技術メモ
【完全版】URLからwp(wordpress)などの不要なスラッグを削除する方法

お久しぶりです。久々の技術的なブログを書かせていただきます。
タイトルが少しわかりにくいですが、インストールしたWordPressのURLから不要なスラッグを削除する方法をご紹介いたします。(自分の備忘録も含め)
最近ではあまり見かけなくなっているようですが、古い仕様のサーバー会社なんかですと、WordPressをインストールしても、
http://◯◯.com/wp/みたいな感じで後ろの「wp」が自動付与(会社によってはwordpressだったりしますが)されるケースがあります。(サーバー内から取り除けないケースがあります。)

URLはもちろん短い方がいいですし、何よりもトップページ含めたURLに全て「wp」が付くのはかっこいいものではないです。そこで少しphpを触らないといけませんが、削除する方法を解説させていただきます。
*できれば、早めに施策した方がめんどくさくなくて良いかと思います。

準備・用意するものとしては、
・WordPressサイトに入れること(ログイン情報)
・FTPツールとアカウント情報
・phpを追加・修正できるテキストツール

ぐらいです。

順序としては、
1、WordPress側で「サイトアドレス(URL)を変更
2、FTPからhttp://◯◯.com/wp/のindex.phpと.htaccessをローカルにコピー
3、index.phpの中身を変更
4、変更したindex.phpと.htaccessをhttp://◯◯.com/にアップロード
5、WordPress内のパーマリンク設定を更新
6、おまけ(サイト内部のURLの書き換えについて)

となります。

では、早速見ていきましょう。

1、WordPress側で「サイトアドレス(URL)を変更

まずは、URLを書き換えるWordPressにログインします。
そして、左のメニュー「設定」→「一般」に移動します。
そこで、サイトアドレス欄があると思いますので実際に書き換えます。

WordPress側で「サイトアドレス(URL)を変更する WordPress側で「サイトアドレス(URL)を変更する

*上記実行後は、一時的にサイトにエラーが出ます。(サイトが表示されない状態になりますので、それを念頭に置いて作業しましょう。)

2、FTPからhttp://◯◯.com/wp/のindex.phpと.htaccessをローカルにコピー

次に、FTPツールで当該サイトのFTPアカウントに入り、「http://◯◯.com/wp/」の階層から、index.phpと.htaccessを自分のパソコン側(ローカル)にコピーします。

2、FTPからhttp://◯◯.com/wp/のindex.phpと.htaccessをローカルにコピーします。

*「http://◯◯.com/wp/」の階層は、index.phpと.htaccessをコピーするだけです。間違って書き換えたものを上書きしないようにしましょう。
*.htaccessはFTPツールの設定によっては表示されていないことがあります。
また、ダウンロードしたパソコン側でも表示されないことがありますので、FTPツール・パソコン側で表示されるような設定をする必要があります。(今回は省いていますが、「.で始まるファイル」「表示」などでググってみてください。)

3、index.phpの中身を変更

テキストツールでindex.phpの中身を修正します。
17行目あたりにある「’/wp-blog-header.php’」の箇所を「’/wp/wp-blog-header.php’」に書き換えて、保存します。

index.phpの中身を変更する index.phpの中身を変更する

4、変更したindex.phpと.htaccessをhttp://◯◯.com/にアップロード

先ほどローカルにダウンロードした.htaccessと書き換えたindex.phpを「http://◯◯.com/」の階層にアップロードします。

変更したindex.phpと.htaccessをhttp://◯◯.com/のFTPに入れる

*FTPツールの「http://◯◯.com/」の階層に、元々、「.htaccess」がある場合は、テキストツールで「http://◯◯.com/の.htaccess」と「http://◯◯.com/wp/の.htaccess」の中身を合体する必要がありますのでご注意ください。
*この時点で、http://◯◯.com/にアクセスすると表示されてるはずです。逆に、まだ表示されていないようであれば、上記の過程で何か間違いがあった可能性が高いです。

5、WordPress内のパーマリンク設定を更新

URL構造に変更を加えたことでパーマリンク設定が初期化されてしまいます。
再度もともとの設定を入れて再適用させます。
左のメニュー「設定」→「パーマリンク設定」に移動し、URL構造を選択し、更新ボタンを押します。

WordPress内のパーマリンク設定を更新する

以上で完了しました。

6、おまけ(サイト内部のURLの書き換えについて)

WordPressをインストールして初期段階であれば、何も困ることはないのです。しかし、かなりコンテンツがある場合は注意しないといけない点があります。
それは、固定ページ・投稿ページ、またテーマのphpに記載されているページ内リンクを移行したURLに変更しないと、404エラーが出てしまいますので、全て書き換える必要があります。

おまけ(サイト内部のURLの書き換えについて)

以上で本当に終わりとなります。

基本ですが、FTPに関わる作業をする場合は必ず、バックアップを取った上で作業しましょう!もし、上手くいかなくても安心です!
少し難しいかもしれませんが、正しく順序さえ抑えて進めば大丈夫です。
ぜひ、チャレンジして見てください!

ホームページ制作ご対応エリア

LIVALESTは、個人のフリーランスとして活動しています。全国対応ではなく、大阪を中心とした関西圏の直接お会いできる距離を重要視しています。

直接、お話をお伺いすることで、広く深くクライアント様のビジネスを理解し、ホームページを通じて、要望を実現いたします。

  • 大阪府:
  • 池田
  • 泉大津
  • 泉佐野
  • 和泉
  • 茨木
  • 大阪狭山
  • 旭区
  • 阿倍野区
  • 生野区
  • 北区
  • 此花区
  • 城東区
  • 住之江区
  • 住吉区
  • 大正区
  • 中央区
  • 鶴見区
  • 天王寺区
  • 浪速区
  • 西区
  • 西成区
  • 西淀川区
  • 東住吉区
  • 東成区
  • 東淀川区
  • 平野区
  • 福島区
  • 港区
  • 都島区
  • 淀川区
  • 貝塚
  • 柏原
  • 交野
  • 門真
  • 河内長野
  • 岸和田
  • 四條畷
  • 吹田
  • 摂津
  • 泉南
  • 高石
  • 高槻
  • 大東
  • 豊中
  • 富田林
  • 寝屋川
  • 羽曳野
  • 阪南
  • 東大阪
  • 枚方
  • 藤井寺
  • 松原
  • 箕面
  • 守口
  • 八尾
  • 兵庫県:
  • 神戸
  • 姫路
  • 尼崎
  • 明石
  • 西宮
  • 洲本
  • 芦屋
  • 伊丹
  • 相生
  • 豊岡
  • 加古川
  • 赤穂
  • 西脇
  • 宝塚
  • 三木
  • 高砂
  • 川西
  • 小野
  • 三田
  • 加西
  • 丹波篠山
  • 養父
  • 丹波
  • 南あわじ
  • 朝来
  • 淡路
  • 宍粟
  • 加東
  • たつの
  • 京都府:
  • 京都
  • 福知山
  • 舞鶴
  • 綾部
  • 宇治
  • 宮津
  • 亀岡
  • 城陽
  • 向日
  • 長岡京
  • 八幡
  • 京田辺
  • 京丹後
  • 南丹
  • 木津川
  • 和歌山県:
  • 和歌山
  • 海南
  • 橋本
  • 有田
  • 御坊
  • 田辺
  • 新宮
  • 紀の川
  • 岩出
  • 奈良県:
  • 奈良
  • 大和高田
  • 大和郡山
  • 天理
  • 橿原
  • 桜井
  • 五條
  • 御所
  • 生駒
  • 香芝
  • 葛城
  • 宇陀
  • 滋賀県:
  • 大津
  • 彦根
  • 長浜
  • 近江八幡
  • 草津
  • 守山
  • 栗東
  • 甲賀
  • 野洲
  • 湖南
  • 高島
  • 東近江
  • 米原

ホームページ制作やWeb集客、
リニューアルやサイトの管理・運用・更新まで、
あなたのご相談・ご依頼をお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ

050-5604-7128 平日12:00 ~ 18:00

24時間以内に必ず、ご連絡させていただきます。

ホームページ制作実績一覧