SEO対策って何ですか?どういうことをするのですか?

QUESTION

ご質問内容

ホームページの制作会社をいろいろ拝見しましたが、SEOというワードをよく見かけます。SEO対策って何ですか?実際に、どういうことをするのですか?

ANSWER

Webコンサルタントの答え

SEOというのは、検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)の略で、特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えること。または、その技術のこと。LIVALESTでは、Google Search Consoleに準拠した方法でSEO対策をしております。

SEOといってもいろいろある。

大きく分けると、内部SEOと外部SEOがあります。内部SEOとは、サイトの内部構造や、htmlタグのソースをチューニングすることで各検索エンジン用に最適化することを言います。内部SEOといっても、ページの高速化やhtmlタグ、titleタグの調整やメタデスクリプションの記述など多岐にわたります。

反対に、外部SEOとは、被リンク・バックリンクを集めるということです。あるWebサイトやページが、外部のWebサイトからリンクされることを指します。Googleの検索順位は、被リンクを多く受けているサイトの価値が高いとみなされおり、検索結果順位が高くなる傾向があります。最近では、googleは不正な被リンク集めにペナルティを課す傾向があり、悪質な被リンク集めは最悪、サイトが不正なものと判断されgoogleで検索結果が表示されないことになります。

LIVALESTでしていること

内部SEO対策については、Google Search Consoleのガイドラインに遵守した設計を心がけています。サイトマップによるインデックスするコンテンツの明確化や、タイトルタグとメタデスクリプションの明記などです。特に、禁止されている項目に抵触しなようにすることが大事です。つまりは、コンテンツの自動生成リンク、プログラムへの参加、オリジナルのコンテンツがほとんどまたは、まったく存在しないページの作成、クローキング、不正なリダイレクト、隠しテキストや隠しリンク、誘導ページ、コンテンツの無断複製、十分な付加価値のないアフィリエイトサイト、ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み、フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった悪意のある動作を伴うページの作成、リッチスニペットマークアップの悪用、Googleへの自動化されたクエリの送信です。

外部SEO対策については、悪意のある被リンク集めはしません。あくまで自然な被リンク獲得を目指します。そのためにも、質と量の確保されたコンテンツを増やしていくことを推奨しています。いわゆるコンテンツマーケティングといい、記事をたくさん書くことでグーグル検索の順位に引っかかるようにすることが目的です。そうすることで、あなたのホームページが価値あるものとGoogleに評価してもらうためです。

SEO業者についての見解

簡潔に言うと、僕は少なくともSEO業者については否定的です。それは以下の3つの観点からです。1つ目は、今後のことはGoogleにしかわからないからです。SEO対策というのは、googleが評価基準を決めています。そして、バカ高いお金を払ってSEO業者に頼って順位を上げても、それが永続することはありません。そして、その施策がgooleの裏をついたいわゆるブラックハットと呼ばれる手段で行われてものであるとペナルティを受ける恐れがあります。ペナルティを受ける恐れをずっと抱えなければなりません。たとえ、ペナルティを受けても、SEO業者は責任を取ってくれるでしょうか?2つ目は価格が曖昧なものが多く、高価なものが多いからです。ホームページもの価格もそうですが、SEOというものほど価格の曖昧なものなどありません。また、前にも述べたように、順位はいずれ下がります。一瞬上がった順位の後、ペナルティを受けても料金を払わないといけません。最後に、素人ではSEO業者のしていることが判断しにくいからです。そのSEO業者が実際に、コンテンツを増やすことで順位を上げようとしているのか、オールドドメインの被リンクを増やして順位を上げようとしているのかわかりにくいです。また、実際のgoogleの検索順位の結果も判断が難しいものです。なぜなら、googleの検索順位は日々更新され、日々進化しています。

どんな質問でもお待ちしてます

ホームページのことなら気軽にご質問ください。365日24時間受け付けてます。

メールで質問する