理画面にアクセスしなくても、新しい口コミや位置情報の更新のアラートを受け取ったり、ビジネス拠点やビジネス情報の更新・管理・追跡したりできます。ただし、利用申請が必要で、一定以上の機能を利用する場合は有料となります。

Googleビジネスプロフィールマネージャーに関するよくある質問

Googleビジネスプロフィールマネージャーに関する、よくある質問を集めました。

  • Googleビジネスプロフィールに複数店舗を一括で登録できる?
  • Googleビジネスプロフィールマネージャーの利用には費用がかかる?

それぞれ詳しく見ていきましょう。

Googleビジネスプロフィールに複数店舗を一括で登録できる?

一括登録する場合の条件は、10店舗以上であることです。10店舗以下の場合は、1つずつ登録していきましょう。

また、一括登録できるのは以下の3つです。

  • ビジネスプロフィール登録
  • オーナー登録
  • ユーザー権限付与

登録後の運用については一括ではできないため、アカウント別の管理者を設定して、手分けして管理するとよいでしょう。

Googleビジネスプロフィールマネージャーの利用には費用がかかる?

Googleビジネスプロフィールマネージャーの利用は無料です。そもそもGoogleビジネスプロフィール自体が登録・運用無料のGoogleのサービスです。ただし、積極的に運用したい方で、次のようなケースは有料となる場合があります。

  • 外部の専門業者に運用を依頼する
  • Google広告を利用する
  • 360度パノラマ写真を依頼する
  • サードパーティ機能を導入する

まずは無料で基本的な機能を使い、予算に合わせて便利なサービスを利用するとよいでしょう。

まとめ:複数店舗でビジネス展開している場合はGoogleビジネスプロフィールマネージャーを利用しよう

この記事では、Googleビジネスプロフィールマネージャーの使い方について解説しました。もともとGoogleビジネスプロフィールのアカウントを持つと、自動的にGoogleビジネスプロフィールマネージャーを利用することとなります。

アカウント別にログインする必要がなく、パソコンであればリストから選ぶだけ、スマホの場合はタブで選択するだけで切り替えができます。また、10店舗以上を展開する場合は、一括登録が可能です。無料で運用できる範囲が広いので、GoogleビジネスプロフィールおよびGoogleビジネスプロフィールマネージャーを積極的に利用しましょう。