MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
Googleマップからお店・店舗情報を削除・非表示にする方法|5つの注意点も紹介!

「悪い口コミがついたのでGoogleマップからお店を削除したい」や「会員制の店舗なのでGoogleマップに表示したくない」など。Googleマップから、店舗情報を削除する方法を探している方もいるでしょう。

この記事では、Googleマップからお店を削除する方法を解説します。さらに、削除すべきケース・削除すべきでないケースから、5つの注意点までピックアップします。Webの専門知識がない方でも理解できるように説明するので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事の目次

Googleマップの店舗情報は営業している限り削除できない

「悪い口コミをつけられたので店舗情報を新しくしたい」または「会員制なのでお店の情報を公開したくない」と考えているオーナーもいるかもしれません。しかし、Googleマップの店舗情報は、営業している限り削除できません。

Googleマップに店舗を表示させるには、Googleビジネスプロフィールに情報を登録する必要があります。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが無料で提供する店舗管理ツールのこと。Googleビジネスプロフィールにおけるアカウントを削除しても、店舗は表示され続けるので注意してください。

口コミのみを非表示にすることも不可能なので、高評価の口コミを集める工夫が大切です。参考として、よい口コミの集め方をいくつかご紹介しましょう。

  • お客さまの満足度を高める
  • 質のよいサービスを提供する
  • 悪い口コミを分析して今後に活かす
  • メールやPOPで口コミ投稿を促す

Googleの規約に違反する口コミは、Googleに削除を依頼できます。削除依頼の詳しい手順は「Googleマップにて口コミを削除依頼する方法」にて解説します。

Googleマップにて店舗を削除すべきケース

Googleマップにて店舗を削除すべきケース

Googleマップにて店舗を削除すべきケースを、3つピックアップしました。

  • 閉店・廃業する場合
  • お店を重複して登録している場合
  • 業種を変更する場合

逆に削除すべきでない場合は「Googleマップにて店舗を削除すべきでないケース」にてご紹介します。それでは、ひとつずつ見ていきます。

閉店・廃業する場合

閉店・廃業する場合は、Googleマップの店舗を削除したほうがよいです。Googleマップの店舗情報を変更しなければ、お客さまが営業中と勘違いして来店する可能性があります。

お客さまの混乱を防ぐため、閉店した際はまず「閉業」マークをつけ、Googleマップから店舗を削除しましょう。削除する方法は「Googleマップにて店舗を削除する手順」を参考にしてみてください。

お店を重複して登録している場合

「すでにお店を登録しているのに、間違えて再度お店を登録してしまった」というケースは少なくありません。Googleマップにお店が重複して存在していると、お客さまは「どちらが正しい情報なのか?」と疑問を持ってしまいます。

お店を2つ登録していると、せっかく投稿された口コミや写真が分散される恐れも。検索ユーザーにわかりやすく店舗情報を伝えるために、重複した店舗情報は削除しましょう。対処方法は「重複した店舗を削除する手順」にて説明します。

業種を変更する場合

ビジネス業種が変わるときは、Googleマップのお店を削除してください。そして、新たなビジネスのためにアカウントを作り直し、再度Googleマップにお店を登録します。前の業種のアカウントを利用すると、口コミなどの情報が残ったままになります。

たとえば、カフェから雑貨屋に業種変更した場合で考えてみましょう。「ケーキが美味しかったです」や「ランチがお得でした」という口コミを見た方は、「このお店は本当に雑貨屋なのか?」と混乱しますよね。お店の情報がわかりにくければ、来店機会を逃すかもしれません。

Googleマップにて店舗を削除する手順

Googleマップにて店舗を削除する手順をご紹介します。

  • Googleビジネスプロフィールにて閉業マークを付ける
  • Googleマップから削除申請をする
  • リスティングを削除する

削除の仕方を知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

Googleビジネスプロフィールにて閉業マークを付ける

Googleマップの店舗情報は、Googleビジネスプロフィールにて管理します。まずは、Googleビジネスプロフィールにて、次の手順で閉業マークを付けましょう。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「閉業」を選択する
  • 「保存」を選択する

上記の対応が完了すると、Googleマップでお店を検索する際に「閉業」ラベルが表示されるようになります。

Googleマップから削除申請をする

次はGoogleマップからの対応法をご紹介します。Googleビジネスプロフィールの管理者でない方でも、削除申請できる方法です。

  • Googleマップ上でお店を検索する
  • 「情報の修正を提案」を選択する
  • 「休業、閉業、または削除」を選択する
  • 「閉業している」を選択する
  • 内容確認して送信ボタンを押す

上記の手順では、閉業以外にも次のような情報修正が行えます。

  • 臨時休業
  • この場所には存在しない
  • 他の場所と重複
  • 不適切、有害、誤解を招く
  • 一般に公開されていない
  • 新しい場所に移転している

削除申請が反映されるには、約2週間〜3ヶ月かかるといわれています。

リスティングを削除する

Googleビジネスプロフィールにおけるリスティングとは、Google検索やGoogleマップを通じて、検索者に自店舗の情報を提供するサービスです。Googleマップからお店を削除するために、リスティングを削除しましょう。

リスティングの削除手順をご紹介します。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」を選択する
  • リスティング削除に関する注意点を確認する
  • 「削除」ボタンを押す

リスティング削除がGoogleマップに反映されるまでには時間がかかります。反映までの期間中ユーザーに誤解を与えないため、最初に「閉業」マークを付ける必要があるのです。

一度リスティングを削除すると、店舗情報を復元することは不可能です。リスティングを削除して問題ないのか、慎重に検討してから対応してください。

重複した店舗情報を削除する方法

重複した店舗情報を削除する方法は、主に2つあります。

【一般ユーザーがGoogleマップから削除する方法】

  • Googleマップ上でお店を検索する
  • 「情報の修正を提案」を選択する
  • 「休業、閉業、または削除」を選択する
  • 「他の場所と重複」を選択する
  • 内容確認して送信ボタンを押す

【アカウントオーナーがGoogleマップから削除する方法】

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「Google上でこのビジネスを休業または閉業する」を選択する
  • リスティング削除に関する注意点を確認する
  • 「削除」ボタンを押す

上記手順を参考にして、店舗情報を統一しましょう。

Googleマップにて店舗を削除すべきでないケース

Googleマップにて店舗を削除すべきでないケースは、次の通りです。

  • 住所や店舗名を変更する場合
  • オーナーを変更する場合
  • 一時的に休業する場合

削除しなくてよい理由や、具体的な対処法を説明します。

住所や店舗名を変更する場合

住所や店舗名を変更する際に、Googleマップ上のお店を削除する必要はありません。住所・店舗名の変更方法は、以下の通りです。

【住所を変更する方法】

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「所在地とエリア」「ビジネス所在地」の編集アイコンを選択する
  • 変更先の住所の入力する
  • 「保存」をクリックする

【店舗名を変更する方法】

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「ビジネス名」の編集アイコンを選択する
  • 新しい店舗名を入力する
  • 「適用」をクリックする

新しく入力した内容がGoogleマップに表示されるので、間違いがないように見直してください。

オーナーを変更する場合

「別の方をオーナーにしたい」や「現在のオーナーと連絡がつかない」といった場合でも、オーナーを変更して現在のアカウントを運用可能です。オーナー権限を譲渡する流れをご紹介します。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • メニュー画面から「ユーザー」を選択する
  • 新たなオーナーを選択する
  • 「メインオーナー」を選択する
  • 「譲渡」を選択する
  • 「完了」を選択する

Googleビジネスプロフィールでは、メインのオーナーだからこそ編集可能な部分があるので、権限の所在を明確にすることが重要です。

一時的に休業する場合

一時的に休業するならば、「休業」マークをつけるのがおすすめ。一度アカウントを削除すると、それまでに投稿された写真や口コミは復元不可能です。つまり、営業再開時には、店舗情報をゼロから作成しなければいけません。

休業マークをつける方法は、次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「臨時休業」を選択する
  • 「保存」を選択する

営業を再開する際は、休業マークをつけたのと同様の手順で「営業中」を選択します。この方法であれば、休業前の店舗情報を引き継ぐことができます。

Googleマップにて店舗を削除するときの注意点5つ

Googleマップにて店舗を削除するときの注意点5つ

Googleマップにて店舗を削除するときの注意点を、5つピックアップしました。

  • Googleビジネスプロフィールのみ削除すると第三者に勝手に編集される可能性がある
  • 削除ではなく休業とする選択肢もある
  • リスティングを削除できるのはオーナーのみ
  • 完全に削除されるまでには時間がかかる
  • 削除したアカウントは復旧できない

以下で、詳しく見ていきます。

Googleビジネスプロフィールのみ削除すると第三者に勝手に編集される可能性がある

Googleビジネスプロフィールにおけるアカウントのみ削除すると、管理者不在の状態でGoogleマップにお店が表示されます。営業時間を編集されたり、オーナーを装って口コミに返信されたり……。第三者によって、店舗情報を勝手に編集される可能性がある危険な状態です。

このような状態を防ぐために「Googleマップにて店舗を削除する手順」でご紹介した手順に沿って、正しく対応しましょう。

削除ではなく休業とする選択肢もある

Googleマップでは閉業以外にも、臨時休業と表示する設定もあります。「将来的に営業を再開する可能性がある」という場合は、臨時休業に設定するほうがよいです。営業再開時には、現在のアカウントをそのまま活用できます。

ただし、Googleマップ上で休業となっていても、営業状況を見落とすお客さまもいます。お客さまに迷惑がかからないように

・休業の旨を張り紙する
・ホームページで休業をお知らせする
・休業の詳細を記した写真を投稿する
・SNSで休業をお知らせする

上記の方法で、アナウンスすることが大切です。

リスティングを削除できるのはオーナーのみ

リスティングを削除できるのはオーナーに限られます。オーナー権限のないユーザーは、Googleマップ上から修正提案をして、Googleから承認されなければいけません。

オーナー権限があるほうが、スムーズにGoogleマップの情報を編集可能です。オーナー権限を持つ方が退職するときは、必ず権限を譲渡してください。

完全に削除されるまでには時間がかかる

リスティングの削除申請をしても、完全にGoogleマップから削除されるまでには時間がかかります。短ければ1週間、長ければ1年ほどかかるケースも。「削除したはずなのに、まだGoogleマップに表示されている……」と焦らず、情報の反映を待ちましょう。

Googleマップに反映されるまでの期間に、お客さまが来店しないような工夫が求められます。例としては、SNSやホームページにて閉店・廃業をお知らせする、などの方法が挙げられます。

削除したアカウントは復旧できない

リスティング削除後は、アカウントを復旧できません。口コミや写真、メニュー表、広告の履歴など……すべてのコンテンツが消えてしまいます。一度行うと取り消せない操作のため、アカウント削除は慎重に検討してください。

「アカウントを削除したけれど、再度Googleマップにお店を登録したい」という場合は、あらためてビジネス情報を登録します。ゼロから情報を入力していくので、時間と手間がかかってしまうのです。

Googleマップで非表示にできる店舗情報

「会員制なので店舗情報を非表示にしたい」という方もいるでしょう。Googleマップで非表示にできる店舗情報は、次の3種類です。

  • 住所
  • 電話番号
  • 写真

ひとつずつ解説していきます。

住所

非店舗型ビジネス・ハイブリッド型ビジネスの場合に限り、Googleマップ上の店舗住所を非表示にできます。

具体的には、訪問介護や出張マッサージ、デリバリー業などが該当します。なお、ハイブリッド型ビジネスとは、イートインと宅配の両方に対応しているサービスです。

電話番号

電話番号もGoogleマップで非表示にできる店舗情報のひとつ。会員制のクラブやバーにおすすめの方法です。

一般的なビジネスの場合、電話番号を公開するほうが利用客を集められます。電話番号が非公開だと問い合わせの手段が限定され、集客の機会を逃すからです。

写真

住所や電話番号と同様、写真もGoogleマップにて非表示にできます。Googleマップ上の写真は「ユーザーによって投稿されたもの」と「オーナーによって投稿されたもの」の2種類です。店舗側で非公開にできるのは、オーナーが投稿した写真に限ります。

基本的に、ユーザーが投稿した写真は削除できません。削除できるのは、写真がGoogleのポリシーに違反した場合のみです。たとえば、Googleが禁止する次のようなコンテンツを含む写真は、削除をリクエストできます。

  • なりすまし
  • 誤った情報
  • ハラスメント
  • ヘイトスピーチ
  • 不適切なコンテンツ
  • 個人情報
  • 暴力的または残虐なコンテンツ

Googleマップで店舗情報を一部非表示にする方法

Googleマップで店舗情報を一部非表示にする方法

Googleマップで店舗情報を一部非表示にする方法をご紹介しましょう。

  • 住所の場合
  • 電話番号の場合
  • 写真の場合

各情報について、細かく手順を説明します。

住所の場合

Googleマップでお店の住所を非表示にする方法は、次の通りです。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「住所をクリア」を選択する
  • 「適用」をクリックする

上記の手順が完了すれば、店舗の住所は非公開となります。

電話番号の場合

電話番号を非公開にする手順をご紹介しましょう。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「ビジネス プロフィールの設定」を選択する
  • 「詳細設定」を選択する
  • 電話番号の欄で「表示しない」をオフにする

ただし、電話番号が完全に非公開になるには、最長で60日ほどかかります。

写真の場合

「誤って個人的な写真をアップロードしてしまった」または「提供終了したメニューの写真を削除したい」といった理由から、写真を削除したい方もいるのでは。

  • 削除したい写真を選択する
  • 右上のゴミ箱マークを選択する
  • 「削除」をクリックする

その場合、上記の手順で投稿した写真を削除できます。

Googleマップにて口コミを削除依頼する方法

Googleの規約に違反する口コミは削除依頼が可能です。ただし、「お店に対して否定的だから」という理由では、削除を依頼できません。口コミ削除を依頼する方法は、次の通りです。

  • 削除依頼する口コミを見つける
  • 「その他」のアイコンにて「クチコミを報告」を選択する
  • 報告する違反の種類を選択する

Googleマップの口コミは、投稿者・返信者以外もやり取りを閲覧できます。批判的な口コミにも真摯に対応することで、お店の信頼度を高められます。また、低評価の口コミは、サービスの改善点を見つけるきっかけとなるでしょう。

なお、よい口コミを集めたいからといって、次の行為は規約違反となります。

  • 特典と引き換えに口コミを促す
  • 否定的な口コミを禁止する
  • 自作自演の口コミを投稿する
  • 競合他社の評判を下げるために故意に批判的な口コミを投稿する

Googleマップの口コミは、お客さまとの重要なコミュニケーションツールです。よい口コミを集めて、お店の評価アップを目指しましょう。

Googleマップの店舗削除に関するQ&A

Googleマップの店舗削除に関するQ&Aを、2つピックアップしました。

・Googleマップ削除後にお店を再登録する方法は?
・休業状態から営業を再開するときの対応は?

Googleマップにおけるお店の削除方法について、疑問がある方はご覧ください。

Googleマップ削除後にお店を再登録する方法は?

Googleマップからお店を削除すると、アカウントを再び復元することは不可能です。お店を再登録する場合は、ゼロからアカウントを作り直さなければいけません。Googleビジネスプロフィールにアクセスしてビジネス情報を入力し、オーナー確認を済ませます。

すでにGoogleマップ上に店舗が再登録された状態で、新しくアカウントを作成すると情報が重複してしまいます。複数人で管理する際は、重複して登録しないように注意してください。

休業状態から営業を再開するときの対応は?

休業状態から営業を再開するときは、次の手順で店舗情報を更新します。

  • Googleビジネスプロフィールの管理画面にログインする
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「情報」メニューを選択する
  • 「保存」を選択する

上記対応が完了次第、Googleマップにて「営業中」と表示されているかを確認しましょう。

まとめ:正しい手順でGoogleマップの店舗情報を削除しましょう

Googleマップ上のお店は、営業している限り削除できません。ただし、閉店・廃業する場合や業種を変更する場合、閉業マークを付けた後にGoogleマップから情報を削除する必要があります。Googleマップにて営業中と表示されたままでは、お客さまを混乱させてしまうからです。

Googleビジネスプロフィールのアカウントを削除しても、管理者不在の状態でお店は表示され続けます。リスティングを削除するなど、正しい手順で対応することがポイント。店舗情報を削除するのではなく、休業と表示する選択肢もあります。

注意点として、一度削除したアカウントは復旧不可能です。Googleマップからお店を削除する際は、慎重に検討してから対処しましょう。