大阪のWeb制作会社です。ホームページのご相談いつでもどうぞ。

サイト制作・運用
ホームページ8つの種類・分類を解説!目的に合ったサイトを選択するポイント

ホームページとはいっても、その特徴にはさまざまなものがあり、たくさんの種類があります。この記事では、ホームページの8つの主な種類と分類を解説しています。

また、事業に合ったターゲット層を明確にして目的に合ったサイトを選択するためのポイントと、目的に沿ったおすすめのWebサイトの種類をお伝えします。

あなたが目指すサイト作りに役立ててください。

  • 自社のホームページを新規に作成したい中小企業様
  • 既存のホームページをリニューアルしたい中小企業様
  • ホームページ制作に関する知識や経験が少ない中小企業様

ホームページの種類と特徴を8つに分類

ホームページ・Webサイトは、インターネット上でコンテンツを公開するためのツールであり、企業や個人、団体などが自己表現や情報提供、商品販売などの目的で利用しています。ここでは、ホームページの種類と特徴を9つに分類して紹介します!

コーポレートサイト

企業や事業の概要や魅力をアピールするホームページは、ビジネスにおいて欠かせない存在となりました。

このWebサイトには、会社概要や事業内容、製品やサービスの紹介、採用情報などが掲載されているため、多くの人々がアクセスしています

また、大企業や中小企業、個人事業主など、目的や規模に応じて様々な形態があります。ビジネスにおいて、Webサイトは会社の顔とも言える存在であり、その質や内容が会社のイメージ形成に大きく関わってきます。

ランディングページ(LP)

ランディングページは、広告やメールマガジンなどからアクセスされることが多く、特定の目的(問い合わせ、資料請求、会員登録など)に誘導するためにシンプルなデザインが採用されています。

さらに、ユーザー体験を最適化するために、コンテンツは明確かつ分かりやすく、アクションを起こしやすいように構成されています。

また、サイト内のナビゲーションや検索機能も簡単に利用できるように設計されています。これらの工夫により、ユーザーは迷わずに目的のページにアクセスできるため、コンバージョン率が向上すると期待されています。

オウンドメディア

オウンドメディアは、会社・事業が発信するコンテンツ(ブログ、動画、SNSなど)を集約したものです。

このサイトを通じて、企業・事業の情報発信力を高め、さらに顧客との関係を強化したり、新たな顧客を獲得するための施策を実施しています。

業界の最新情報やトレンドに関する記事を掲載したり、専門知識や技術力をアピールすることができます。

これらの施策により、当社は顧客満足度の向上につながり、ビジネスの成長を促すことができます。

採用・求人サイト

求職者に対して企業や職場の情報を発信するホームページです。企業の雰囲気や社風、福利厚生などを紹介し、人材採用のPRや応募者の増加などを目的としています。

採用・求人サイトは、求職者だけをターゲットにするのが特徴で、会社の内部情報や働く環境をより詳しく発信することで、採用・求人に関するお問い合わせを増やすことができます。

サービスサイト

企業・事業が提供する様々なサービスや機能を紹介しているサイトをサービスサイトと言います。企業・事業の商品やサービスの特徴やメリットについて、詳しく説明しています。

また、価格や購入方法など、お客様が知りたい情報がすべて掲載されています。

このようなオンライン上でのサービス提供が拡大する中、商品・サービスのターゲット顧客に直接魅力を伝えるためにデザイン・設計されるという特徴を持っています。

ECサイト

ECサイトとは、インターネット上で商品やサービスを販売するためのWebサイトのことです。ユーザーは、商品のラインナップや価格、購入方法、配送方法などをオンラインで閲覧することができます。

ECサイトは、オンラインショッピングをより簡単に便利にします。ユーザーは自宅で買い物ができるため、買い物にかかる時間や負担を軽減することができます。

また、ECサイトでは、店舗では見つけることができないような商品を見つけることができる場合もあります。さらに、購入履歴などから、過去に購入した商品を再度購入することも簡単にできます。

プロモーションサイト

キャンペーンやイベントなどを告知する期間限定のホームページです。

商品やサービスのプロモーションに利用され、Web広告やSNSなどからアクセスされることが多いです。

特定の目的があるため、情報の更新やデザインの変更が頻繁に行われることがあります。

例えば、キャンペーンの期間中は、新しい情報を追加することができます。また、イベントに参加する人々に向けて、より詳細な情報を提供することができます。

ユーザーがより多くの情報を得るために、ホームページは明確で詳細な説明を含めるようにしましょう。

ポータルサイト

ポータルサイトは、様々な情報やサービスにアクセスするための入り口として役立ちます。例えば、ニュース、天気、検索エンジン、掲示板、メールなど、さまざまなコンテンツが一箇所に集約されています。

このような総合的なホームページは、現代の生活において非常に重要であり、私たちの日常生活に便利さをもたらしています。yahoo JAPANのサイトが代表的なポータルサイトになります

以上、ホームページの主な種類と特徴について紹介しました。
ホームページを作成する際には、目的やターゲットに合わせて最適な種類を選択することが重要です。

次にホームページを制作する目的から種類を選択する方法をお伝えします。

目的に合わせて制作するホームページの種類を選ぶ方法

目的に合わせて制作するホームページの種類を選ぶ方法

Webサイトを制作する際、目的にあった種類を選ぶことは非常に重要です。ターゲット層を明確にし、目的に合わせておすすめのホームページの種類を紹介します。

事業にマッチしたターゲット層を明確にする

ターゲット層とは何か?なぜ重要なのか?

ターゲット層とは、商品やサービスを提供する際に狙うべき顧客層のことを指します。
ターゲット層を明確にすることで、より効果的なWebマーケティングが可能になります。
また、ターゲット層に合わせたホームページを制作することで、ユーザーにとって使いやすく、ターゲットに訴求しやすいサイトを作ることができます。

ターゲット層の設定方法とポイント

ターゲット層を設定する際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • 年齢、性別、職業、地域など、具体的な属性を設定する。
  • ターゲット層のニーズや関心事を把握する。
  • ターゲット層がどのような検索ワードを使うかを調査する。

これらのポイントを踏まえて、あなたのビジネスに合ったターゲット層を設定しましょう。

ターゲット層に合わせたホームページの作り方

ターゲット層に合わせたホームページを制作する際には、以下のポイントを考慮する必要があります。

  • ターゲット層が求める情報を提供する。
  • ターゲット層が利用しやすい機能を提供する。
  • ターゲット層の課題を解決できるコンテンツを用意する。

これらのポイントに沿って、より効果的なホームページを制作しましょう。

目的別におすすめのホームページの種類を紹介

企業の認知度や信頼性を高めるならコーポレートサイト

企業や商品の認知度や信頼性を高めるためには、コーポレートサイトがおすすめです。
コーポレートサイトは、企業自体を紹介するWebサイトです。これらのサイトは、企業や商品の魅力をアピールすることで、認知度や信頼性を高めることができます。

集客や売上アップが目的なら、ランディングページ(LP)

ランディングページ(LP)は、特定の商品やサービスに焦点を当てたWebサイトです。具体的には、製品の特長や優位性を丁寧に説明することで、顧客の関心を引き付けます。

商品の特長をビジュアルで表現することで、顧客の注意を引き付けることができます。また、顧客の興味を引くために、特別なオファーを提供することもできます。

さらに、ランディングページにアクセスした顧客に対して、メールマーケティングなどの手段を使って、継続的に情報を提供することで、長期的な顧客関係を築くことができます。

コンテンツを発信するならオウンドメディア運用

会社・事業が発信するコンテンツ(ブログ、動画、SNSなど)を集約して、ターゲット層に有益な情報や知識を提供するならオウンドメディアの作成・運用がおすすめです。

ユーザーとの信頼関係やエンゲージメントを高めることで、こうしたアプローチは、競合他社に比べて、優位に立つことができます。

また、コンテンツマーケティングは、SEO効果や集客力を向上させるためにも非常に効果的です。こうした戦略を効果的に実行するためには、定期的なコンテンツの更新や、新しい情報や知識の提供が必要です。

採用活動や人材育成を強化するなら採用・求人サイト

採用活動や人材育成を強化する際には、採用・求人サイトが有効です。

採用・採用・求人サイトは、企業の求人情報を掲載するウェブサイトで、人材獲得や人材育成につながるコンテンツや機能を提供することで、効果的な採用活動や人材育成ができます。

ホームページの種類に関するよくあるご質問

企業ホームページの種類は?

コーポレートサイト、ランディングページ(LP)、オウンドメディア、採用・求人サイトが、代表的な企業が作成するホームページになります。

それぞれ企業や事業の情報や目的に合わせた異なる機能を持ったホームページです。

コーポレートサイトは、会社の歴史やビジョン、社員の紹介などを含め、企業や事業の概要や魅力をアピールするためのホームページ。

一方、ランディングページ(LP)は、特定の目的(問い合わせ、資料請求、会員登録など)に誘導するシンプルなホームページであり、キャンペーンやセミナーの案内などが含まれます。

オウンドメディアは、自社が発信するコンテンツ(ブログ、動画、SNSなど)を集約したホームページであり、商品やサービスに関する情報や知識、お客様の声などが含まれます。

採用・求人サイトは、求職者に対して企業や職場の情報を発信するためのホームページであり、募集要項や福利厚生、社員インタビューなどが含まれます。これらのホームページは、それぞれ異なる目的を持ち、企業や事業の魅力を伝えるために重要な役割を果たしています。

Webサイトのページの種類は?

細かくわかるとたくさんありますが、大きくは下記の3つです。

  • トップページ
  • 下層ページ
  • お問い合わせページ

トップページ:サイトへ訪れた人が最初に見るページです。サイト全体の概要や目的を伝えます。

下層ページ:トップページからリンクされた詳細な情報を提供するページです。商品紹介や会社案内などがあります。

お問い合わせページ:お問い合わせフォームや電話番号・メールアドレスなど連絡先を掲載するページです。

Webサイトのレイアウトはホームページの種類により変わる?

Webのレイアウトは、ホームページの種類によって変わります。

例えば、コーポレートサイトでは、企業や事業の概要や魅力を伝えるために、以下のようなレイアウトがよく使われます。

  • ヘッダー:サイト名やロゴ、メニューなどを上部に配置する
  • キャッチコピー:企業や事業の特徴やメッセージを大きく表示する
  • コンテンツ:企業や事業に関する詳細な情報を段落や画像で分かりやすく説明する
  • フッター:連絡先やSNSリンクなどを下部に配置する

一方、ランディングページ(LP)では、特定の目的(問い合わせ、資料請求、会員登録など)に誘導するために、以下のようなレイアウトがよく使われます。

  • ヘッダー:サイト名やロゴをシンプルに表示し、メニューは省略する
  • タイトル:目的に沿ったキャッチコピーと共に目立つ色で表示する
  • ベネフィット:商品やサービスのメリットを箇条書きで簡潔に紹介する
  • CTA(コール・トゥ・アクション):目的達成のための行動(問い合わせボタンなど)を大きく表示し、クリックさせる

ホームページ制作時には、目的とターゲット層に合ったレイアウトを選ぶことが大切です。

まとめ:ホームページ種類を把握して、目的に選択を

この記事では、ホームページの種類と特徴を8つに分類しました。それぞれのホームページには、適した目的やメリットがあります。事業や目標に合わせて、最適なホームページを制作することが重要です。

しかし、ホームページを制作する前に、もう一つ大切なことがあります。

それは、自社のターゲット層を明確にすることです。ターゲット層を知ることで、どんなホームページを作れば良いかがわかります。

さらに、自社のターゲット層に合わせて、ホームページのデザインやコンテンツも工夫する必要があります。

この機にホームページ制作をお考えであれば、ターゲット層も含め制作する方にご相談してみいいかもしれません。より良いホームページになれば嬉しいです!