MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
【飲食店のMEO対策】Googleマップで集客力アップの5つのポイントを徹底解説

近年では地図検索を使って飲食店を探す方が増えており、飲食店におけるMEO対策の重要性は高まっています。MEO対策は飲食店との相性がよく、うまく対策を施せば来客率アップが見込めるでしょう。

この記事では、飲食店向けにMEO対策の重要性や始め方、注意点を解説します。具体的な例を挙げながらキーワードの選定方法も説明するので、MEO対策に興味のある方はぜひ最後までご覧ください。

  • 飲食店を営んでいる方

この記事の目次

飲食店にてMEO対策が重要な理由

MEO対策とは「Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)」の略称で、Googleマップなどの地図検索において、店舗情報を上位に表示させる施策を指します。地図アプリでの表示順位が上がると、お店の情報が検索者の目に触れる機会が増え、認知度・集客力アップが見込めます。

多くの業種にてMEO対策が注目されていますが、特に飲食店はMEO対策との相性がよいです。MEO対策が重要視される理由は「飲食店を探す手段の変化」が関係しています。

飲食店向けの予約・顧客管理システムを提供する「株式会社TableCheck」の調査結果をご覧ください。「飲食店を検索する際、よく利用する手段をすべてお選びください」という問いに対して、次のような回答結果が得られました。

【2020年】
1位:グルメサイト(78.9%)
2位:Google(78.5%)
3位:知人・友人に聞く(40.3%)
4位:SNS(23.6%)
5位:グルメ情報メディア(17.0%)
6位:検索しない(5.8%)
7位:予約代行サービス(4.9%)
8位:その他(1.2%)

【2022年】
1位:Google(86.1%)
2位:グルメサイト(61.3%)
3位:知人・友人に聞く(31.1%)
4位:SNS(14.5%)
5位:グルメ情報メディア(14.1%)
6位:検索しない(9.5%)
7位:コンシェルジュサービス(3.7%)
8位:その他(0.7%)

上記の結果から、飲食店検索ツールの主流はグルメサイトからGoogleに変化していることが読み取れます。結果として、効果的に認知度を高めるために、MEO対策に取り組む飲食店が増えているのです。

飲食店がMEO対策を行うメリット

飲食店がMEO対策を行うメリット

飲食店がMEO対策を行うメリットを4つご紹介します。

  • Googleマップ経由のお客さまを増やせる
  • 来店確率の高いユーザーにアピールできる
  • 基本的には無料で利用できる
  • 小規模な飲食店でも上位表示を目指せる

ひとつずつ見ていきましょう。

Googleマップ経由のお客さまを増やせる

先ほどご紹介したように、飲食店探しにおけるGoogleマップの重要性は高まっています。Googleマップ経由のお客さまを増やせる点が、飲食店がMEO対策を行うメリットといえるでしょう。

MEO対策を行うには、Googleビジネスプロフィールに店舗の情報を登録する必要があります。Googleビジネスプロフィールとは、Googleが提供する無料の店舗情報管理サービスのこと。Googleビジネスプロフィールに登録した情報は、Google検索・Googleマップ検索の両方の結果に表示されます。

Googleを利用するユーザーは多いため、MEO対策に取り組めば店舗がユーザーの目に触れる機会を増やせられます。

来店確率の高いユーザーにアピールできる

MEO対策に取り組むと「地域名+サービス・業種」で検索した際に上位表示されやすいです。具体的には「なんば 居酒屋」や「三ノ宮 カフェ」などがキーワードの例として挙げられます。

「地域名+サービス・業種」で調べるユーザーは、「今お店を探している」状態の可能性が高いです。来店確率の高いユーザーにアピールできれば、効率的に認知度・集客力アップを図れます。

基本的には無料で利用できる

MEO対策ではGoogleビジネスプロフィールを利用しますが、Googleアカウントを所有していればこの管理ツールを無料で使用可能です。自力でGoogleビジネスプロフィールを登録・運用すればコストはかかりません。

また、MEO対策を外注する場合でも、他の集客方法と比較して低コストで対策できます。ホームページ制作を業者に依頼すると、数十万〜数百万円ほど費用がかかります。対して、MEO対策における外注価格の目安は数万円程度です。

小規模な飲食店でも上位表示を目指せる

MEO対策と比較されることの多いWeb集客法として「SEO対策」が挙げられます。SEO対策とは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、Webサイトの上位表示を目指す施策です。

MEO対策とSEO対策はどちらも有効な集客方法です。しかし、近年では数多くの大手企業がSEO対策を行っているため、小規模な飲食店が上位をねらうには時間とコストがかかってしまいます。競合が少なく低コストなMEO対策のほうが、小規模な飲食店におすすめです。

加えて、MEO対策ではターゲットとするユーザーが絞られます。検索者との距離やキーワードによってGoogleマップの順位は変動するので、これからMEO対策を始める飲食店でも、工夫次第で上位に表示されるチャンスがあります。上位表示される条件については「MEO対策の仕組み」を参考にしてみてください。

飲食店がMEO対策を行うデメリット

飲食店がMEO対策を行うデメリットは、主に2つあります。

  • 批判的な口コミが投稿される可能性がある
  • 店舗情報を登録・更新する手間がかかる

メリットだけでなく、デメリットも踏まえた上で検討しましょう。

批判的な口コミが投稿される可能性がある

Googleビジネスプロフィールには誰でも口コミを投稿できるため、批判的な内容を書きこまれる可能性があります。明らかに悪意のある批判的な口コミは、Googleに削除を依頼できます。ただし「投稿内容が批判的だから」という理由では、削除を依頼できません。

批判的な口コミに対しても、真摯な姿勢で対応することが大切です。肯定的・否定的どちらにも丁寧に返信すれば、誠実なお店としてポジティブな印象を与えられます。

店舗情報を登録・更新する手間がかかる

MEO対策を行うには、Googleビジネスプロフィールの登録と定期的な更新が必須です。たとえば、営業時間に変更があった場合、登録した情報を更新しなければお客さまに迷惑がかかります。店舗情報が長期間更新されていないと、お客さまから「管理が雑なお店」と認識される恐れも。

「自力で店舗情報を登録するのは難しい」または「本業が忙しく定期的に更新する時間はない」という方は外注化を検討しましょう。

【画像つき】飲食店がMEO対策を始める手順

飲食店がMEO対策を始める手順を、画像つきで紹介します。

  • ビジネスプロフィールマネージャーにアクセスする
  • ビジネス名・ビジネスカテゴリを入力する
  • 実店舗の有無を選択する
  • 店舗住所を入力する
  • 出張型サービスがあるかを選択する
  • 電話番号とウェブサイトURLを入力する
  • 「オーナー確認」を済ませる

これらの手順に沿っていけば、Webに詳しくない方でもMEO対策を行えます。

  • ビジネスプロフィールマネージャーにアクセスする

    ビジネスプロフィールマネージャーにアクセスする

    まずはビジネスプロフィールマネージャーにアクセスし、「Googleにビジネス情報を追加」をクリックしましょう。

  • ビジネス名・ビジネスカテゴリを入力する

    ビジネス名・ビジネスカテゴリを入力する

    ここでいうビジネス名とは、店舗の名称またはサービスの名称を指します。入力したビジネス名・ビジネスカテゴリがGoogleマップに表示されるので、記載間違いがないように注意してください。

    ビジネスカテゴリに関して、独自カテゴリの作成はできません。カテゴリを入力するとプルダウンが表示されるので、もっとも近いものを選択します。

  • 実店舗の有無を選択する

    実店舗の有無を選択する

    次の画面では、「店舗やオフィスなど、ユーザーが実際に訪れることができる場所を追加しますか?」と実店舗の有無を問われます。実店舗がある場合は「はい」を、無店舗型の場合は「いいえ」を選択しましょう。

  • 店舗住所を入力する

    店舗住所を入力する

    店舗の住所を入力する項目です。同一住所ですでにGoogleビジネスプロフィールが作られていると、アラート画面が表示されます。内容を確認し、自分の店舗でなければ「これは私のビジネスではありません」を選びます。

  • 出張型サービスがあるかを選択する

    出張型サービスがあるかを選択する

    出張型サービスがあるかを選択してください。「商品配達や出張型サービスを提供していますか?」の質問に対して、「はい」または「いいえ」を選択します。

  • 電話番号とウェブサイトURLを入力する

    電話番号とウェブサイトURLを入力する

    ユーザーに表示する連絡先として、電話番号やWebサイトを設定します。

  • 「オーナー確認」を済ませる

    「オーナー確認」を済ませる

    Googleビジネスプロフィールで口コミ返信や投稿機能を利用するには、「オーナー確認」を済ませなければいけません。基本的なオーナー確認の方法は、電話・ハガキ・メールの3種類です。「その他のオプション」をクリックすると、SMS(ショートメール)・ライブビデオ・動画の選択肢が増えます。

    Googleがオーナー確認の審査をする際は、7営業日ほどかかるケースがあります。オーナー確認の手続き後は審査待ちの時間が発生するため、はやめに手続きを進めておきましょう。

飲食店におけるビジネスプロフィールの設定ポイント

基本的なGoogleビジネスプロフィールの登録方法が分かったところで、飲食店ならではの設定ポイントをご紹介します。

  • メインカテゴリと追加カテゴリを活用する
  • 宅配やイートインの有無を設定する
  • ラストオーダーやランチ、テイクアウトの時間を設定する

ビジネスカテゴリには、メインカテゴリと追加カテゴリを設定可能です。検索されやすく、お店の特徴に適したものをメインカテゴリにします。具体的に、次の例で考えてみましょう。

【飲食店A】
昼間はカフェとして、夜間はバーとしてお店を営んでいる。カフェではコーヒーとドーナツをメインメニューとしている。

【ビジネスカテゴリの例】
メインカテゴリ:カフェ
追加カテゴリ:バー、ドーナツ店、コーヒーショップ

さらに、Googleビジネスプロフィールでは、イートインの有無やラストオーダーの時間などの細かな内容も設定できます。詳細な営業情報を設定すれば、お店のサービスを多くのお客さまに知ってもらうきっかけを作れます。

MEO対策の仕組み

MEO対策の仕組み

MEO対策の仕組みとして、Googleが提示する「検索順位を決める3要素」をご紹介しましょう。

  • キーワードとの関連性
  • 店舗への距離
  • 店舗の知名度・視認性の高さ

以下で詳しく見ていきます。

キーワードとの関連性

検索キーワードとお店の関連性が高いほど、Googleマップ上で上位表示される傾向にあります。たとえば「ラーメン店」と検索した場合、カフェやパン屋は表示されません。キーワードから検索意図を予想し、ユーザーのニーズを満たすために、Googleではこのような仕組みが採用されています。

飲食店がMEO対策を行うには、お店に適したキーワードを選定することがポイント。キーワードの詳細については「飲食店におけるMEO対策のキーワード選定方法」にて解説します。

店舗への距離

Googleマップでは、検索者の現在位置とお店の距離によって検索順位が変動します。ユーザーの位置に近いお店ほど、優先的に表示される仕組みです。

検索者と店舗の距離はコントロールできないため、対策を施す必要はありません。

店舗の知名度・視認性の高さ

視認性の高さとは、ビジネスの知名度を意味します。Googleが知名度として判断する情報は、次の通りです。

  • 店舗が検索された数
  • ブログなどのWebサイトで店舗が取り上げられた数
  • Googleでの口コミ数・評価の高さ
  • 予約サイトの口コミ数・評価の高さ
  • SNSの口コミ数・評価の高さ
  • Web検索での掲載順位

MEO対策では「どのように検索数を改善するか」「口コミ評価を上げるにはどうすべきか」などを考えて対策を進めます。MEO対策が成功すると「知名度が上がる→検索順位が上がる→さらに知名度が上がる……」という好循環が生まれやすいです。

飲食店におけるMEO対策のキーワード選定方法

MEO対策の仕組み」で述べたように、対策キーワードは上位表示に大きく関係します。お店の特徴や競合店舗の状況を踏まえて、どのキーワードで上位表示を目指すのかを決めましょう。

たとえば、「梅田 居酒屋」なのか「梅田 お好み焼き店」なのかによっても、アプローチする対象は異なります。検索されやすいキーワードはユーザーの目に触れる機会を増やしますが、その分だけ競合が多くなり、MEO対策の難易度は上がることに。

キーワードの競争率が高いときは「梅田 居酒屋 個室」のように、差別化できる要素を増やします。お店の特徴や料理、サービスをもとに、検索数が多く競合性が低いキーワードを選ぶとよいですね。

具体例でチェック!居酒屋A店におすすめのキーワード

MEO対策のキーワード選びについて、より具体的な例で考えてみましょう。

  • 大阪府の心斎橋駅付近に店を構えている
  • おしゃれなイタリア料理店
  • 落ち着いた雰囲気が魅力
  • 魚料理が人気
  • ランチメニューを提供している

上記の例ならば、以下のようなキーワードを設定します。

  • 心斎橋駅 イタリア料理店
  • 心斎橋駅 イタリア料理店 おしゃれ
  • 心斎橋駅 イタリア料理店 大人の隠れ家
  • 心斎橋駅 イタリア料理店 魚料理
  • 心斎橋駅 イタリア料理店 ランチ

「大阪府 イタリア料理店」と設定すると、競合店舗が多くなり上位表示が困難です。「心斎橋駅」のように、市区町村や駅名で絞りこむほうが検索順位を上げられます。

【飲食店向け】MEO対策で上位表示を目指すコツ

MEO対策で上位表示を目指すコツを、飲食店向けに5つピックアップしました。

  • 人気料理やメニュー表の写真・動画を掲載する
  • 最新情報やイベント、特典を投稿機能でお知らせする
  • 予約ボタンを作成して導線を整える
  • 口コミを集めて積極的に返信する
  • 店舗情報を定期的に更新する

それぞれ詳しく解説していきます。

人気料理やメニュー表の写真・動画を掲載する

飲食店がMEO対策で上位表示を目指すには、写真や動画を充実させることが重要です。特に積極的に投稿したい写真・動画は、以下の通りです。

  • 人気料理
  • 期間限定メニュー
  • メニュー表
  • 外観・内観
  • スタッフ

検索者が飲食店を探すときは「料理が美味しそうか」「お店はキレイか」などの情報を求めています。お客さまの立場になって、お店に来店したくなるような写真を考えましょう。

注意点としては、素敵な写真を投稿したいからといって、現実とかけ離れた内容にするのは逆効果です。投稿された写真と実際の料理が異なる場合、「全然違う」とマイナスな印象を与えてしまいます。

最新情報やイベント、特典を投稿機能でお知らせする

Googleビジネスプロフィールの投稿機能では、最新情報やイベント、特典をお知らせできます。投稿した情報は、Google検索とGoogleマップ上に表示されます。飲食店における投稿の例を、いくつかピックアップしました。

  • お店をリニューアルしました
  • 新メニュー△△を提供中です
  • 7~8月は期間限定メニュー〇〇を提供しています
  • 3.000円以上お買い上げのお客さまには、✕✕を無料でプレゼントしています
  • 開店〇周年記念で、お会計時に10%割引クーポンを配布しています

リアルタイムで情報を発信すれば、お客さまからの興味・関心を高められるでしょう。

予約ボタンを作成して導線を整える

お客さまが飲食店を予約する場合、一般的には「お店の公式サイトを探す→公式サイトから予約ページを探す→手順に沿って予約を行う」という手順をたどります。予約までの手順が複雑になるほど、ユーザーに途中で離脱されるリスクが高まることに……。途中離脱を防止するには、予約までの導線を整える必要があります。

Googleビジネスプロフィールの予約機能は、主に2種類あります。

予約ボタン:対応業種が限定されているが(飲食店は対応業種に含まれる)、集客効果が高い

予約リンク:全業種に対応しているが、集客効果は「予約ボタン」よりも低い

飲食店は「予約ボタン」に対応しているので、ぜひ活用してみてください。予約ボタンを配置すると、Googleアカウントを利用して予約が完了します。予約ページを探したり、氏名や電話番号を入力したりする手間が省けてユーザーにとって便利です。

口コミを集めて積極的に返信する

口コミはお客さまとの大切なコミュニケーションツールです。口コミの収集や返信は、MEO対策に欠かせない要素といえます。

たとえば、以下の3店舗が候補に挙がった場合、ほとんどの方が「飲食店C」を選ぶのではないでしょうか。

【飲食店A】口コミ数:10件、口コミにあまり返信していない

【飲食店B】口コミ数:200件、口コミに返信していない

【飲食店C】口コミ数:200件、口コミに丁寧に返信している

これから店舗を訪れる方にとって、実際にお店を利用した方の口コミは参考になる情報です。会計時に直接依頼する、QRコードを活用する……、などの方法で口コミを集めましょう。

店舗情報を定期的に更新する

店舗情報は最新の状態を維持し、定期的に更新しましょう。営業時間や提供メニューに変更が生じた際は、忘れずにGoogleビジネスプロフィールも更新してください。

「本業が忙しいので定期的な更新は難しい」という方には外注化がおすすめ。外注化については「自分でMEO対策できない場合の対処法」にて詳しく説明します。

飲食店がMEO対策を行うときの注意点

飲食店がMEO対策を行うときの注意点は、主に4つあります。

  • 不正確な情報を放置する
  • 口コミを放置する
  • さくらによる口コミを投稿する
  • 他の飲食店のMEO対策を分析する

MEO対策を始める前にチェックしておきましょう。

不正確な情報を放置する

営業時間や休日設定を誤って登録したり、更新し忘れたりしているとユーザーの満足度が低下します。「お店に行ったのに閉まっていた」や「休日だと勘違いしてお店に行くのを止めた」という事態が起こり得ます。

不正確な情報の放置は、来客の機会を逃してしまうので注意しましょう。

口コミを放置する

肯定的・否定的どちらの口コミに対しても、真摯な姿勢で返信することがお店の信頼性向上に大きく関係します。

口コミの返信で意識したいポイントは、次の3点です。

  • 投稿者が気付くように、できるだけ早めに返信する
  • 定型文を避ける
  • シンプルで読みやすい文面を作成する

返信が遅いと投稿者が見ない確率が高まります。返信忘れを防止するには「毎日〇時に口コミを確認する」と習慣づけるとよいでしょう。

どの口コミに対しても「ご来店ありがとうございました」と返していては、「本当に口コミを読んでいるのか?」と疑問を持たれます。「当店の料理にご満足いただけたようで嬉しく思います」など、口コミ内容を踏まえた返信を行うのがコツです。

ただし、お店の特徴やアピールポイントを詰め込みすぎるのもNG。あまりにも長文で返信すると、相手は読む気をなくしてしまいます。

さくらによる口コミを投稿する

さくらによる口コミ投稿は、Googleポリシーにて禁止されています。Googleの規約違反となるコンテンツは、次の通りです。

  • なりすまし
  • 誤った情報
  • ハラスメント
  • ヘイトスピーチ
  • 不適切なコンテンツ
  • 個人情報
  • 暴力的または残虐なコンテンツ

Googleの規約に違反すると、該当する口コミが削除されるだけでなく、アカウントが強制的に停止される危険性も。

加えて、特典で口コミを促す行為もGoogle規約違反です。

【クチコミに投稿するよう顧客を促す】
簡単にクチコミを投稿できることをお客様に伝えます。ただし、ビジネス オーナーはクチコミの見返りに特典を提供するなどの行為をしてはいけません。
引用: Googleユーザーにクチコミを投稿してもらう | ローカルガイド ヘルプ

不正行為を行わないのはもちろん、意図せず規約違反を犯さないように、事前にGoogleポリシーを理解しておきましょう。

他の飲食店のMEO対策を分析する

MEO対策を進める際は、他の飲食店の施策が参考になります。商圏内の競合店舗を把握し、投稿内容や設定状況、対策キーワードを分析してください。

第三者の視点に立って他店舗を分析することで、「もっと料理の写真があったらいいのに」「こんな風に内装を撮るとおしゃれに見えるな」など具体的なアイデアが生まれます。

自分でMEO対策できない場合の対処法

自分でMEO対策できない場合は、業者への委託がおすすめです。MEO対策を外注化するメリット・デメリットを以下の表にまとめました。

メリットデメリット
・本業に集中できる
・短期間で成果が出やすい
・他のWeb集客よりも低コストで導入できる
・導入コストがかかる
・悪質な外注業者に依頼した場合は成果を得られない

自分でMEO対策を行うには、まずGoogleビジネスプロフィールにお店を登録します。その後「口コミ管理・店舗情報の更新・写真や動画の投稿・他店舗の分析」といった定期的な業務が発生します。つまり、自分でMEO対策を進めるには、手間と時間がかかるのです。

外注業者はWebに関する専門的な知識と経験を有しているため、自分で対応するよりも効率的な施策を実行できます。ただし、悪質な外注業者に依頼すると、満足いく成果を得られません。MEO対策を成功させるには、信頼できる外注業者を選ぶことが重要です。

飲食店のMEO対策にかかる費用

飲食店のMEO対策にかかる費用

飲食店のMEO対策にかかる費用の目安をご紹介します。

自分で対応した場合MEO対策業者に依頼した場合
(固定報酬型の場合)
無料・初期費用……約3~5万円
・月額費用……約3~8万円

MEO対策業者の費用形態は「成果報酬型」と「固定報酬型」の2種類に分けられます。成果に応じて費用が発生するのが成果報酬型で、月額料金が一定に定まっているのが固定報酬型です。ただし、委託範囲や外注業者によって価格は異なります。

まとめ:MEO対策は飲食店の集客力アップに効果的

飲食店がMEO対策を行えば、Googleマップ経由の見込み客を獲得でき、認知度・集客率向上が期待できます。他のWeb集客よりも競合が少なく低コストなため、小規模な飲食店でも上位表示することが可能です。

飲食店のMEO対策では人気料理やメニューの発信、店舗情報の更新、口コミ管理などの業務が発生します。不正確な情報を放置すれば、かえってお店の信頼度が低下する恐れも。自力でのMEO対策が難しい場合は、業務の外注化も選択肢のひとつです。Webの専門家が対策することで、効率よく検索順位を向上できるでしょう。