MEO対策代行サービスのサービスページを公開しました。

MEO対策・店舗集客
Googleの口コミ代行は違反?業者に依頼せず、口コミ対策する方法を解説!

多くの方々がGoogle口コミ代行の本質やそれに伴う法的な問題について疑念を抱いていることでしょう。

Googleマップの口コミ代行サービスは、そのガイドラインに違反するため、その利用は推奨されません

この記事では、口コミ代行サービスの性質とガイドライン違反のリスクについて解説し、口コミ代行業者を使わずに口コミ数を増やす方法について紹介します。

また、MEO対策を行う際の業者選びに役立つ情報も提供します。

この記事を読んでいただくと、Google口コミ代行サービスの詳細とリスクに関する知識を深めることが可能です。

  • Googleの口コミって代行してもらってもいいのかわからない人
  • どうやって口コミを集めていいのかわからない人

Googleの口コミ代行サービスとは?

店舗事業者が自分の店舗やサービスに関する口コミを増やすために第三者の業者に依頼するのが口コミ代行サービスです。ただし、Googleのポリシーに反する可能性があります。

Googleの口コミは、ビジネスの評価と可視性を高める目的で用いられます。Googleは自然なお客様フィードバックを重視しており、偽造されたり操作されたりした口コミはポリシー違反です。不正確な口コミはお客様に誤解を与え、不公平な競争を生む可能性があるため、Googleはこれを厳しく禁じています。

たとえば、口コミ代行サービスを利用したあるレストランの店舗が、偽の好評価を得た場合です。これはお客様に誤った印象を与えるだけでなく、他の競合するレストランに対して不公平な利益をもたらす可能性もあります。Googleがこれを発見した場合、レストランのリスティングにペナルティを適用する可能性も考えられます。

したがって、Google口コミ代行サービスは、短期的にはビジネスの評価を向上させるかもしれません。しかし長期的にはGoogleのポリシー違反となり、ビジネスに悪影響を及ぼす可能性があります

Google口コミ代行サービスの違法性|4つの注意点

Google口コミ代行サービスの違法性|4つの注意点

Google口コミ代行は、Googleポリシー違反のリスクがあります。また、そのほかにも気を付けておくべき点があります。

  • Googleポリシー違反のリスク
  • ステマ規制(景品表示法)に該当する可能性
  • 信頼の問題
  • 店舗集客へのデメリット

注意すべき点について、それぞれ詳しく紹介します。

Googleポリシー違反のリスク

Googleのガイドラインを遵守することは、オンラインプラットフォーム上でのビジネス運営において非常に大切です。

Googleのガイドラインに違反すると、Google口コミが非表示になるだけでなく、最悪の場合はアカウントが完全に停止される可能性があります。このようなペナルティは、Googleが提供するサービスにおける評価と信頼性の保護を目的としています。

Googleが禁止している行為の一例が、口コミを代行してくれるサービスの利用です。その主な目的は、公平かつ正直な評価システムの維持と操作を防ぐことです。そのため、実体験に基づかない口コミや同一アカウントからの複数回投稿、さらには異なるアカウントを用いた同一店舗への複数口コミの投稿は、Googleポリシー違反とみなされます。

Googleは、ガイドライン違反を検出するために高度な自動機能を備えており、不正な口コミが検出されると、それらは速やかに非表示にされ、場合によってはアカウントが停止されるリスクも伴います。これは、ビジネスのオンライン評判に大きな影響を及ぼす可能性があり、一度失った信頼を取り戻すのは極めて困難です。

従って、店舗事業者としてはGoogleのガイドラインを厳守し、透明性と誠実さを持ってサービスを提供することが大切です。これにより、長期的な成功と持続可能な顧客関係を築くことができるでしょう。

Googleポリシーに違反する行為は、短期的な利益をもたらすかもしれませんが、長期的にはビジネスの評判と信頼性を損なう結果につながるため、注意が必要です。

Google マップに投稿するコンテンツは、お店や場所での実体験に基づいている必要があります。虚偽のエンゲージメントは許可されておらず、削除されます。

該当するものは次のとおりです。

  • 実体験に基づいていないコンテンツの投稿に対して報酬を支払う、またはそのような投稿を促す行為。
  • 否定的なクチコミの投稿を妨げたり禁止したりする行為や、肯定的なクチコミを顧客から募る行為。
  • 実体験に基づいておらず、対象の場所や商品を正確に明記していないコンテンツ。
  • 企業が割引、無料の商品やサービスと引き換えに投稿を促したコンテンツ。
  • 料金の割引、商品やサービスの無償提供などのインセンティブと引き換えに、否定的なクチコミの修正または削除を依頼する行為も含まれます。
  • 企業や商品の評判を傷つけるために競合他社が投稿したコンテンツ。
  • 場所の評価を操作するために複数のアカウントから投稿されたコンテンツ。
  • エミュレータその他のデバイス上でのサービス改ざん、改変されたオペレーティングシステム、またはその他の手段を使って、実際のエンゲージメントを模倣したり、センサーのデータもしくは分析結果を操作したりするなど、通常の運営を妨害もしくは混乱させるために投稿されたコンテンツ。

引用: 禁止および制限されているコンテンツ | Googleマップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー ヘルプ

ステマ規制(景品表示法)に該当する可能性

2023年10月1日より、景品表示法第5条第3項に基づき、スケルスマーケティング(以下、ステ)が禁止されました。

ステマとは、お客様に特定の商品やサービスについて宣伝と気づかれないように宣伝したり、商品の口コミを発信する行為です。発信に関して企業が関与しているにもかかわらず、お客様に隠した状態で情報発信する場合も含まれます。

Googleの口コミ代行サービスも店舗事業者が自分の店舗やサービスに関する口コミを増やすために第三者の業者に依頼する行為であるため、ステマ規制の対象となる可能性があります。

ステマ規制に違反した事業者は、消費者庁による「措置命令」を受けることになり、広告表示の差し止めや再発防止策の策定をしなければいけません。処分内容は公表される可能性もあり、ブランドイメージの低下や信用失墜などにつながる可能性もあります。

お店の信頼の問題

透明性と信頼性が高い口コミは、お客様の信頼を得る上で非常に大切です。お客様との信頼関係は、ビジネスを成功させるために重要な役割を果たします。信頼関係の構築は長期的に利用してくれるお客様とビジネスの成長につながります。

透明性に欠ける口コミ代行サービスの利用は、お客様の信頼を失うリスクが高いでしょう。

たとえば、口コミが人工的につくられたものであるとお客様に感じられた場合、そのビジネスやサービスへの信頼は損なわれます。結果として、利用を控える傾向が見られます。

お客様が「口コミ代行」を使用していることに気づくと、そのビジネスの信頼性に疑問を持ち始めるからです。これが売上の低下に直接的な影響を及ぼす可能性もあります。

信頼関係を失うと、修復が非常に難しく、ビジネスの評判を回復させるには時間と労力が必要です。長期的には、この信頼の喪失が売上減少へとつながることも少なくありません。

したがって、透明性の高い正直な口コミを促進し、お客様との信頼関係を大切にすることが、持続可能なビジネスモデルを構築するために不可欠です。「口コミ代行」の利用は、短期的な利益よりも長期的な信頼と売上の損失をもたらす恐れがあることを覚えておきましょう。

店舗集客へのデメリット

店舗集客において「口コミ代行」サービスの利用には、デメリットがあります。なぜなら、実際のお客様からの本物の口コミには価値があるためです。実際のお客様の声は、サービスや商品の質を評価し、改善するための貴重な意見です。

具体的には、リアルな口コミを通じて、お客様が何を求め、何に満足し、何に不満を感じているのかを把握することができます。

この情報は、店舗運営において改善策を立てる上で不可欠です。しかし、偽造された口コミや操作されたフィードバックが多くなると、ビジネスの本当の改善点を見逃し、対応が遅れる可能性が高くなります。

「口コミ代行」サービスの利用で、お客様のリアルな声や意見を反映したビジネス展開が難しくなるでしょう。これは、サービスの質の向上や新たな商品開発、顧客満足度の向上など、ビジネス成長のための重要な機会を逃すことにつながってしまいます。

加えて、代行サービスによる口コミはお客様に見抜かれることが多く、一度信頼を失うと、その回復は非常に難しいです。これにより、長期的な顧客基盤の構築や口コミによる自然な集客効果が損なわれる可能性があります。

お客様の信頼を基盤とした店舗集客は、継続的な改善と正直なコミュニケーションを通じてのみ実現可能です。

したがって、短期的な利益を求める口コミ代行サービス利用は、長期的なビジネスの成功と顧客との良好な関係を放棄することになるかもしれません。

口コミ代行の問題点と影響

口コミ代行を利用する際の問題点と、その後の影響について解説します。

  • 口コミ代行のリスク
  • 長期的なイメージ悪化

それぞれ経営に影響してくる内容のため、詳しく紹介します。

口コミ代行のリスク

口コミ代行を利用した場合にはリスクがあります。

Google口コミ代行を利用した場合に考えられるリスクは、下記のとおりです。

  • Googleのポリシー違反になる
  • 店舗の信頼性がなくなる
  • ペナルティが発生する可能性がある
  • お客様意見が確認できない

Googleのポリシー違反と判断されると、口コミ非表示のリスクがあるので注意しましょう。最悪のケースでは、アカウント停止です。

アカウントが停止されてしまうと、これまでの口コミも消えてしまいます。口コミ代行以外のお客様が記載した口コミも見られなくなってしまいます。

長期的なイメージ悪化

口コミ代行を利用していたことがお客様にわかってしまうと、信頼を失ってしまいます。お客様は口コミ代行業者による作為的な口コミを見抜くこともあるからです。

代行業者の口コミであることが明らかになれば、結果として悪いサービスだと判断される恐れがあります。失われた信頼を取り戻すのは、困難です。

また、口コミ代行業者を利用していることをお客様が見抜けなかったとしても、Googleのポリシー違反でアカウントが停止したり口コミが非表示になるとお客様は口コミを確認できません。結果的に、口コミを確認するお客様の選択肢から外れてしまうため店舗運営に影響がでます。

口コミ代行は、長期的なイメージ悪化にも影響することを覚えておきましょう。

違法にならない効果的なGoogle口コミの増やし方

Google口コミ代行サービスの違法性|4つの注意点

Google口コミ代行を利用せずに、効果的にGoogle口コミを増やすにはどうすればいいでしょうか。

具体的には、下記の方法で口コミを増やしましょう。

  • 直接お客様と対話して口コミをお願いする
  • 口コミには返信する
  • 自社サイトを進化させる
  • SNSアカウントと連携させる
  • MEO対策を業者に依頼する

それぞれ詳しく解説します。

直接お客様と対話して口コミをお願いする

直接お客様と対話して、口コミの投稿をお願いしましょう。

割引などの特典を与えて、口コミ投稿を促進するのは違反になるので注意が必要です。直接対話する中でお願いをするようにします。

たとえば、スタッフが親しみやすく暖かい雰囲気をつくることで、お客様にお店やサービスについての口コミをお願いしやすくなり、受け入れてもらえる確率もあがります。

店舗で実際に接客をしながら、口コミについてもお願いしてみましょう。

口コミには返信する

せっかく口コミを投稿してくれたお客様には、返信するようにしましょう。口コミに返信することで、下記のような効果が考えられます。

  • 満足度の向上
  • 信頼関係の構築
  • 悪い口コミへの対応
  • ほかのお客様への影響

口コミに返信すると、お客様も自分の意見に耳を傾けてくれていると感じ、満足度がアップします。返信は、店舗がお客様の声を大切にしている証です。これは、お客様に対して信頼性を高める効果があります。

悪い口コミに対しても、丁寧に返信することで改善に努めている姿勢を見せられます。丁寧な返信でイメージダウンを防ぎましょう。

ほかのお客様も、店舗が口コミにどのような返信をしているか確認できます。丁寧に返信してくれる店舗であることがわかれば、新たな口コミを促す効果につながるでしょう。

SNSアカウントと連携させる

SNSアカウントとの連携も有効な手段の一つです。SNSアカウントとの連携には、下記のメリットがあります。

  • 認知度の拡大
  • 直接的な交流
  • マーケティングの多様化
  • お客様体験の共有
  • ターゲット層へのアプローチ

SNSアカウントの活用で認知度の拡大が期待できます。SNSは多くのユーザーにリーチしやすいため、情報が早く拡散され新しいお客様層にもアプローチできるからです。また、SNSでは直接的なコミュニケーションが可能なため、お客様との関係強化につながります。

SNSを活用することでマーケティングを多様化できるのもメリットです。お客様にSNSで店舗での体験をシェアしてもらうとプロモーションにつながります

自社サイトを進化させる

Googleプロフィールからリンク先となるホームページがGoogleにどう評価されているかも大切です。自社サイトを進化させると下記のようなメリットがあります。

  • 信頼性向上
  • 満足度の強化
  • 口コミへの誘導
  • SEOの最適化

自社サイトを充実させることで、信頼性を高める効果があります。サイトが整理されていて情報が豊富であれば、良い印象を持たれる傾向があるからです。

またサイト上で魅力的なコンテンツを提供することで、満足度をアップさせられます。たとえば、ブログのお役立ち記事やユーザー体験談などはサイトの滞在時間を延ばす効果があります。

サイト内に口コミページへのリンクを設置することで、自然な形で口コミを増やすことも可能です。SEO最適化により検索流入を増やすことも、口コミを集めるのに役立ちます。

口コミを自然に増やしたい場合には、自社サイトを充実させることも検討しましょう。

MEO対策を業者に依頼する

MEO対策のノウハウを知っている業者にお願いする方法もおすすめです。MEO対策には、専門的な知識が必要なため、プロにお任せするほうが良い結果につながる可能性が高くなります。その他のメリットは、下記のとおりです。

  • 時間とリソースの節約
  • 最新のトレンドや変更への対応
  • 正確な分析と報告

MEO対策は時間がかかるため、他の業務を行う時間がなくなるかもしれません。専門業者に依頼することで、時間とリソースを節約できます。Googleのアルゴリズムやポリシーの変更にも業者は迅速に対応可能です。

業者であれば、MEO対策の効果を正確に分析し、成果を報告してくれます。対策の効果によって、戦略の調整が可能です。

専門的な知識を持っているMEO対策の業者に依頼するのは、おすすめです。

集客に役立つ!MEO対策業者の選び方

MEO対策業者の選び方にはポイントがあります。覚えておきたいポイントは、下記の5つです。

  • 悪徳業者でないことを確認する
  • MEO対策の情報発信をしている
  • MEO対策の実績が公開されている
  • サポート体制が充実している
  • 契約内容や期間が明確になっている

それぞれ詳しく解説します。

悪徳業者でないことを確認する

口コミ代行サービスの使用は、Googleのポリシーに違反しています。口コミ代行を行っている業者がこの事実を知りながらサービスを提供している場合、その業者の信頼性はありません

不正行為を意識的に行っていて、ビジネスの倫理観に反する行動を取っている可能性が高いからです。そのため、口コミ代行を依頼することは、店舗の信用に長期的な影響を与えるかもしれません。

さらに、積極的でしつこい営業をしてくる業者も警戒しましょう。強引な営業で、不適切な契約に誘導することもあります。そのような業者は、顧客のニーズやビジネスの実態を十分に理解せずに目先の利益を優先している傾向があるからです。

口コミ代行を違反と知りながらやっている業者は信用しないようにしましょう。

MEO対策の情報発信をしている

MEO対策に関する情報を発信している業者は、この分野における専門知識と経験がある可能性が高いでしょう。業者が自身のホームページやブログ、SNSなどでMEO対策に関する有益な情報や最新のトレンド、実践的なヒントを提供している場合は「MEO対策の専門家」であると考えられるからです。

ホームページやブログ、SNSなどで情報発信をしているかどうか確認してみましょう。

MEO対策の実績が公開されている

MEO対策を提供する業者が自身の実績を公開している場合、その業者がこれまでにどのような成果を出してきたのかを具体的に理解することができます。実績の公開は、その業者の経験、専門性、そして成果の信頼性を確認するのに大切です。

とくに、自社と同じ業界の実績が公開されている場合、自社のニーズや市場の特性を理解し、効果的なMEO戦略を提供できる可能性が高いでしょう。このように実績を確認することによって、自社にとって最も適したMEO対策を提供できる業者を選定するための有力な情報を得ることができます。

情報発信の確認と一緒に、実績の公開も確認してみましょう

サポート体制が充実している

MEO対策を行う際、サポート体制が充実しているかどうかは確認しておきたいところです。とくに口コミの返信や投稿方法に関するサポートは、効果的なMEO対策を実施する上で大切です。

サポートの範囲を事前に確認し、自社のニーズに合致した業者を選ぶようにしましょう。

MEOに関する知識が不足している場合には、細かな指導やアドバイスを提供してくれる業者を選択することが重要です。たとえば、業者がどの程度の頻度でコンサルティングを提供するか、具体的な質問や問題にどのように対応するかなど、サポート内容の詳細を確認しておきます。

Googleのアルゴリズムやポリシーは頻繁に変更されるため、最新のトレンドや変更に適応できる業者を選ぶことが必要です。最新の情報に基づいた適切なアドバイスを受けることで、MEO戦略を効果的に調整し継続的な成果を達成することが可能になります。

業者のサポート体制を細かく確認し、パートナーとなる業者を選定しましょう。

契約内容や期間が明確になっている

契約する内容や料金、期間などが明確になっている業者を選ぶようにします。MEO対策を業者に依頼するにはコストがかかるので、料金についてもしっかり確認するのがおすすめです。

契約期間については、短期間での成果を期待するのか、それとも長期的な対策を求めるのかによって、選択するサービスプランが異なる可能性があります。長期的な計画の場合、定期的なレビューと調整が可能な契約を選択するようにしましょう。

提供されるサービスの価格が市場の相場と比較して妥当かどうかを検討することも重要です。比較することで、過剰に高額なサービスや逆に安すぎるサービスを避けられます。市場相場を理解することで、業者が提供するサービスの質や範囲が適正価格であるかを判断しやすくなります。

まとめ:Google 口コミ代行ではなくMEO対策をしよう

本記事では、Google口コミ代行の活用はGoogleポリシー違反であることを解説しました。

最後に重要な点をおさらいしていきましょう。

  • Google口コミ代行とは、オーナーが自分の店舗やサービスの口コミを増やすために第三者の業者に依頼するサービス
  • ただし、口コミ代行の利用は、Googleポリシーに違反する
  • Googleポリシーに違反すると、口コミの非表示やアカウント停止になる可能性がある
  • 口コミ代行の利用は、お客様からの信頼も失う可能性が高い
  • Googleのガイドラインが浸透しているため、お客様もGoogleの口コミが信用できると思っている人が多い
  • 口コミを増やすには、直接、口コミの投稿を依頼すること
  • MEO対策に詳しい担当者がいない場合は、業者に依頼するのがおすすめ

口コミ代行に依頼することは、「作為的」とみなされるため、決して行わないようにしましょう

また、お客様に口コミのお礼として割引券やクーポンなどをプレゼントするのも禁止されています。

Googleのガイドラインに沿った運用が大切です。

MEO対策について、詳しくわからない方は業者に相談するのがおすすめです。