大阪のWeb制作会社です。
ホームページ制作の無料相談はこちら

サイト制作・運用
サイトマップ(構成図・階層図)とは?作成ツールと3つのメリットを紹介

Webサイトを訪れるユーザーにとって、サイトの構造や内容を一目で理解する手助けとなるのがサイトマップです。

しかし、その作成や適切な利用方法は意外と知られていません。この記事では、サイトマップの基本から、その重要性、作成方法、そして活用のポイントまでを詳しく解説します。

ホームページ制作をこれから始める方や、既存のサイトをより使いやすくしたい方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

  • ホームページ制作に関心がある人
  • ホームページ制作に必要な知識やスキルが不足している人
  • ホームページ制作を外注したい人

サイトマップ(構成図)とは? 基本的な説明

サイトマップ(構成図)とは? 基本的な説明

ホームページの構造を示す図であるサイトマップについて、その定義と、構成要素、形式、必要性について詳しく説明します。

サイトマップはWebサイトの全体像を理解するために不可欠です。

サイトマップ(構成図)とは?

サイトマップ(構成図)とは、Webサイトの構造を示す図で、Webサイトの階層構造、ページの関係性、ページのURLなどを一覧で表示したものを指します。

また、サイトマップの形式には、以下のようなものがあります。

  • テキスト形式
  • HTML形式
  • XML形式

もう少し詳しく解説していきます。

テキスト形式

テキスト形式のサイトマップは、Webサイトのページを階層構造に沿って列挙するため、どのページがどのページの下にあるかが明確になります。この情報は、Webサイトの設計者や開発者がページの構造を確認するのに役立ちます。

HTML形式

HTML形式のサイトマップは、ウェブページのリンクとともに、サイト内の階層構造を示しています。HTML形式のサイトマップは、ユーザーがウェブサイト全体を理解するのに役立ちます。

主に、サイトユーザーがWebサイトの全体のページを確認するために作られ、ユーザーをナビゲートすることに用いられます。

XML形式

XML形式のサイトマップは、検索エンジンがウェブサイトをクロールするのを助けます。これにより、ウェブページが正確にインデックスされ、検索結果に表示されるようになります。

このように、サイトマップとはいっても色々な形式があり何を指すかはその状況によって異なります。

今回のこの記事では、主にホームページを制作する前に必要になる「テキスト形式」のサイトマップについて解説しています。

サイトマップ(構成図)の構成要素

サイトマップは、Webサイトの全体像を理解するためのツールとなります。そのため、サイトマップには以下のような構成要素が含まれることが多いです。

  • ページタイトル
  • URL
  • ページの階層構造
  • ページの関係性

それでは具体的に解説していきます。

ページタイトル

Webページのタイトルは、Webサイトの構成を理解するために非常に重要です。タイトルには、そのページの内容が端的に表現されています。

URL

URLは、Webページのアドレスを表します。URLを含めたサイトマップは、Webサイトの全体的な構造を理解するために非常に重要です。

URLの適切な長さやキーワードの使用方法についても考慮する必要があります。

ページの階層構造

Webサイトのページは、階層構造を持っています。サイトマップは、Webサイトのページがどのような階層構造を持っているかを示すことができます。

適切な階層構造を設計することにより、ユーザーが簡単に情報を見つけることができるようになります。

ページの関係性

Webサイトのページは、お互いに関係しています。サイトマップは、Webサイト内のページの関係性を理解するための重要なツールです。

適切なページの関係性を設計することにより、ユーザーが簡単に情報を見つけることができるようになります。

もちろんここで紹介したサイトマップの構成要素はあくまで一例です。

サイトマップを作成する時にどういった情報を盛り込むかはその目的によって異なるので、参考にしていただければ嬉しいです。

HTML形式サイトマップの役割と3つのメリット

HTML形式のサイトマップはユーザーにとって、以下のようなメリットがあります。

  • Webサイト全体の構造を理解することができるため、必要な情報に素早くアクセスできること。
  • 検索機能が充実していないWebサイトでも、サイトマップを利用することで目的のページにたどり着くことができること。
  • サイトマップを利用することで、Webサイト内のページの関係性を理解することができること。

まず、サイトユーザーにとって、Webサイトの全体構造を理解する手助けをします。サイトマップを見ることで、Webサイトのどの部分がどのように関連しているかを把握することができます。

これにより、サイトユーザーは必要な情報に素早くアクセスすることができ、時間を節約することができます。

また、Webサイトに検索機能が充実していない場合でも、サイトマップを利用することで目的のページにたどり着くことができます。

これにより、ユーザーは必要な情報を見つけるために時間をかける必要がなくなります。

さらに、HTML形式サイトマップを利用することで、Webサイト内のページの関係性を理解することができます。

サイトユーザーはWebサイトのコンテキストを理解し、より深く掘り下げることができます。また、サイトユーザーは関連するコンテンツに素早くアクセスすることができ、より多くの情報を収集することができます。

テキスト形式サイトマップの役割と3つのメリット

Webサイトの制作において、テキスト形式のサイトマップを作成することで以下のようなメリットがあります。

  • Webサイトの構造を明確にすることができるため、制作の効率化が図れること。
  • Webサイトの全体像を理解することができるため、ユーザビリティの向上につながること。
  • サイトマップを作成することで、Webサイトの中でページがどのような位置づけにあるのかを把握することができ、ページの整理整頓がしやすくなること。

Webサイト制作において、サイトマップの作成は非常に重要です。なぜなら、サイトマップを作成することで、Webサイトの構造を明確にすることができるため、制作の効率化が図れるからです。

また、Webサイトの全体像を理解することができるため、ユーザビリティの向上につながります。

さらに、サイトマップを作成することで、Webサイトの中でページがどのような位置づけにあるのかを把握することができます。これにより、ページの整理整頓がしやすくなります。

また、サイトマップを作成する際には、各ページのタイトルやコンテンツの概要を記載することができます。

これにより、Webサイトの全体像を理解するだけでなく、各ページの内容も把握することができます。

サイトマップの作り方とポイント

サイトマップの作り方とポイント

ウェブサイト制作におけるサイトマップ作成について説明しています。

サイトマップ作成の前に押さえるべきポイントや手順、失敗例とその対処法、そしてサイトマップ作成に便利なツールについて解説しています。

サイトマップ作成の前に押さえるべきポイント

サイトマップは、ホームページの構成図であり、どのページがどのようにつながっているかを示すものです。サイトマップを作成する前に、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

  • ターゲットユーザーがどのような情報を求めているかを把握する
  • ページの階層構造を明確にする
  • ウェブサイトの目的やコンセプトを考慮する
  • 検索エンジン最適化(SEO)を意識する

最初に、ターゲットユーザーがどのような情報を求めているかを把握する必要があります。

どのようなコンテンツがユーザーにとって役立つのか、どのようにページを構成することで、ユーザーが必要とする情報に簡単にアクセスできるようにできるかを考える必要があります。

次に、ページの階層構造を明確にすることが重要です。

ページの階層構造を明確にすることで、ユーザーがサイト内をナビゲートする際に迷わずに済むようになります。

また、階層構造を明確にすることで、サイトマップを作成するのが容易になります。

Webサイトの目的やコンセプトを考慮することも重要です。

Webサイトを作成する目的やコンセプトを明確にすることで、サイト全体のデザイン、コンテンツ、ページ構成などを決定することができます。

また、ウェブサイトの目的やコンセプトに合わせて、適切なキーワードを選定することもSEOにつながります。

サイトマップ作成の手順と方法

サイトマップ作成の手順は、以下のようになります。

  • サイトマップの構成図を作成
  • ページのタイトル・URL・コンテンツを決定
  • ページの階層構造を設計
  • サイトマップ完成

下記で詳しく解説します。

サイトマップの構成図を作成

サイトマップの構成図を作成します。

この構成図は、Webサイトのページ構成を視覚的に表現します。基本的には、Webサイトのトップページから各コンテンツページに至るまでのページの関係性を示します。

また、この構成図の作成は、ウェブサイトのデザインや構成を決定する上で非常に重要な役割を果たします。

ページのタイトル・URL・コンテンツを決定

各ページのタイトル・URL・コンテンツを決定します。

各ページのタイトル・URL・コンテンツは、サイトマップの構成図に基づいて作成します。

ページのタイトルは、そのページの内容を簡潔に表現したものであり、一般的には〜32文字以内に収めることが望ましいです。

ページのURLは、日本語よりは英語の方が良く、直感でどういったページかわかり短いものが望ましいです。例えば、当事業だとlivalest.comがドメインにあたり、事業概要のページは「about」というURLにしています。

ページのコンテンツは、そのページに掲載するコンテンツの詳細を記述します。

ページの階層構造を設計

ページの階層構造を設計します。

ページの階層構造は、サイトマップの構成図に基づいて設計します。

この階層構造は、Webサイトのメニュー構成やナビゲーションの設計に大きな影響を与えます。

また、階層構造を正しく設計することで、ユーザーがウェブサイト内をスムーズに移動できるようになります。

サイトマップ完成

サイトマップを完成させるには、先に述べた方法を用いて、サイトマップを作成していく必要があります。

この時、手書きやホワイトボードを使って作成する方法、専用のサイトマップ作成ツールを使う方法、ワイヤーフレームツールを使う方法などがあります。

それぞれの方法にはメリット・デメリットがありますが、最終的にはWebサイトの規模や目的に合わせて選択する必要があります。

サイトマップ作成でよくある失敗例とその対処法

サイトマップ作成でよくある失敗例としては、以下のようなものがあります。

  • サイトマップの階層が深すぎる
  • サイトマップの構成が複雑すぎる

サイトマップの階層が深すぎると、ユーザーは情報を見つけるのに時間がかかり、ストレスを感じる可能性があります。

階層が深すぎると、ユーザーは何度もページを遷移しなければならず、情報を見つけるのに手間がかかります。このため、サイトマップの階層構造を浅くすることが重要です。

階層構造をできるだけシンプルにすることで、ユーザーが必要な情報に素早くアクセスできるようになります。

また、サイトマップの構成が複雑すぎると、ユーザーは混乱し、サイトの使用をやめる可能性があります。

構成が複雑すぎると、ユーザーが必要な情報を見つけるのに手間がかかり、ストレスを感じる可能性があります。このため、サイトマップの構成をシンプルにすることが重要です。

ページの構成をシンプルにすることで、ユーザーが必要な情報を素早く見つけることができます。

サイトマップ作成に便利なツール

サイトマップ作成には、専用のサイトマップ作成ツールを使うことが便利です。ここでは、サイトマップ作成ツールを紹介します。

マインドマップ系ツール

マインドマップとは、頭で思い描いたものを図式で表現するためのツールです。
人が頭の中で自然におこなっている思考を「見える化」することで、頭の働きを活性化し、発想を広げるための手法です。

有名なマインドマップのツールには、以下のようなものがあります。

エクセルなどのオフィス系

使い慣れたMicrosoftなどのOffice系のツールを使うのも一つの手段です。 学習コストを下げるためにも、普段から使い慣れたツールを選んだ方がいいでしょう。

サイトマップ作成でツール使う時のポイント

サイトマップ作成にあたり、ツールの操作方法を事前に学習することは重要です。ツールがどのように機能するのかを事前に理解することで、スムーズに作業を進めることができます。

また、テンプレートを活用することで、時間を節約しながら簡単にサイトマップを作成することができます。

ただし、テンプレートをそのまま使用するのではなく、Webサイトの目的やコンセプトに合わせて、自分でカスタマイズすることで、より効果的なサイトマップを作成することができます。

以上のように、サイトマップ作成にあたり、ツールの操作方法を学習し、テンプレートを活用しながらも自分でカスタマイズすること、Webサイトの階層構造やページの関連性を考慮すること、そして必要に応じて複数のツールを使用することが重要です。

サイトマップ(構成図・階層図)に関する良くあるご質問

HTMLサイトマップとは何ですか?

HTMLサイトマップとは、ウェブサイト内のページを一覧表示するためのファイル・Webページのことです。

HTML形式のサイトマップは、ウェブページのリンクとともに、サイト内の階層構造を示しています。HTML形式のサイトマップは、サイトユーザーがウェブサイト全体を理解するのに役立ちます。

HTML形式のサイトマップの設置は、ユーザビリティの向上とアクセシビリティの向上につながります。

ユーザビリティの向上は、サイトユーザーがWebサイト内をナビゲートするのを手助けします。サイトマップには、トップレベルのカテゴリーから、各ページへのリンクが表示されます。これにより、サイトユーザーは迷わずに必要な情報にアクセスできます。

アクセシビリティ向上は、HTML形式のサイトマップは、バリアフリーのWebサイトの作成に役立ちます。障がいを持つ人々は、Webサイト内のナビゲーションを理解するのが難しい場合があります。サイトマップを使用することで、彼らはサイト内を簡単に移動できるようになります。

HTML形式のサイトマップの設置をすることで、以上のような2つのメリットがあります。ただし、昔のWebサイトでは多く活用されていましたが、現在ではあまり見られなくなっているのが現状です。

サイトマップは誰が作るものなのですか?

この記事でも紹介したように、サイトマップとはいってもその内容によって3種類に分かれます。それはテキスト形式のサイトマップ、HTML形式のサイトマップ、 XML形式のサイトマップです。

作成の難易度でいえば、テキスト形式のサイトマップ > HTML形式のサイトマップ > XML形式のサイトマップとなります。

テキスト形式のサイトマップは作成自体はそこまで難しくはないものの、一般的にはWebサイトを作成する人が作成します。

例外的に、ホームページを制作する段階で、 Web制作者の方に作りたいサイトのコンテンツを伝えるために、ワードやエクセルパワーポイントなどでテキスト形式のサイトマップを作る場面もあるでしょう。

しかし、HTML形式、 XML形式のサイトマップは、テキスト形式のサイトマップに比べて作るには知識やスキルが必要になってきます。

ですので、サイトマップは基本的に「Web制作者」もしくは、「Web制作会社サイド」で作成するものになります。

サイトマップのルールはありますか?

ここでは2種類のサイトマップについて解説します。

テキスト形式のサイトマップ

回答としては、特に決まったルールはありません。

サイトマップはホームページの構造を示す図であるので、よりわかりやすく明確に示す必要があります。

この記事で紹介したような構成要素を含めて、ズレがないようルールを決めて作成することで、よりわかりやすいサイトマップになるはずです。

HTML形式のサイトマップ

HTML形式のサイトマップを作る上でのポイントは下記の3点です。

  • Webサイト内のすべてのページを含めること
  • ページの優先順位を設定すること
  • URLの正確性を保つこと

Webサイト内のすべてのページを含めることが重要です。また、サイトマップには、階層的な構造が反映されるようにすることが望ましいです。

また、各Webページの優先順位を設定することでよりユーザビリティとアクセシビリティの向上につながります。

URLが間違っている場合、リンク切れを起こすためサイトマップとしての機能が阻害されます。正確なURLで設定できているかチェックが必要です。

まとめ:サイト構造を視覚化して、全体像を把握し、目的に応じたホームページ制作を!

サイトマップは、大きく3つの種類がありますがこの記事では、ホームページ制作時に使用される「テキスト形式」のサイトマップについて書きました。

「テキスト形式」のサイトマップは、Webサイトの構造を視覚的に表現するもので、ユーザーがウェブサイト内を迷わずにナビゲートできるようにするために重要でした。

この記事で解説したサイトマップ作成の手順やツールを駆使して、目的に合ったホームページを作るためにサイトマップを作ってみてください。