技術メモ
Webサイトリニューアル時によく使う.htaccessのリダイレクト処理まとめ

Webサイトをリニューアルするときによく使う.htacessによるリダイレクト処理をまとめていきます。サイトリニューアル時についつい忘れがちですが、SEOにも関わる重要な施策ですので自分用にまとめておきます。

.htaccessとは?

「ドット・エイチ・ティ・アクセス」と読み、サーバーに対する命令をコントロールしているファイルです。今回まとめるページを移動するリダイレクト処理であったり、URLの正規化、ベーシック認証、キャッシュの設定、特定ドメインのアクセス除外なども設定できます。

リダイレクト処理

リダイレクト処理には、恒久的にページを移転させる301リダイレクトと一時的にページを移転させたいときに使用する302リダイレクトがあります。個人的には301リダイレクトを使用するケースが多いので今回は301リダイレクトを中心にご紹介します。

ページ単位でのリダイレクト

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteRule ^old.html$ /new.html [R=301,L]

※ どちらもhtml形式の場合

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteRule ^contact.html$ https://livalest.com/contact/ [R=301,L]

※ html形式から全URL記載ver

※ ページURLは適宜変更してください。

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteRule ^blogcat/freelance/$ https://livalest.com/ [R=301,L]

※ ブログのカテゴリーページをトップページへリダイレクトする時の処理

ディレクトリ単位でのリダイレクト

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteRule ^old(.*)$ /new$1 [L,R=301]

ドメイン単位でのリダイレクト

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(www.old-livalest.com)(:80)? [NC] RewriteRule ^(.*) https://new-livalest.com/$1 [R=301,L]

※ ページURLは適宜変更してください。

SSL化して、https通信へ変更するとき

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

URLの正規化/index.htmlはトップページにリダイレクト

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html
RewriteRule ^(.*)index.html$ https://livalest.com/$1 [R=301,L]

※ ページURLは適宜変更してください。

wwwありURLを、wwwなしURLへリダイレクトする記述

これに関してはGoogle Search Consoleでも設定が可能なので、僕の場合は.htaccessを使わず、Google Search Consoleの方で設定することが多いです。

.htaccessファイル

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www.livalest\.com
RewriteRule ^(.*)$ http://livalest.com/$1 [L,R=301]

※ ページURLは適宜変更してください。

.htaccess注意点を変更・追加する上での注意点

WordPressの場合、その記述を消さないようにする

.htaccessファイル

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>
# END WordPress

WordPressのサイトでは、.htaccessのファイルを開くと上記のようなコードがあります。このコードは基本的に触らず、そのままにしておきましょう。

バックアップはしっかりとっておく

コード編集全般に言えることですが、必ずバックアップをとっておきましょう。Webサイトの表示そのものに関わる重要なファイル編集ですので、エラーが起これば早期にバックアップで復元しましょう。

場合によっては反映まで時間がかかることも・・・

こちらもご使用のサーバーによって、.htaccessの処理反応が遅いことがあります。この場合は少し時間を空けて再度確認してください。

レンタルサーバーによっては設定が必要なことも・・・

使用しているサーバーによっては、.htaccessの設置を許可されていないことがあります(みんなが知っているようなサーバーでは問題ないはずです)。また、.htaccessのパーミッション関係で設定が必要なこともあります。どうしても設定がうまくいかない場合は、ご契約しているサーバー会社さんに問い合わせした方が早いかもしれません。

まとめ

サイトリニューアルの時に設定し忘れることが多いですが、リダイレクト処理全般に関しては過去のサイトのSEO評価を引き継ぐうえでも重要な施策です。今回は自分用にクライアントワークでよく使うリダイレクト処理をまとめてみました。皆さんの参考になれば幸いです。

ホームページ制作ご対応エリア

LIVALESTは、個人のフリーランスとして活動しています。全国対応ではなく、大阪を中心とした関西圏の直接お会いできる距離を重要視しています。

直接、お話をお伺いすることで、広く深くクライアント様のビジネスを理解し、ホームページを通じて、要望を実現いたします。

  • 大阪府:
  • 池田
  • 泉大津
  • 泉佐野
  • 和泉
  • 茨木
  • 大阪狭山
  • 旭区
  • 阿倍野区
  • 生野区
  • 北区
  • 此花区
  • 城東区
  • 住之江区
  • 住吉区
  • 大正区
  • 中央区
  • 鶴見区
  • 天王寺区
  • 浪速区
  • 西区
  • 西成区
  • 西淀川区
  • 東住吉区
  • 東成区
  • 東淀川区
  • 平野区
  • 福島区
  • 港区
  • 都島区
  • 淀川区
  • 貝塚
  • 柏原
  • 交野
  • 門真
  • 河内長野
  • 岸和田
  • 四條畷
  • 吹田
  • 摂津
  • 泉南
  • 高石
  • 高槻
  • 大東
  • 豊中
  • 富田林
  • 寝屋川
  • 羽曳野
  • 阪南
  • 東大阪
  • 枚方
  • 藤井寺
  • 松原
  • 箕面
  • 守口
  • 八尾
  • 兵庫県:
  • 神戸
  • 姫路
  • 尼崎
  • 明石
  • 西宮
  • 洲本
  • 芦屋
  • 伊丹
  • 相生
  • 豊岡
  • 加古川
  • 赤穂
  • 西脇
  • 宝塚
  • 三木
  • 高砂
  • 川西
  • 小野
  • 三田
  • 加西
  • 丹波篠山
  • 養父
  • 丹波
  • 南あわじ
  • 朝来
  • 淡路
  • 宍粟
  • 加東
  • たつの
  • 京都府:
  • 京都
  • 福知山
  • 舞鶴
  • 綾部
  • 宇治
  • 宮津
  • 亀岡
  • 城陽
  • 向日
  • 長岡京
  • 八幡
  • 京田辺
  • 京丹後
  • 南丹
  • 木津川
  • 和歌山県:
  • 和歌山
  • 海南
  • 橋本
  • 有田
  • 御坊
  • 田辺
  • 新宮
  • 紀の川
  • 岩出
  • 奈良県:
  • 奈良
  • 大和高田
  • 大和郡山
  • 天理
  • 橿原
  • 桜井
  • 五條
  • 御所
  • 生駒
  • 香芝
  • 葛城
  • 宇陀
  • 滋賀県:
  • 大津
  • 彦根
  • 長浜
  • 近江八幡
  • 草津
  • 守山
  • 栗東
  • 甲賀
  • 野洲
  • 湖南
  • 高島
  • 東近江
  • 米原

ホームページ制作やWeb集客、
リニューアルやサイトの管理・運用・更新まで、
あなたのご相談・ご依頼をお待ちしております。

お電話でのお問い合わせ

050-5604-7128 平日12:00 ~ 18:00

24時間以内に必ず、ご連絡させていただきます。

ホームページ制作実績一覧