2016年の総括と来年へ。Webの凄さを肌に感じた一年でした

2016年の総括と来年へ。Webの凄さを肌に感じた一年でした

お久しぶりです。ブログ更新、1ヶ月半ほど止まっておりました。年末にかけて忙しさがピークに達しておりました。

去年の終わりにWebで生きてくために僕自身が心がけている3つのことという記事を書いて、2015年を総括しましたが、かなり客観的に記事を書いたのですが、今年は、主体的なことを交えてこの1年を総括しつつ、来年に向けての目標などを書いていきます。

このブログを継続してできた繋がり

ブログを始めるきっかけ

まず、このブログを始めたきっかけは2つあります。1つ目は、WordPressなど自分で読んだ本のアウトプットとしてのツールとして利用することでした。昔から本を読むのが好きで、大学時代などはノートにまとめたり、メモとったり色々な方法でアウトプットしてたのですが、WebのことはやっぱりWebで発信したいという想いが強かったのが要因です。2つ目は、ブログの更新をすることで、ホームページの運用の勉強したかったから(ブログのカスタマイズの勉強なども)です。実際に、コーポレーションサイトを固定ページだけで作るのと、投稿ページをカスタマイズしていくことは少し毛並みが違うので、実践の場として利用しています。WordPressで言うところの、使うプラグインなどが全く異なってくるので、このブログをデザインするときにかなり勉強になりました。

発信することで繋がる

もちろん、ブログを継続することでよくいけば、広告収入が得られたり、仕事がたくさん入ることがあることは知っていました。それでも実際に、そこを目標としていたわけではなく、あくまで上記の2つの点を達成するためのツールとしてブログを更新していました。しかし、このブログを通じて著者の方から連絡をいただくということがありました。

『僕が四十二歳で脱サラして、妻と始めた小さな起業の物語』を読んだ備忘録
この記事がきっかけに、実際にTwitterを通じて、著者の和田一郎様からご連絡いただきました。こういった著者の方から連絡をもらうというのが初めてだったもので興奮しました。Twitter上でも当記事を紹介してくださりました。

また、Webデザインにユーザビリティを体現させる5つの視点
という記事で紹介させていただいている著書の「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」の著者の香西睦様からもご連絡いただきました。Facebookの方や広報紙に当ブログ記事を掲載していただくことになりました。香西睦様は、2月に大阪でセミナーを行われるそうなので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。UIデザインの基本を学び直す「だから、そのデザインはダメなんだ。」

セミナーの方、終了してましたので、リンク解除しました。

半年以上も前に書いた僕が見たクラウドワークスの闇〜Web受注案件が安い理由〜という記事にも反響をいただきました。当記事経由でNHKからの取材依頼が来ました。これも本当にびっくりしました。昨今の、DeNAのキュレーションサイトの事件をきっかけにこの記事のアクセス数も上がっており、それが記者の方の目に止まったものだと思われます。

こういった著書の方から直接連絡が来る、取材依頼が来るというのはブログを始めた当初は思ってもみませんでした。改めて、Webの力を感じました。(Webがない時代では考えられないことなので)

ホームページの魅力の再確認

上記のような、見ず知らずの人と連絡手段ができるというのも、ホームページの魅力です。ホームページを持っているのと持っていないのでは、大きな違いになりますし、情報を発信するかしないか、ホームページに対する姿勢が能動的か受動的かでそのホームページの価値が違ってくることを痛感しました。特に、今年の僕の受注案件の100%の方がこのホームページを見てくれていますし、僕自身が書いて覚えていないようなことを指摘されることもありました。
そして、このホームページを介して、本当にたくさんの人と会ってきました。Webに関わる人にたくさん出会ってきました。その中でいろんな学びがありました。クライアントさんというだけなく、横の繋がりが格段に多くなったように感じます。
僕自身が一番、ホームページを持つことの意義を感じた1年でしたし、このホームページなしに今の自分はいないと言い切れます。だからこそ、ホームページで困っている方、もしくはホームページを武器にしたい方のお力になりたいという気持ちが年々高くなっています。

Web業界で、全部に精通してる人は少ない

Web業界で働いていて、だいぶこの業界のことがわかってきたように思います。すごく感じたことは、それぞれの分野に特化した人はたくさんいてるけど、全部に精通している人って少ないように思います。この業界で、フリーとして働く人は多いのだけど、そういう人はだいたい特化・専門化している人が多くて(デザインしかできません、コーディングしかできませんみたいな)、いろんなことができるフリーの人は少ない。特に、大きな会社になると、完全に、営業、ディレクション、デザイン、コーディングで作業・仕事が分別されています。フリーでもいろんなところができるってところが、今のところ僕の強みでもあるかなと感じました。そういう部分で、継続してお仕事をいただいているのかなと勝手に考えてます。

2016年の総括と来年へ。Webの凄さを肌に感じた一年でした

2017年、これからの目標

仲間がほしい

ありがたいことに仕事が激増した年でして、自分のキャパを超えつつあるなーと最近感じています。この辺は自分に負荷をかけることによって、どんどん効率化していくことはもちろんなのですが、それでも限界があります。仕事を断るケースも増えてきました。来年度に向けて、この部分は改善していく必要があると思っています。より多くの人の手助けをするためにも、仲間が必須となってくると感じてます。僕は、いろんなジャンルで精通しているという強みがある反面、各ジャンルの専門家には負けてしまうので、お互い補完しあえるエキスパートがいれば、鬼に金棒なのですが。しかし、仲間を見つけるのはそんなに簡単ではないこともわかるので、見つかるまでは仕事を断ざるを得ない状況が増えていく感じがしています。

コーディング・デザイン以外のことをする

今現時点で、頭にあるのは営業です。実際に、営業という仕事をしたことがないので興味はずっとあるのですが、これも今のリソースの状況だと厳しいので、自分には負荷を掛けつつ、何かいい方法を考えないと達成できないかなと感じています。今年、何十件もの案件をこなすことで、デザイン・コーディングの力は跳ね上がっているという自負はあるのですが。 あとは、これもできるかわからないですが、このブログとはもっと違った形での情報発信を起点に、いろんな仲間・パートナーを増やしていければいいなーと安易に考えていたりします。

自分のテーマを作りたい

WordPressのテーマを自作したいです。これを来年実現するのは難しいかもしれませんが。自分が使い勝手がいいテーマがほしいのですが、今の忙しさだと手はつけられないと思うので、今のリソースを三分の一に減らすことができれば、その時間を勉強に当てることができるかなとは思っているのですが。。。

まとめ

来年の目標について通じて言えるのが、現状のリソースがいっぱいなところをどういう風に打破していくかにかかっている感じがします。今まで通りに本を読む時間・ブログを書く時間なども仕事に侵食されつつあるので、来年に向けてコントロールしていかないといけない部分です。どちらにしろ、止まっているという選択肢や考えている時間はなく、このまま来年もは走り続けることになりそうです。みなさまもどうか温かい目で見守っていただければと思います。
それではみなさま、よいお年をお迎えください。

Menu