『沈黙のWebマーケティング』コンテンツマーケティングの重要性

『沈黙のWebマーケティング』コンテンツマーケティングの重要性

表紙とタイトルに導かれてしまい手に取ったこの本ですが、3分の2ぐらいはマンガコンテンツとなっているので、スラスラ読むことができました。

Overview本の概要

Webマーケティングと言われるジャンルになると、SEOの話が中心になります。ただ、この本はSEOの基本を取り扱ってますが、Web関係ではあまり取り上げられない内容も含んでいる本です。

概要としては、SEOペナルティ解除、webデザインの本質、Webライティング、SWOT分析、コンテンツSEO・マーケティング、ソーシャルメディア運用、レンタルサーバーなど多岐に渡っています。

 

Memo備忘録

何よりこの作者のHPが楽しかった。   ウェブライダーのホームページ参考にさせていただいています。

 

SNS運用からの記事のバズらせ方について。メジャー感が大事。メジャー感とは、芸能の言葉で「それだよ、それ!!」という「王道で売れそうな感じ」を指す。ユニークで面白いコンテンツを作る上では、漫画の定番の表現を真似るのがいい。

 

SNSで話者の人気性を上げるのも大事。どんなコンテンツデアはなく、誰のコンテンツかもすごく重要。

 

Consideration考察

僕は、過去にクライアントさんから、「SEO業者からタダで順位上がるって言えわれたんやけど、どう思いますか??」って聞かれたことがあります。僕の返答は「必ず、断ってください」でした。この本でも、悪徳SEO業者によって、ブラックハットSEOによる検索順位上げのことが出てきます。確かに、瞬間的に順位が上がることはあるかもしれないですが、リスクが大きすぎるので皆さん注意してください。

この本では、コンテンツマーケティングとして、SNS運用からのバズらせるコンテンツに趣を置いています。Webマーケティングをしていく上で、すごく重要です。ただ、この本でも登場しますが、コンテンツをバズらせるには、それなりの法則もありますが何よりもそのセンスと経験が重要になってきます(僕の意見です)

コンテンツをバズらせることも大事ですが、僕がクライアントさんにオススメしているのが、ロングテールマーケティングです。 最近、記事になっていたのですが、
美容師が独立3ヶ月で月商100万円。激戦エリアでホットペッパー無し。個人メディアと1人営業で集客してみた。』の中で、

正直、あまりウェブの知識に明るい人間ではありません。今思えば、これも安易な発想ですが、まずは量を担保すること。これが自分自身にできる戦略だと思いました。 最近では美容師さんの中にも自ら個人メディアを持つ。毎日ブログやソーシャルで情報発信をする。こういったことも一般的になってきています。 その為、例えば1日1記事といった具合にゆっくり記事入れしていても、後発の自分が勝てるわけがない。 そこで周りの人間が少し頭がおかしいと思うくらいの量を入れること。具体的にはオープンまでの5ヶ月で1,000記事を入れる計画を立てました。  

上でも、言いましたが、ただ書きまくるということですね。(笑)

Summaryまとめ

webサイトを作る目的のほとんどは、収益・集客を上げるためです。その上で、Webマーケティングが重要なことは言うまでもなく、大事なのは「継続」かなとも思います。アイキャッチ画像は、無料素材となっていたボーン片桐を使ってみました!笑

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

Menu