大阪のWeb制作会社です。
ホームページ制作の無料相談はこちら

サイト制作・運用
ホームページ制作の作成期間はどれくらい?時間や日数の目安と短縮のコツを紹介
  • 中小企業や個人事業主など、自社でホームページ制作に関わることが多い人
  • ホームページ制作に予算や時間が限られている人
  • ホームページ制作に関する知識や経験が少ない人

この記事の目次


あなたは今までホームページを持っていましたか?

それとも持っていましたが古くなってしまったので新しくサイトをリニューアルしたいですか?

どちらにしても、ホームページ制作は大きなプロジェクトです。

しかし、ホームページを作るには時間がかかります。

特に初めて作る場合は、何から始めたらいいかわからないことも多いでしょう。そこでこの記事では、ホームページ制作に必要な工程や時間の目安を紹介します。

また、ホームページ制作を短縮するコツもお伝えします。この記事を読めば、あなたも効率的に素敵なホームページを作ることができます。

ホームページ制作にかかる期間はどれくらい?

ホームページ制作にかかる期間はどれくらい?

ホームページの制作期間は、様々な要素によって大きく異なります。

例えば、ページ数や規模、機能などが挙げられます。ページ数が多い場合、制作期間は長くなる傾向があります。また、規模が大きい場合も、制作期間が長くなることが予想されます。

しかしながら、ホームページの種類や機能によっても、制作期間は変わります。

例えば、ECサイトや動画配信サイトなど、複雑な機能が必要な場合は、制作期間が長くなる傾向があります。

つまり、ホームページの制作期間は、要求される機能や規模に合わせて変動するため、それらを考慮して適切な期間を設定することが重要です。

ホームページ制作を依頼する場合の流れと必要な期間

ホームページ制作を依頼する場合、以下のような流れになります。

制作会社の選定と契約(約2~3週間)

まずは、制作会社を選定する必要があります。複数の制作会社から見積もりを取り、比較検討した上で、契約を結びます。この選定と契約までは、約2~3週間程度の期間が必要です。

ヒアリングと提案(約2~4週間)

制作会社との契約が済んだら、ヒアリングが行われます。ホームページの目的やターゲット、機能などを詳しく打ち合わせ、制作会社から提案を受けます。このヒアリングと提案までは、約2~4週間程度の期間が必要です。

デザインとコーディング(約4~8週間)

提案が決まったら、デザインとコーディングが行われます。デザインは、イメージ画像を作成したり、ワイヤーフレームを作成したりすることから始まります。その後、コーディングが行われ、実際にホームページの形になっていきます。このデザインとコーディングまでは、約4~8週間程度の期間が必要です。

テストと修正(約2~4週間)

デザインとコーディングが終わったら、ホームページのテストが行われます。動作や表示などを確認し、問題があれば修正が行われます。このテストと修正までは、約2~4週間程度の期間が必要です。

公開と運用(約1週間)

最後に、ホームページの公開と運用が行われます。

公開前の最終チェックが行われ、問題がなければ公開されます。公開後は、運用が行われ、必要に応じて修正や更新が行われます。この公開と運用までは、約1週間程度の期間が必要です。
 

以上が、ホームページ制作の流れと必要な期間についての説明です。ホームページ制作を依頼する際には、期間に余裕を持って計画を立てることが重要です。また、制作会社とのコミュニケーションを密に行い、スムーズな制作を進めることが大切となってきます。

ホームページ制作を自分で行う場合の流れと必要な期間

Webサイトは、現代社会において企業や個人のアイデンティティを確立する上で欠かせないものです。自分でWebサイトを制作する場合、どのような流れで進めればよいのでしょうか。下記で詳しく解説していきます。

目的と目標の明確化(約1週間)

ホームページ制作を始める前に、まずは目的と目標を明確化することが重要です。自社のビジネス目的やターゲット層、訴求ポイントなどを明確にし、それに合わせたコンテンツやデザインを考えます。この作業には、約1週間程度の期間が必要です。

構成とデザインの設計(約2週間)

目的と目標が明確になったら、次はサイトの構成とデザインを設計します。どのようなページを作り、どのような構成で配置するのかを決定します。また、デザインについても、企業イメージや訴求ポイントに合わせたものを作成します。この作業には、約2週間程度の期間が必要です。

コーディングと実装(約2週間)

設計が決定したら、次はコーディングと実装作業に移ります。HTMLやCSSを使ってデザインを再現し、JavaScriptを使って動的な動作を実現します。また、コンテンツの作成や画像の編集もこの段階で行います。この作業には、約2週間程度の期間が必要です。

CMSやSNS連携の設定(約2週間)

コーディングと実装が終了したら、CMSやSNS連携の設定を行います。CMSを使用する場合は、管理画面の設定やコンテンツの投稿、サイトマップの作成などを行います。また、SNSとの連携を行う場合は、アカウントの開設やボタンの設置などを行います。この作業には、約2週間程度の期間が必要です。

公開実施(約1週間)

すべての作業が終了したら、最後に公開作業を行います。実際に公開してみて、実機で確認し、品質の確保を図ります。この作業には、約1週間程度の期間が必要です。
 

以上のように、目的と目標の明確化、構成とデザインの設計、コーディングと実装、CMSやSNS連携の設定、公開実施など、約8週間程度(2ヶ月)の期間が必要だということがわかります。

ホームページ制作における規模や種類別の期間

以上が一般的なホームページ制作に必要な期間と流れですが、規模や種類によって異なる場合があります。以下に、それぞれの場合の目安を示します。

一般的なホームページ(コーポレートサイトやブログなど)の場合

一般的なホームページと呼ばれるものには下記のような種類のWebサイトがあります。

  • コーポレートサイト(企業・事業紹介):目安は1〜2ヶ月
  • ポータルサイト(ニュース・情報提供):目安は2〜3ヶ月
  • 採用サイト(求人・採用情報):目安は1〜2ヶ月
  • オウンドメディア(ブログ・記事投稿):目安は0.5〜1ヶ月

コーポレートサイト(企業・事業紹介)

目安の期間は1〜2ヶ月です。期間内には、主要な製品やサービスについての詳細な説明、企業のビジョンやミッション、組織構造、社員インタビューなどが含まれます。また、企業理念やCSR活動についても紹介することで、企業イメージの向上を目指します。

ポータルサイト(ニュース・情報提供)

目安の期間は2〜3ヶ月です。期間内には、業界のトレンドや最新のニュース、専門家によるコラムやインタビュー、ユーザーからのフィードバックなどを掲載し、読者の関心を引くコンテンツを提供します。

採用サイト(求人・採用情報)

目安の期間は1〜2ヶ月です。期間内には、採用情報や求人要項、エントリーシートや面接のポイントなどを詳細に掲載し、応募者の興味を引くような魅力的な求人情報を提供します。

オウンドメディア(ブログ・記事投稿)

目安の期間は0.5〜1ヶ月です。期間内には、自社製品やサービスに関連するトピックスや業界の最新情報、専門家による解説記事などを投稿し、読者の関心を引くコンテンツを提供します。また、読者からのコメントやフィードバックに対しても、迅速かつ適切に対応することで、読者とのコミュニケーションを深めます。

多言語展開やLPなど特殊なホームページの場合

一般的に特殊なホームページと呼ばれるものには下記のような種類のWebサイトがあります。

  • 多言語展開(英語・中国語・韓国語など):目安は2〜3ヶ月
  • ランディングページ・キャンペーンサイト:目安は0.5〜1.5ヶ月
  • ポートフォリオ(作品集・実績紹介):目安は1〜2ヶ月

多言語展開(英語・中国語・韓国語など)

目安の期間は2〜3ヶ月で制作が可能です。多言語展開によって顧客層を広げることができ、新しい市場に参入するチャンスを得ることができます。

ランディングページ・キャンペーンサイト

目安の期間は0.5〜1.5ヶ月で制作が可能です。ランディングページは、集客に重要な役割を果たします。キャンペーンサイトを作成することで、顧客とのエンゲージメントを高めることができます。

ポートフォリオ(作品集・実績紹介)

目安の期間は1〜2ヶ月で制作が可能です。ポートフォリオは、事業の実績をアピールするために必要です。作品集を作成することで、顧客に事業の能力をアピールすることができます。

自社で更新できるCMSやWordPressなどの場合

自社で更新できるサイトのシステムとしては下記のようなものがあります。

  • WordPress(ブログ・サイト構築):目安は1〜2ヶ月
  • ECサイト(商品販売・決済):目安は4〜5ヶ月

WordPress(ブログ・サイト構築)

目安の期間は1〜2ヶ月です。WordPressとは、Webサイトを構築するためのオープンソースのプラットフォームです。WordPressは、シンプルで使いやすいため、初心者でも簡単に操作できます。また、豊富なプラグインやテーマが用意されているため、自分好みのサイトを作ることができます。

ECサイト(商品販売・決済)

目安の期間は4〜5ヶ月です。ECサイトとは、商品をインターネット上で販売するためのウェブサイトです。ECサイトを開設することで、地理的な制約を受けずに商品を販売することができます。ECサイトを構築する際には、商品の在庫管理や注文処理など、多くの機能を実装する必要があります。
 

以上が、ホームページ制作に必要な期間と流れについての解説です。制作する際は、各工程の期間を確認し、必要な作業を着実に進めていきましょう。

ホームページ制作にかかる期間を短縮する方法やコツ

ホームページ制作は、情報を発信するために必要不可欠な手段となっています。しかし、制作にかかる期間が長くなると、ビジネス上の機会を逃すことになります。ここでは、ホームページ制作にかかる期間を短縮するための方法やコツを紹介します。

事前に必要な素材や資料を用意する

ホームページを制作する際には、必要な素材や資料を用意しておくことが重要です。

これには、画像、文章、ロゴなどが含まれます。

これらを事前に用意しておくことで、制作のスピードが格段にアップします。ただし、用意する際には、必要なものだけを用意するようにし、不要なものは省くことが重要です。

また、ホームページ制作に必要な素材や資料は、場合によっては、専門的なスキルが必要な場合があります。事前に十分なリサーチを行い、アイデアを準備しておくことが重要です。

以上のことを踏まえ、ホームページ制作を依頼することをおすすめします。

テンプレートやツールを活用する

ホームページ制作には、様々な方法があります。テンプレートやツールの利用が有効な方法として挙げられます。

テンプレートを選ぶことで、デザインやレイアウトの部分を省略することができますが、注意が必要です。テンプレートをそのまま利用すると、他のサイトと全く同じデザインになってしまい、オリジナリティに欠けることがあります。

そのため、テンプレートを利用する場合でも、自分たちでアレンジして、独自のデザインに仕上げることをおすすめします。また、ツールを使うことで、作業の自動化や効率化が可能となり、時間の短縮につながります。

例えば、コンテンツの更新を自動的に行ってくれるCMS(コンテンツマネジメントシステム)を導入することで、手作業による更新作業の手間を省けます。ただし、ツールを使いすぎると、サイト全体が機械的な印象を与え、ユーザーに不快感を与えることがあるので注意が必要です。

外注や協力者を探す

ホームページ制作は、一人で行うには大変な作業です。しかし、外注や協力者を探すことで、作業の負担を軽減することができます。

そのためには、外注先や協力者を選ぶ際には、信頼できる人物を選ぶようにし、作業の進捗状況を把握することが重要です。また、一人で行う場合には、どのようなデザインにするか、どのようなコンテンツを掲載するかなど、全ての決定を自分で行わなければなりません。

しかし、外注や協力者を採用することで、より多様なアイデアや意見を取り入れることができます。さらに、外注先や協力者とのコミュニケーションを密に取ることで、クライアントのニーズに合ったホームページを制作することができます。このように、外注や協力者を採用することで、ホームページ制作の品質を向上させることができます。

ホームページ制作に関する予算と作成期間のバランスのとり方

ホームページ制作に関する予算と作成期間のバランスのとり方

ホームページの制作には、制作期間と予算の両方が必要不可欠です。ただし、期間を短縮するために予算を減らすと、サイトの品質が低下する可能性があります。同様に、予算を増やしても期間が長くなるだけで、ビジネス的な成果につながらない場合があります。

したがって、ホームページ制作に必要な予算と期間をバランスよく設定することが重要です。

しかし、単に予算と期間をバランスよく設定するだけでは、効率的なサイト制作進行ができず、品質の低下につながることがあります。必要な作業や優先順位を設定した制作スケジュールを作成することで、予算と期間のバランスを取りつつ、効率的にプロジェクトを進めることができます。

また、スケジュールの管理には、各作業の進捗状況を把握し、必要に応じて調整することが必要です。 このように、予算と期間をバランスよく設定し、制作スケジュールを作成して管理することで、ホームページ制作の品質とスピードを両立することができます。

さらに、サイト制作進行の効率化により、予算の範囲内でより多くの作業を行うことができ、最終的な成果物の満足度を高めることができます。

ホームページに関する知識や経験が少ない場合のアドバイス

ホームページ制作には、専門的な知識やスキルが必要です。しかし、ホームページに関する知識や経験が少ない場合でも、以下のアドバイスを実践することで、スムーズに制作を進めることができます。

  • テンプレートを利用する
  • チュートリアルや動画を参考にする
  • 周囲の人にアドバイスを求める
  • ホームページ制作経験者にアドバイスを求める

以上のポイントを実践することで、ホームページ制作に必要な知識やスキルを身につけることができます。また、ホームページ制作に携わったことがある人にアドバイスを求めることで、より具体的なアドバイスを得ることができます。

制作過程で困難に直面した場合は、諦めずに周囲の人に相談することが大切です。

また、ホームページを制作する過程で、事業を見直すきっかけにもなるので積極的に取り組んでいきましょう。

ホームページ制作の作成期間に関するよくある質問

ホームページ制作の作成期間に関するよくある質問

ホームページ作成にかかる時間・日数は?

ホームページ作成は何時間かかるかという質問には、一概に答えることができません。なぜなら、ホームページ作成にはいろいろな工程があり、それぞれにかかる時間・日数が違うからです。

例えば、以下のような工程があります。

  • ホームページの目的やターゲットを決める
  • デザインやレイアウトを考える
  • コンテンツや画像を用意する
  • HTMLやCSSなどのコードを書く
  • ドメインやサーバーを取得する
  • ホームページを公開する

これらの工程にはそれぞれに必要なスキルや知識があります。また、ホームページの規模や内容によっても時間が変わります。

例えば、シンプルな自己紹介ページなら数時間で作れるかもしれませんが、商品やサービスを紹介する複雑なホームページなら数週間か数ヶ月かかることもあります。

したがって、ホームページ作成にかかる時間は一定ではありません。あなたがどんなホームページを作りたいか、どんな目的やターゲットがあるか、どんなスキルや知識があるかによって作成期間が異なります。

ただし、大まかな制作期間の目安は本記事を参考にしていただければ幸いです。

ランディングページ(LP)制作はどのぐらいかかる?

ランディングページ(LP)制作はどのぐらいかかるかという質問も、一概に答えることができません。なぜなら、ランディングページ(LP)制作にもいろいろな要素があり、それぞれにかかる時間が違うからです。

例えば、以下のような要素があります。

  • ランディングページ(LP)の目的やターゲットを決める
  • ランディングページ(LP)のコンセプトやメッセージを考える
  • ランディングページ(LP)のデザインやレイアウトを考える
  • ランディングページ(LP)のコピーを書く
  • ランディングページ(LP)の画像や動画を用意する
  • HTMLやCSSなどのコードを書く
  • ドメインやサーバーを取得する
  • ランディングページ(LP)を公開する

これらの要素にはそれぞれに必要なスキルや知識があります。

また、ランディングページ(LP)の規模や内容によっても時間が変わります。

例えば、シンプルなキャンペーン用のランディングページ(LP)なら数時間で作れるかもしれませんが、商品やサービスを紹介する詳細なランディングページ(LP)なら数週間か数ヶ月かかることもあります。

したがって、ランディングページ(LP)制作にかかる時間は一定ではありません。あなたがどんなランディングページ(LP)を作りたいか、どんな目的やターゲットがあるか、どんなスキルや知識があるかによって変わります。

そのため、具体的に計画・スケージュールを立てて発注するサイドも準備することが大切です。

まとめ:ホームページ制作には余裕を持って計画的に

ホームページ制作にかかる期間は、様々な要因によって異なりますが、計画的に作業を進めることで、期間を短縮することが可能です。

まず、ホームページ制作において最も重要なのは、目的を明確にすることです。ホームページ制作の目的は、企業のPRや商品紹介、情報提供など様々なものがあります。そのため、目的に合わせたサイトの種類を選択し、コンテンツの作成やデザインの決定が必要です。

以上のように、ホームページ制作においては多くの工程が必要です。これらの方法やコツを参考に、ホームページ制作のスピードアップを目指してください。